イ ンフィニティ(Infinity)

       
bose901.jpg
 
BOSE901 音場型のスピーカーとして 成功した独創的なモデルで、アマー・G・ ボーズの名を世に知らしめた。前面よりも背面に出る音の方が多 く、コンサートホールのようなやわらかい音を再現できた。た だ、聞いた印象では出方は素晴らしいものの、フルレンジの ユニットのみで構成されているためか、高域の再現に若干弱 みがあったように思う。

           bozak.jpg
   ボザーク (Bozak) は東海岸、ボストンのスピーカーメー カーで、コーン型のユニットで構成されたその音はヨーロッパ製 のシステムにも近い、落ち着いたものだった。家具 調のキャビネットも独特。

  68年にアーニー・ヌデールというアメリカの技術者が作ったインフィニティというスピーカーの会社は、クラシッ ク向きと言われる製品がヨーロッパに多いなかで、 大変ナチュラルでリアリティのある音を聞か せ、それまでのアメリカ製スピーカーの概念から外れたものとして話題になったようです。東海岸のボザークや AR、KLHのようなコーンやドーム・ツイーターを使ったおとなしい音のものと、ボー ズ博士の音場型901、もしくは後に積極的にイコライジングを施したポップス向きのシリーズを除くと、ア ルテックにしてもJBLにしても、アメリカ のスピーカーはジャズファンに熱愛されてきたように思います。高音用の ホーンがト ランペットやサックスなどと同じ発音構造ですし、軽くて硬めの紙のコーンに強いマグネットを組み合わせた能率 の高い低音ユニットはドラムやピアノ、指で 弾くウッドベースなどのパルシブな音をリアルに再生するからではないでしょうか。

     infinityemit.jpg
  インフィニティの リボン型ツイーターEMIT (Infinity EMIT)

 しかしイン フィニティはイギリスBBCモニターの系統から発したポリプロピレンを振動板に使った低音ユニットに EMIT(EMIM)というリボンの発展形のよう な高(中)音ユニットを組み合せ、塊のエネ ルギー感よりも繊細さと音色の自然さを前面に出したコンデンサー型のような音を聞かせました。その音の出方は独 特で、うまく行ったときは眼前の奏者が演奏し、歌っているようなイリュージョンがふわっと現 れるというと言い過ぎでしょうが、声 を出す前の息を吸い込む音や、ギターのフレット上を指が滑る音、ピアノのペダル操作、フォルテになる一瞬前の皆 の緊張する様子など、気配のような微細な音を再現してくれます。

    irs.jpg 
  インフィニティIRS (Infinity IRS 1977)  73年のマークレビンソンのアンプと並ん で「ハイエンド」製品の代表のよう なスピーカー。重量は500kgで 価格は1000万円だった。

   フラッグ シップはそのEMIT/EMIMのユニットを56個(左右でEMIT76 個/EMIM36個)も使ったタワーと、30セン チのポリプロピレン・コーン・ウーファーを6個ずつ縦 に並べたタワーが左右2本ずつ、まるで4つのビルが屹立するような形のIRSで、77年当時65,000ドルしました(日本円で1000万円)。 それを聞いた人の話では、後ろにも音を出して反射 させる構造からか、音が回り込むコンサー トホール特有のやわらかさをある程度再現できるものだったということです。この手の製品はもとより ホールのような反射板の付いた50畳のリスニングルームを用意できる人用なのかもしれませんが、恐ろしい話もあり、インピーダンスが2Ω そこそこしかないツイータ(実測してみましたが、公称4ΩのEMITは2.7Ωほどしかありませんでした)を直列、 並列、直列、並列、と連ねて行くシステムは駆動す るのに大変アンプのパワーを食い、高音ユニットだけでも一台では鳴らし切れず、フォルテで歪んでしまうのだそう です。低音ユニットはデュアル・ボイスコイルを用いたNFBのような回路でコントロールをかけてあってまたそれ なりにパワー食うため、1.5kWの専用モノラル アンプ2台が要りま す。巨大なパワーアンプがモノラルなら最低4台は必要で、それを音色の良いものにしようと機種変したりすると数 千万はあっという間なのだそうです。世の中に本当に良い音のアンプが少ないなかで1KW級のパワーが絶対条件ともなると選択肢はほとんどありません。ハイエン ド製品との泥沼の戦いとなるようで、音はそれまでのアメリカ製品とは違うインフィニティも、そんな物量作戦と なってくるところがアメリカ的と言えるかもしれません。 もう少しで次元の違う音が出そうになるとやめられず、 某自動車メーカーの重役だった人が億近い投資をして兵どもが夢の跡となってしまったという例もあるそうです。無 限大マークのインフィニティ、同じようなリボン型のメーカーであるアポジー (絶頂の意味があります)と並んでオーディオ道楽の一つの究極は間違いなさそうです。

   
Infinitesimals.jpg
 Infinity InfiniTesimal 1981  インフィニティの最小スピーカー。IRSとは正反対の大きさと価格ながら、質の妥協はなかった。

