デイリー・インサイト

2001年12月

2001/12/31(月)

■ロマンポルシェ。編集のニューウェーブ系コンピ[洋楽][邦楽](情報源:エスロピ

 だいぶ趣味的な選曲になってはいるけれど、80年代当時のサブカル・シーンの雰囲気を知りたい人には結構いいコンピかも。ポジパン好きも要チェック。洋楽盤にはヴァージン・プルーンズ、クリスチャン・デス、イントゥ・ア・サークル、そして邦楽盤にはなんとMADAME EDWARDA(!)が収録されている。

 (ここでちょっとだけ解説。日本では「ニューウェーブ」といえばYMOやプラスチックスといった「テクノポップ」だけをイメージする人が多いんだけど、イギリスで「ニューウェーブ」といえば、上記アルバムに収められているような前衛ロックはもちろん、エレポップやネオアコまで含めた、つまりはポストパンクの音楽全体のことを指していた。)

同時テロと不況で旅客減、スチュワーデスに失業・減給の危機

 スチュワーデスの人数が減るということは、日本の合コン界にも大激震が走るということだね。なんて書くとSPA!みたいで嫌だな、われながら。

■昨日はコミケを初体験してみたかったんだけど寝坊したのでパス。そのかわり氣志團GIGに行って来た。なんていうか、最高のエンターテイメントだった。やられた。彼らに比べたら自分は全然ダメだと思った。

 4月にインサイターを開設してから、なんとか今日まで続けることが出来ました。仕事の合間に文章を書くのがこんなに大変だとは思わなかったけど、来年は今年以上に頭と体を使うつもり。というわけで来年もヨロシク。


2001/12/28(金)

月光仮面さん

 野村沙知代の出所報道で久しぶりに月光仮面を見た。疾風というよりセグウェイ並みのスピードでバイクを操りカメラの前に現れて「野村沙知代は税金を払えー」と一声。

 この人、まだやってたんだね。なんだか昔の友人に久しぶりに会えたような、そんな甘酸っぱい気持ちで胸がいっぱいになる。なんたって、いまや数少ない「昭和の香りのする人」だから。でも彼、あんまり元気がないぞ。インタビューにもろくに答えられないし。ちょっと心配。

 ふと思う。そういえば僕は月光仮面について何も知らない。いったい彼はどこの誰なんだろう。いつ頃から活動してるんだろう。

 そこで彼の素性を知るためにネット検索して見つけたのが上記のサイト。ボランティアの人が作っている真面目なオフィシャルサイトらしい。月光仮面についてかなり詳しいことが分かった。分かりすぎた。

 □本名:(ここに書かれてます)
 □住所:奈良市西千代ヶ丘
 □生年月日:昭和19年10月27日生(57歳)
 □昭和57年から月光仮面として活動
 □自営業を営んでおり、現在は独身
 □情報機器をもたない情報弱者(デジタルデバイド)
 □元右翼活動家

 どこの誰だか分かりまくりだぞ月光仮面。関西からわざわざ来てくれてたんだ。なるほど、インタビューであんまり喋りすぎると関西弁が出て素性がばれちゃうから喋らないんだな。いや待てよ、でもネットで住所まで晒してるわけだから意味ないじゃん・・・。

 インサイターは月光仮面さんを応援しています。

噂のCMガール2002 (2chCM板)

 ショック!来年はやらないらしい。高田純次がじっくり見られる数少ない番組だったのに・・・。

郷土の珍食 昆虫食のはなし

 上記のサイトでザザムシの写真を初めて見たよ。「ザザムシ」の名前の由来は、「ザーザーと水の流れるところにいる虫」からきているらしい。


2001/12/27(木)

■え、昨日のTBS『フードバトルクラブ!』(21:00〜)の視聴率って13.9%しかないの?やっぱりテレ東の盗作だから反感買ったのかな。凄く面白かったのに。

■最近街をみていると、BIG ECHOの外観がキレイになってるんだよね。カラオケ客減少に歯止めをかけようと必死なんだろうな。

ヤクルトの古田とケリー・チャンが“わき役”でCM出演

行列のできるアイドルNo.1は?


