Windows 10 つれづれ

更新日 2020/06/10
【此のページについて】
 殆どの環境が Windows 10 に移行したと考えられる事と この先もう新しい Windows は出ないので  新たに Windows 10 になってから した事や 考えた事 カスタマイズした事 便利そうな事柄 等を  散発的に 書いていこうかと思います。  ( 2019/05/30 〜 )

2020/06/10
*2020 春アップデート 2004。
Windows 10 Update 2004 が始まりました。なんとなく Windows Update では グズグズしている感じなので アップデートアシスタント から 始めました。
結局 今まで通りか 却って良くなったのが 2件で 一件は まあ変わらず 一件はいったんは行ったのですが イベントのシステムエラーが消せずに前 ( 1909 ) に戻ししました。
良くなった 2件は 今までの不具合が全て解消されたのでもう戻す必要は無いかと思います。
旨く行かなかった環境は 最初から
まもなく、Windows 10 May 2020 Update がリリースされます。 この更新プログラムは互換性のあるデバイス用に提供されますが、お使いのデバイスでは、まだ準備が完了していません。 お使いのデバイスで準備が整うと、このページに更新プログラムが表示されます。 現時点でお客様による操作は必要ありません。
との メッセージが出ていたので無理だったのしょうが 新たにインストール出来なかった所を見ると 制限機能は きちんと働いているのでしょう 楽しみに待つ事にしたいと思います。
アップデートした物を確認してみると C:\ ドライブ ( システムドライブ ) の 基本的なサイズが 1Gb ぐらいづつ 減っているようです。 11Gb→10Gb 17Gb→16Gb 34Gb→33Gb と言う様に減っています。此は歓迎すべき 事で c:\ ドライブ ( System Drive ) を そのまま BackUp して運用している物にとっては大変に助かります。
全体的な印象は だんだん大型アップデートのトラブルは少なくなって来ている様で助かります。

2020/05/05
*もうすぐ 来る 2020 春アップデート。
もうすぐ Windows 10 Update 2004 が始まるようです。去年の 1909 Update はそれ程変わった物ではなかったのが 今回は かなり大きな機能アップデートとの事で結構期待しています。継続的な Windows 10 の使用が認められて 6ヶ月に一度の アップデートが有ると言うのは アップデートが無いソフトはあり得ない と言う立場を取っている  私にとって結構楽しめます。
確かに 安定して使用したいと言う方もおられるでしょうが 私の所では アップデートが気に入らなければ 即 昨日の システムにドライブごと戻せるので 気楽にアップデートをしてしまいます。
早く 公開されるのを待っているのですが 今回も 各ウィンドウ枠の Classic Style のサポートは 期待薄でしょうね。

2020/03/15
*使用中の Windows 10 について。
日常使いの ウィンドウズが 全て Win 10 になってから久しくなりました。この間に 何かあれば 此のページにも 何か書いたのですが 毎月の セキュリティーアップデート アディショナルな任意アップデートは結構頻繁で 何らかのトラブルも有る様ですが私の所では特に大きな不具合も無く順調に推移しています。此までの ウィンドウから比べれば 各ウィンドウズの枠 設定できる色 以外は 一番使い勝手が良い物と思っています。
此処まで 来るのに 同じ Windows 10 で カスタマイズも重ねてきたせいでしょうか とりあえず 現在したい事 出来る事が サクッと 問題なく出来る事が大事なのでしょうか。
特に スタートメニュー とか エクスプローラー の表示状態とかは 完全に Windows 7 を超えていると 思っています。この状態がそのまま続く事を願います。

