WakUpNAS

最新版 10/25 2015
【概要】
コマンドラインで指定された mac アドレスの機器にマジックパケットを送り Wake on LAN させます。 主な用途は スタートアップの NAS 起動用や 遠い位置にある機器の立ちあげです。
コマンドライン使用だけでノンストップ用途です。

【動作環境】
日本語 Windows 98 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10 ランタイムは特に必要としません。

【インストール/アンインストール方法】
WakUpNAS.EXE を何処かに適当に置いて下さい。WakUpNAS.EXE 単独で他は何も有りません。
アンインストールと言う程でもなく要らなかったら削除して下さい。

【使用方法】【コマンドライン】
WakUpNAS.exe [ "HostName" or "192.168.1.1" ] 00-00-00-00-00-00 の形で指定して下さい。
通常は mac アドレス 00-00-00-00-00-00 だけで使用出来ますが LAN が複数有るとか 違う 系統に 送りたい時には それが有る "HostName" 若しくは IP アドレス "192.168.1.1" を "" で括って指定して下さい。
スタートアップさせたい 機器の mac アドレスを 00-00-00-00-00-00 又は 00:00:00:00:00:00 の形で 指定して 機器が Wake on LAN に対応していれば スタートさせる事が出来ます。
MAC アドレス 00-00-00-00-00-00 は 複数個指定出来ます。( 何個有っても かまいません。)
MAC アドレスを含む コマンドライン を与えなければ何の意味も有りません。

【制限事項】
当然の事ですが 相手の機器は Wake on LAN 対応でないと何の反応もありません。
MAC アドレス 取得機能はありません。コマンドプロンプトの ipconfig /all 等の Physical Address で 確認して下さい。

【注意事項】
スタートアップ時の無線LAN から発出の時はネットワークが準備出来るまで 有る程度待った方が良いかも知れません。
コマンドライン が違う時や 機器が無い時でも エラーメッセージは全く出しません。
既に立ち上がっている機器には何の効果もありませんが 害もありません。

【使用に関して】
此の プログラムは バグ 動作不良などが無い事を期待されて作られてはいますが 違う環境での 正常動作 又 誤動作から来る損害など についての 保証はいたしかねます。 ただし ご意見 提案 動作不具合報告等は歓迎いたします。

【履歴】
2009/10/25 Ver 1.000
スタートアップや 遠い場所にある 機器等を Wake on LAN で立ち上げる為に作成しました。

 最新版 10/25 2015 Ver 1.000 Size 4 kb WakUpNAS のダウンロード
−戻る−