2001/12/26(水)

賞金1千万円は「中川家」 漫才トーナメントグランプリ

 中川家って、うまいとは思うけどそんなに面白いかあ?新しさも感じないし。今回のこの漫才トーナメントは、開催者の思惑に反して、現在の若手メンツでは当分漫才ブームはこないだろうということを露呈しちゃったと思うんだけど。ちなみに視聴率も9.0%と低かった。


2001/12/25(火)

■三連休中に放映された特番のなかから、気になった番組の(関東地区の)視聴率を調べてみた。

□12月22日(土)
『モーニング娘。のXマス』(フジ 19:00〜) 10.9%
『筋肉番付スペシャル!!』(TBS 19:00〜) 16.9%
『さんま&SMAP!』(日テレ 21:00〜) 20.3%

□12月23日(日)
『さんまのからくりTV超豪華版』(TBS 19:00〜) 21.0%
『モーニング娘。2001年感謝祭』(テレ東 21:00〜) 6.4%
『世界ウルルン滞在記 感動再会スペシャル』(TBS 21:00〜) 21.7%

□12月24日(月)
『ヘイ!ヘイ!ヘイ!』(フジ 19:00〜) 15.3%
『クリスマススペシャル 浜崎あゆみ&ガクト』(テレ朝 11:15〜) 10.5%
『明石家サンタ』(フジ 24:30〜) 8.4%

 こうしてみると、裏番組が強敵だったせいかモーニング娘。関係の視聴率がイマイチ振るわなかったのが目立つ。あと、視聴率20%を超える番組がほとんど無い中で、相変わらずのさんまパワーが確認できる。

 ただし『明石家サンタ』に関しては、んーどうでしょう。日記猿人(12/24-25)でも批判的に紹介されているけれど、僕も全く同意見。退屈なことこの上なし。
 
 特に八木アナのやる気の無さというか「痛さ」ね。あたし、どうしてこの年になってまだこんなことやってるんだろう的な。自分探し的な。もうね、退屈を通り越して悲しい気持ちになったよ。バラエティなのに悲壮感が漂ってるのな。さんまも例年のように八木アナを口説くんだけど、明らかに魂こもってないし。それが番組全体を空々しい空気にしてたんだよね。

 この番組、続けるとしたら来年は若手アナに変更したほうがいいでしょう。八木アナの明日はどっちだ。どっちでもいいけど。

雑誌休刊、今年が最多に(情報源:Beltorchicca

 この日経の記事、偏ってるよ。身内(日経BPとか)の廃刊雑誌には触れてないもん。『日経モバイル』とかね。

蝶野、武藤のカップ麺登場

 どっちのカップ麺がおいしかったかを、モバイルサイトを通じて投票してもらい、勝敗を決めるらしい。

水戸黄門の世直し弁当発売


2001/12/24(月)

■裏BUBUKAに載ってたんだけど、28日(金)発売のBUBUKAに「雛形あきこの結婚前のニャンニャン写真」が掲載されるらしいよ。そんな雛形の旦那に、メリークリスマス。


2001/12/21(金)

田代さんを替え歌で励ますスレ (2chお笑い板)

 ぜんぜんマーシーを励ましてはいないけれど、異常にレベルの高い(ついでに年齢層も高い)スレ。仕事中に大笑い。この人達、無報酬でよくこんなに出来のいいネタを提供するな。

 以下に僕のお気に入りをランキングで紹介。タイトルをクリックすれば全歌詞が見られます。これがカラオケで歌えれば君も忘年会の人気者だ。


□第10位 TOKIO

 ♪仕事飛ぶすぐに飛ぶ お縄もらって犯人(ホシ)になる

□第9位 ろくなもんじゃねえ

 ♪エロ恋しくて窓枠にしがみつき 覗いたばかりに逃げ出した45の俺

□第8位 もしもピアノが弾けたなら

 ♪だけど僕には前科がある うちには白い粉もある

□第7位 あの鐘を鳴らすのはあなた

 ♪田代に逢えてよかった 田代には 覗きの匂いがする

□第6位 シーソーゲーム 〜勇敢な恋の唄〜

 ♪甲斐性なしの君が覗いた そんな単純なことで 遂に肝心なものを失ったって気付く

□第5位 愛をとりもどせ

 ♪Youはshock前の事務所クビになる Youはshockアッコさえも見放した

□第4位 関白宣言

 ♪謝罪会見 賢くこなせ たやすいはずだ 謝ればイイ

□第3位 六本木心中

 ♪ビデオカメラにハラハラすがり(Da! fun Da) 「覗き無しでは生きてゆけぬ」(Da! fun Da)