 さて、我々一般家庭用のものとして は、一番小さいものは14センチのポリプロピレンのコーンにEMITを載せた「テシマル」でし た。テシマルって何でしょう? お侍の幼少名で忍者獅子丸のお友達というわ けではなさそうです。調べてみるとどうやら誤解があるようで、本当はインフィニテシマルという一つの単語で、メーカー名がインフィニティなので、ついインフィニティ・テシマルという具合に中丸が入って途切れて しまうのですね。infinitesimal は数学用語で「無限小」を表す言葉であり、ヌデー ル氏が元 NASA の理論物理学者だったため、こういう概念に馴染みがあるわけなのでしょう。
 脱線しましたが、CDプレーヤーのオンキョーC−700の項で紹介した多田オーディオというところでこのシス テムをチューニン
グし、ボイスコイルとネットワー ク のコイルにPCOCC6Nアズキャストという高純度結晶の高価な線(現在は製造中止)を使ったものを聞きま した。それは驚くべきことに、サイズから低音が出ないことを除けば今まで聞いたなかで最もリアリティの高い音を出していました。アズキャストというのは溶かした銅をヒーターをかけながら ゆっくりと冷ますことで単一結晶に近くする技術だそうで(as-cast は鋳っ放しの意)、その後の熱的、機械的ストレスも最小になるものなのだそうです。住友をはじめ複数の会社が製作したもののどこのオーディオ・メーカーも買わな かったために消えて行った幻の線材で、試作品はコンデンサー型の繊細さにエネルギーが加わったような不思議な感覚を引き起しました。いずれにしてもイン フィニティのユニットの 素晴らしさは実感させられたわけで、なかでも振動板重量が桁外れに軽い EMITツイーターは音を超えた空気感まで再現するところが独特であり、その後同じような構造のリボン系のユニットが出る中で最高の出来だったと思いま す。この方式自体は特許がずいぶん昔に取得された ものでしたが、その当時は製造技術がなく、フォトエッチングのIC技術とともに実用化可能となりました。確か日 本のフォステクスの方が 先に製品化したのではなかったでしょうか。FT5RPという似た構造のツイーターをだいぶ昔に試したことがありました。良い音でしたがEMITに比べるとマグネットの弱さから か、「空気感」というよりも「細くて繊細」と言った方がよい音だった記憶があります。インフィニティ・リボンの 音を色付けがあるといって嫌った著名なオーディオ 評論家もいるようですが、私が聞いた印象ではその人の言うような暗さもなく粘液質な色もなく、生の弦楽器の浮遊 感を自然に表現できる数少ないツイーターだったと思います。


          rs2.54.5.jpg
   Infinity RS-4.5(左)とRS-2.5  中型で家庭用として手の届く価 格で ありながら、低音から高音までクオリティの高い音を再生した。

  
インフィニティはインフィニテシマルの他にも、3ウェイの家庭向きリボン型 RS−U(a/b)やRS−4.5、RS−2.5、ミッ ドにドー ムを使ったRS−3、同じくポリプロピレン・コーンを使ったRS1.5 やリファレンス・スタジオ・モニター(RS−M)な ど、何種類かシリーズ展開しており、日本にも入って来ていました。リボン・トゥイータと乳白色の ポリプロピレン・ウーファーを組み合わせた初期のものはどれも今なお大変魅力ある製 品群ではないかと思います。しかしアーノルド・ヌデー ル氏は83年に会社を大手のハーマン カードンに売ってしまい(タンノイと成り行きが大変似ていますが)、その後の製品は形こそ似ていて も・・・となってしまいました。彼自身はジェネシスという別の会社を立ち上げ、こだわりがあったのかIRSそっくりな四本タワーのシステムを再度世に出したよう です。インタビューに答えている彼の様子が YouTube に出てましたが、才能ある人特有の傷つきやすさからか、何かを防御しつつ目まぐるしく内部で感情が交錯しているような表情の、不思議な印象の人 です。

 インフィニティという会社自体が消え て久しいので、あの時代からずいぶんスピーカーも進化した、などという人がいます。「80年 代/90年代と今とではスピード が違うからね」というわけで、今のハイスピード製品には同じくハイスピードなアンプを組み合わせないと本来の音が出ないんだよ、とか。好まれる音の平均値 が変わってきたということはあると思います。それにともなってハイエンド製品の音のバランスにも流行があるということは言えるでしょう。しかし スピードとは面白い表現です。核物理学のように電子が加速するんでしょうか。インフィニティが消えても、その生 みの親は別の会社で同じようなカプトン膜のリボン系ユニットを使って昔と同じスピーカーを出し続けています。それが果してハイスピードに変貌した のかどうか、聞く機会がありません。その新会社もまたハイエンド製品に特化しているようで、235,000ドル (2000万円?)というプライスタグが掲げられ ているそうです。小さな政府政策の結果、全米で数十人の人たちを相手に商売が成り立つようです。勝組すべてをさらって行かれる恐れのなかで、泳 ぎ続けなければ沈んで行くプ レッシャーを感じるというのはどんなものでしょう。自 由の国は光強ければ影も濃い土地柄のようです。しかし皆が明灰白色の服を着せられ、そのことに気づかずにいる国 もどうかとは思います。



INDEX