2019/10/05
*現在の機材環境について。
ついに 10年前に新たに組んだ Windows XP 機材が立ち上がらなくなってしまいました。結構きちんとした マザーボードを使用して 組んだ物でしたが 10年でだめになるのは 少々残念です。どちらにしても XP は  セキュリティーサポートも終了して 日常使いでは無かったし 此でライセンス認証をしていた Adobe の製品も 一年以上前に 新しい PC に 移動してあったので ソフトのテスト用ぐらいにしか立ち上げる事も無かったので 実害は 有りません。( 手持ちの Adobe の製品 は Windows 10 はサポート外 との事で DVD からは 直に インストール出来ず インストール DVD を HD にコピーして なんとか新しい PC に インストール出来ました。)
ソフトのテスト用 で HD をつなぎ替えて 立ち上げていた Windows 7 もここ半年ぐらい立ち上げていません。 特に 今更 Windows 7 で使用しないといけない物も有りません。結局 Windows 7 → Windows 10   Windows 8 → Windows 10 と 無償アップして来て Windows 10 を購入したのは 一台分だけで 全て 3台とも Windows 10 になりまして 他の環境は HD をつなぎ替えて 立ち上げる Windows 7 を除けば 無くなって しまいました。( 32Bit Windows x2 64Bit Windows x1 ) 32Bit Wondows 10 を使用しているのは少数派かも しれません。
32Bit Windows でも 64Bit ソフトが使用出来ない事を除けば システムサイズも小さいし たいした 問題にはなりません。ただ この頃 ソフトでも 64Bit しか出さない所も有る様でこの先を考えると縮小方向かな と 思います。
又 Intel の Wireless WiFi の様に新しい 物は 64Bit ドライバーしか出さないのを観ると ますます そういう感を覚えます。( 此は 結構不便で古い カードを探さなければならず制限を受けてしまいます。)
まあ どちらにしても 現在の機材の環境を変えない限りは Windows 10 一本で行ける訳ですから 当分安定して 運用できそうですが Windows XP 機材が 10年で不調になった事を考えると 10年 たったら 新しい PC を新調しなくては ならなくなり Windows 10 も リテール版以外は 新しいライセンスを購入しなければならないとなると MS. の  Windows 10 の継続作戦もあながち 損では無いのかな と思ったりします。

2019/08/20
*Windows 10 の デスクトップの使用フォントについて。
テクニカルインフォメーションにも書いたのですが デスクトップテーマで 「文字を大きくする」 の スライーダーで 一括して表示文字を大きくしたり 小さくしたりは出来るのですが 同様にレジストリーエディターで
HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics の
CaptionFont, IconFont, MenuFont, MessageFont, SmCaptionFont, StatusFont 各々の値を変える事で それぞれ 別の値や フォントに変える事が出来ます。( 変更結果は 再ログインが必要です。) 今回は その辺りをいじるのに参考になればと思います。
レジストリーの値 を変えると要っても HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics 以下の
CaptionFont は REG_BINARY f0 ff ff ff ....と並んでいます。
此は まさしく Windows API LOGFONTW (UNICODE版)構造体そのもので サイズも 92Byte( 0x5C ) そのものです。 此を フォントの種類から指定して UNICODE で書き換えるのは至難の業でしょうが 最初の f0 ff ff ff だけを 書き換えるのは マニュアルでも出来そうです。ちなみに f0 ff ff ff は -16 の事で マイナスの場合は 高さが 16dot の意味です。f1 ff ff ff は -15dot で ef ff ff ff は -17dot になります。( 実際の dot は此に AppliedDPI REG_DWORD 0x00000078 (120)DPI に有る ( AppliedDPI値 / 96 ) 倍になります。ちょっと複雑ですが  大きさだけならなんとかなるかと思います。( レジストリー をいじる時には 予め キーの値を エクスポートして おいた方が安全です。)
此と同時に CaptionHeight REG_SZ -288 等をいじれば ウィンドウの Caption の高さ等も独立して変えられます。 ただし -288 の値は Twips 値 です。( 1Twip = 1/20ポイント = 1/1440 インチ相当 ) これらを IconFont, MenuFont, MessageFont それぞれに 適用すれば 結構色々カスタマイズは出来そうです。 ちなみに エクスプローラーがフォルダー表示ウィンドウやデスクトップのアイコン文字等に使用するのは IconFont です。
これらの値を個別に調整する プログラムも作ってはみたいとも思いますが ( フォント と サイズを 変えるなら  既にプログラムは有るようです。) それ程頻繁にする訳でもなし レジストリーの値を 直に変えてしまった方が 早いかとも 思ったりもします。

2019/05/30
*Windows 10 の DPI コントロールについて。
Windows 10 になって 最初に戸惑ったのは 此でした。 Windows 10 は此で色々な器具に使ってもらおうとしている様で 画面サイズも 解像度もまちまちでしょうから  OS 自体が 積極的に DPI スケーリング を行い DPI仮想化によるスケーリングの方向も 必然だろうとも思います。 ただ 多少文字を大きくしたいと言う時などに DPI を 25% 程度上げただけで スケーリングをされて 全てが 滲んで表示されるのはいかがか 思っていたら 有りました。
レジストリーの HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop に
値の名前:Win8DpiScaling DWORD値 0x00000001 (1)
 を作成すれば 150% 未満では DPI仮想化によるスケーリングがされなくなるようです。
ずいぶん 前に解決した事ですが 此によって大いに助かっています。

−戻る−