□第2位 ランナウェイ

 ♪ランナウェー(ランナウェ)お風呂好きさー(ランナウェッエー)ビデオー(ランナウェ)撮ってのぞくよー(ワーワーワー)

□第1位 今夜はブギーバック 1 2

 ♪(RAP)
DASH DASH!!!!! Who is it?
オレ田代マーシー in the jail to be なんて 具合に ウワーッ ウワーッ
wait! wait! wait! wait! wait! 待ってーって
オレっち 何にも 見ちゃいねーっ
「いや見てたッス」 えーっ!? 「マジ見てたッス。オナニースタイルでマジ見てたッス」
STOP!! CHECK IT OUT YO MAN カメラ 見てくれよ テープ入ってなーい
ほら見て これ 見て ほらコレ よく見て 見て 見て ほら冤罪ー
「いやーっ AND JUST SHUT YO MOUSE!!
キミかーっ! 田代か! またか 君は!! 逮捕だー! ヤツだ みんな囲めー
ボコれー TAKE マーシー!!」

その時も 僕の脳を離れないのは あの裸体だった

 ♪(Chorus)
チャンス 風呂場の 華やかな光
僕をちょっと 誘うような かおり
抜き足 差し足 隙間から見えた
長い黒い 男性自身

来ーるなー! 僕は ただの 通りすがり
そうさ まだ 僕の前科は オンリーワン
マーシーダッシュ おっさんダッシュ 夜のはじまりは
大田区での マーシーハンティング


 人間がつくったものに完璧なものは無いと思っていた僕も、この「今夜はブギーバック」の替え歌には心底やられた。神がかってるというか、非の打ち所が無い完璧な出来だ。シビれた泣けた惚れた。みんなメモれ! 

新種か?全長7メートルの巨大イカ、深海で発見

 これ、ドゴラだろ?

■今日は『悪魔のようなあいつ』DVDセット2の発売日。早速買って、飲み会にも行かずに夢中で見てる。面白すぎる。吉田秋生の『カリフォルニア物語』に通じる哀愁エンターテイメントの傑作ですよこれは。


2001/12/20(木)

■今朝の日経流通新聞に、猪木事務所によるアントニオ猪木のアニメ映画の制作発表記事が載っている。来年秋の公開を目指すらしいんだけど、この内容が凄い。

 「人造人間となったアントニオ猪木が地球の危機を救うといった内容になる見通し」(原文ママ)

 マイケル・ジャクソンの『ムーン・ウォーカー』に匹敵する傑作の誕生に、僕たちは立ち会おうとしているようだ。

たいやき、だんご…今度は「ピクミン」


2001/12/18(火)

■忘年会シーズンだというのに六本木が空いてるんだよね。

なんで新聞をひろげると猫が来ますか1   (2chニュース速報版)


2001/12/17(月)

1月5日のNHKアーカイブスは「わが青春のトキワ荘〜現代マンガ家立志伝〜」(1981)

 「1955年(昭和30年)頃、今をときめく天才マンガ家たちが、マンガへの情熱を胸に青春時代を過ごしたアパート「トキワ荘」。1980年(昭和55年)に「トキワ荘」が取り壊されることになったのをきっかけに、手塚治虫や藤子不二雄、石ノ森章太郎など、トキワ荘出身のマンガ家たちが十数年振りに懐かしい四畳半に集まり、同窓会を開く。」

 1980年当時のコミケの映像も見られるっぽいよ。

「出会い系の相手に会った」中高生の約1割 警視庁調査

『筆王』小池栄子フィギュア付きパッケージ発売フィギュア写真

 僕の小池栄子熱もそろそろ沈静化しつつある。グラビアアイドルとしては今がピークで後は下っていくしかないだろうから、今後は彼女自身が語っているように和製アンジェリーナ・ジョリーを目指して欲しい。黒皮のスーツ着て大型バイクの後ろに男を乗せて「しっかりつかまってな!」とかいうシチュエーションが似合うようなビッチな女優。そういう人って、今の日本の芸能界にはいないから。

 本来だったら和製アンジェリーナ・ジョリーの座は米倉涼子が目指すべきなんだろうけど、彼女、せっかくダーティーな過去を持っていながらそれを隠してファッションリーダーなんかになろうとしてるからね、無粋だなあ、と。

■そんなわけで、自分の中のポスト小池栄子を探している今日この頃。でも僕のお気に入りだった三津谷葉子も高木梓も、最近のグラビアを見ると、なんかオッパイ萎んでないか?(小首を傾げながら) 


2001/12/16(日)

■今日の写メール

 チョコベーダーの「謎のレアフィギュア」の正体は「キャトル・ミューティレーションのミイラ牛」だった。




2001/12/14(金)

「イエスの方舟」の千石剛賢氏が死去

 1980年に起きたイエスの箱舟事件って、家族崩壊が多くの人にとって身近になった今ならもっと理解できるような気がする。

 ところで『最後の家族』最終回(12/13)の視聴率は8.6%。「鈴木あみの戻ってくる場所を塞いだ娘」松浦亜弥まで起用しておきながら、平均視聴率が10%を切る大失敗作としてヒッソリと終了した。

 同じように家族崩壊をテーマとした『岸辺のアルバム』(1977)や『家族ゲーム』(1983)は、ほのぼのとしたホームドラマも多かった当時に制作されたからこそ話題作・名作になり得たのに比べ、現実の家族崩壊が進行する大不況時代の今、誰もわざわざそんな暗いものを見たいとは思わなかったってわけだね。

 アメリカでは、経済がどん詰まりで離婚率も上昇していた頃、1987年(ブラックマンデーの年だ)に放映が開始されたホームコメディ『ファミリータイズ』が大人気を博したように、日本でも今こそ「笑えるホームドラマ」がヒットするのでは?久世光彦の『ムー』『ムー一族』みたいな演出で明るくカラッと家庭崩壊を描いたりして。


2001/12/12(水)

D-TUNE「氣志團スペシャル」

 メジャー・デビュー・ビデオ『氣志團現象1〜さよならの果実たち〜』のダイジェスト版だけでなく、記者会見ビデオまで見られる。

 「そのリーゼントは本物!?」という質問に対し、ボーカルの翔が「本物といえば本物ですが、多少植毛しております」と答えていたり、白鳥雪之丞が「今回東芝EMIからデビューするんだけど、僕的に言わせてもらえれば、EMIよりもEROにいっそしちゃったほうがいいのになと思います。だってみんな、エロ大好きでしょ?」とオネエ言葉で語っていたり。


2001/12/11(火)

Led Zeppelin : ハヤシライスの悲劇 −ハードロック洋食屋論−

 ロックと洋食を同じ地平で語り切った名インサイト。

あのマダム・エドワルダのZINが主催するゴスイベント「クラブ・ワルプルギス」

☆Nightmare before XXmass(the Corruption of Xmas) ☆

10:00pm - 5:00am
Admission: 2,000 yen (2 drinks included)
@ Paranormal Roppongi, Tokyo

DJ's:
ZIN: Zeus Machina
Nariki: Mephisto Waz (a Christian Death side project)
SATO M: Paranoia Night
Special Guest DJ:Haruhiko Ash(Eve of Destiny/Club Eve The New Church)
DIVA: Nao Saejima (a.k.a.: SHR)

■12/6のインサイトで「女性向の吉野家カフェが出来るかも」なんて書いたけど、「松屋カフェ」が既に存在していた(情報源:俺ニュース


2001/12/10(月)

My Life as a SHIROTA

 間違いメールが舞い込んだのをきっかけに、どこかに実在する高校3年生「城田」になりすまして氏名不詳の「メル娘」とメール交換を続けるニセ城田(32)の現在進行形ドキュメンタリー。

 これがとっても面白いので、最近読んだ綿谷りさの小説『インストール』と結びつけてなにか気の利いたインサイトを書こうと思ったんだけど、何も思い浮かばなかったという自分の情けなさに歯噛みをしつつ、まあこんな僕の人生でも、ニセモノの自分(32)に勝手に数日間メールを書かれつづけた城田君の人生に比べればマシってことかな。


2001/12/09(日)

■今朝の朝日の記事広告で見たんだけど、宇川直宏が藤子プロと組んで THE ORB のミュージッククリップを制作中らしい。

■チープなコンビニ食材だけで一流シェフの高級料理を再現するモッチーの「女王様が料理番」って、深夜番組じゃなく主婦向け情報番組、たとえばはなまるマーケットとかでやったら人気コーナーになるんじゃないの?


2001/12/08(土)

挿絵画家の小松崎茂氏が死去

昭和ロマン館 小松崎茂展示室

小松崎茂 未来はウソの中にある

 「あなたが昔、男の子であったことがあるならば、必ずどこかで小松崎茂と出会っているはずだ。第二次大戦中の科学雑誌か、戦後の焼け野原で読んだ絵物語か、あるいは高度成長期に作ったプラモデルの箱絵、または少年マンガ雑誌の表紙や、テレビアニメのキャラクター図解として。小松崎茂の絵は、少年の日々の思い出のどこかに、そっと寄り添い、埋もれているはずだ。」(アサヒグラフ'98年11月 6日号より)


2001/12/06(木)

■噂のラーメンスタイル・カフェ"MATCH-BO"に行ってきたよ。

 場所は慶應義塾大学三田キャンパスのすぐそば。中に入ると一階はいかにもなキッチン風カフェで、ラーメン屋には見えない。カウンター上の大きな黒板には、スターバックスみたいな手書き文字で「ねぎそば 800yen」とか「スモークチャーシュー ←It's New Taste !」とか書かれててオシャレ。

 でも、そこはやっぱりラーメン屋。一生懸命オシャレを狙った結果、よ〜くみるとスペルミスだらけの英語が氾濫していたのがなんとも微笑ましかった。ハニーカフェラテの"HONEY"を"HANNY"って書いたり、4階の"ROOF"(テラス)を"LOOF"って書いたり。慶応の学生さんたちも、ちゃんと注意してあげなきゃだめだゾ。

 肝心のラーメンは、濃い目の味で美味しかった。でも量が少なくて、男としてはちょっと物足りない。雰囲気も含めて、女性が入りやすいラーメン屋を狙ったって感じかな。女性客がほとんどだった。ってことは、女性向けに吉野家牛丼カフェなんてのも今後登場するかも。

昼はネットカフェ、夜はネイルサロン「WAKWAKオフィス」


2001/12/05(水)

相関図が照らすサッチーの“闇”

 業の深い人生だねえ。これにくらべれば村上龍の『最後の家族』なんて全然最後な家族じゃないね。


2001/12/04(火)

『ブリジット・ジョーンズの日記』宣伝用の日記サイト『bj diary』

 我こそは和製ブリジット・ジョーンズという独身女性から日記を募って公開し、そのなかから面白かったものをアンソロジーブックとして年末に出版するという企画。

 結構反響があったみたいで、短期間で1000人以上の女性が登録してるから、ネット絡みのPR企画としては成功の部類に入るのでは。本にして出版してあげるってところがポイントだったんだと思う。

 一番人気の銀座小悪魔日記は西原理恵子的な因果系恋愛日記で、かなりオモシロイよ。文章上手い人って沢山いるのな。


2001/12/03(月)

■村上龍ドラマ『最後の家族』の視聴率、とうとう5.3%に(11/29)。


2001/12/02(日)

業界初!ナムコ、「タンク広告」を展開

 ナムコの大型特殊面広告シリーズは今後「油槽タンク広告」「ガスタンク広告」「プール底面広告」と続くらしい。

アル・ヤンコビック専用検索サイト

 マイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をパロった「今夜はイート・イット」で一発当てたアル・ヤンコビック。80年代のあだ花だと思ってたら、まだまだご健在のようで。マイケル・ジャクソン再評価ブームに便乗して復活か?


2001/12/01(土)

■『スマステーション』で小宮悦子が「私も今日はこれ(W杯組み合わせ抽選)が一番のニュースだと思うんですよ!」と発言。おいおい、それが本音だとしても、キャスター的には今日一番のニュースは雅子さまご出産じゃなきゃマズいんじゃないの?

■宇多田ヒカルって、ますます藤圭子に似てきたね。

■ポール・マッカートニーは、ますますおばあちゃん顔になってきたね。

「オールアバウト・ジャパン」の江幡哲也社長インタビュー

 36歳だったんだ。実物はこの写真以上にカッコイイらしい。

 このオールアバウト・ジャパン、各ライターのギャラが月にたったの3万円だってことを初めて知った。でも確かに自分が好きな分野のことなら報酬なんて少なくても協力したくなるわけで。

 つまりこれって、広告の情報化(=記事化)を金子郁容的なボランティア・サポート・ネットワークで動かす、っていう全く新しいビジネスモデルだったってこと。バナー広告に依存した旧来型のサイト、例えばスポーツナビなんかは経営的にヤバイっていう噂を聞くし、そう考えるとたいしたタマだね、この若社長。


 
TOP