[ ソースコード ( Source Code ) 置き場 ]

最終更新日 2020/08/05
   此処 ソフトの小物達にある 各々の プログラム コードを置いておく事にしました。( 2020/01/15〜 )
当然 開発環境によって コードは違いますが C++ の 32bit ANSI コードです。
又 同じ C++ の処理系でも Version ( 年代 ) が違えば当然 Source Code も違う訳で ダウン ロードして即 正しくコンパイル出来る訳でもないのですが とりあえずはダウンロードして 参考として観るなり 頑張って工夫すればコンパイルも出来るかも と言う事で
Kanren.cpp, Kanren.rc, resource.h 
を一纏めの KanrenSRC.zip として置いておこうかなと思います。これらの コードは Microsoft の C ランタイムライブラリーは全く使用せず Windows API を 直接 Callして使用するコードですから MS の C++ 開発環境に 関連した ランタイム ( dll 等 ) には影響されず コンパイルしてリンク 出来れば 実行 ファイルを作る事も可能だと思われます。
上記は 単なるテキストファイルですから 使用 API とか WindProc とかの メッセージ やタイミング 取得機会 等はすぐにテキストエディターで 探せるのではないかと思います。何らかの 参考にもなればと 思います。又 このコードは使えそうだと思ったら どんどん コピペ して使用して下さい。何たらの権利 等や 主張も 有りもしませんから その辺は無視して下さって結構かと思います。ただし 此のページと  内容物に対するサポートは基本的にはいたしません。
コードの中の処理 とか 分岐は 各プログラムに同梱のテキスト( Kanren.txt ) か ヘルプファイル  ( Kanren.chm ) と照らし合わせていただければ まあ解るかと思います。
どこまで進められるかは疑問ですが とりあえずは バージョンアップしていく物 たぶんもうバージョン アップ は無い物 これ以上のコードの改善は考えられない物から 置いていきたいと思います。

*2020/06/15 AdjustPos.exe の ソースコード
どういうウィンドウが移動やサイズ変更に不自由かを判断する1つの参考になればと思います。
*2020/04/05 BwFwButn.exe の ソースコード
エクスプローラーのメニューの出し方やWM_INPUT のサイドボタン 参考部分は多いですが項目が有りすぎてコードを 追うのは難しいかと思います。
*2020/02/20 CabFixer.exe の ソースコード
エクスプローラー ( CabinetWClass ) の認識と扱いは参考になるとは思いますが基本コードは多少古いです。
*2020/06/20 CabULCmu.exe の ソースコード
エクスプローラーの フォルダーに対応したメニューの出し方 ( 拝借する ) は此を追えば解析できます。
*2020/02/20 CabwcPos.exe の ソースコード
WM_INPUT の使用方法や 内部的な多重の待ちが出来るコードがハイライトかなと思います。
*2020/05/05 ClasTitl.exe の ソースコード
指定された ウィンドウのクラスとタイトルを取得してクリップボードに入れるだけです。
*2020/01/25 ClipName.exe の ソースコード   ClipName.dll の ソースコード
非常に多数の者を立ち上げられた時の順序を CreateSemaphore を使用して Control するのは結構独自です。
*2020/05/25 ClipPrune.exe の ソースコード
UniCode テキストクリップボードを取得して アサインされていないコードを削除するだけのプログラム ですから コードも直線的に追えます。
*2020/03/30 ClipSaver.exe の ソースコード   ClipSaver.dll の ソースコード
テキストクリップボードの事は此に全て入っている筈です。ClipSaver.dll には GetWinTx の ANSI コード版が 入っています。
*2020/03/25 ClipSort.exe の ソースコード
テキストクリップボードの各行を分解してソートするだけのコードですから直ぐに追う事が出来ると思います。
*2020/03/10 Clpbd_IE.exe の ソースコード
コマンドラインに与えられた プログラムに クリップボードテキストをコマンドラインとして渡すと言う若干発想が 逆な形のプログラムです。又 デフォールトのブラウザーを取得する所も参考にはなるとは思います。ただ一番 ユニークなのは Clpbd_IE.inf で 此の Clpbd_IE.exe を実行ファイルに関連付ける所だろうと思いますから Clpbd_IE.inf も同梱しています。
*2020/01/25 ClsClose の ソースコード
指定された 若しくは 取得した クラスを探して WM_CLOSE を ポストする非常に単純でフォームも作成しない物です。
*2020/01/25 ClsFolder の ソースコード
単に "CabinetWClass" クラスを探して WM_CLOSE を ポストする非常に単純でフォームも作成しない物です。
*2020/06/30 CompFile の ソースコード
大きなファイルを比較する時の時間と表示の調整をどう取るかのメッセージサンプルとしては参考になるかと 思います。
*2020/01/20 DeletFol の ソースコード
非常に単純でフォームも作成しないので C++ のコード追跡には良いかもしれません。
ただ DeletFol.exe にはあまり意味は無く DeletFol.inf ( インストールファイル ) の方に意味があった物です。
*2020/01/15 DialUpDs の ソースコード
たぶん 一番古い コード で モデムをどう使用するかの サンプルには使えますが 今となると モデムを使用する 機会など無いとは思います。
*2020/04/15 Dokonoko の ソースコード
Toolhelp32Snapshot から の 列挙をして此を作成した大元を探すサンプルとして使用できます。流れは 比較的 ストレートで 小さな コードですから順を追って行くのも簡単だろうと思います。
*2020/02/10 DPIScale の ソースコード
DPI をどう確かめるかのサンプルコードで非常に単純です。
*2020/06/05 EjctClse の ソースコード
ドライブコントロールへのハンドルを取得して操作をするサンプルコードとしては結構使える筈です。
*2020/07/15 EmpFolder の ソースコード
フォルダーを繰り返し関数から自分を再帰的にコールする所は使えるのではないかと思います。
*2020/04/25 ErsRecent の ソースコード
単に 最近使用したファイル経歴を消すだけなので 何を API で送れば良いかのサンプルとしては直ぐに解ります。
*2020/02/05 ExecMenu の ソースコード
ショートカット ( LNK ) を探して その内容を解析して書き出すコードとしては効率の良い物です。
*2020/04/20 ExecSlct の ソースコード
設定テキストから 自前描画のメニューを作成するシンプルなコードで追う事もさほど難しい物ではありません。
*2020/04/30 ExitWndw の ソースコード
システムを シャットダウンしり 再起動したりする時の必要事項は全て入っているコードです。
*2020/07/05 ExifTime の ソースコード
JPG ファイルから Exif 情報の時間を抜き出してファイル更新時間にするコードは 結構 解りやすいと思います。
*2020/01/30 FileNOer の ソースコード
カウンターアップやファイル名の解析 ファイル時間の取得等の関数は他に転用出来る物です。
ただ 古くから有る物なので 今なら再コーディングしてもう少し格好の良い物も出来そうです。
*2020/02/05 FolderIcon の ソースコード
フォルダーを表示している アイコンの desktop.ini をどういう風に変えるかのサンプルです。
*2020/05/15 GetTipTx の ソースコード
立ち上げて最初に出る ToolTip を如何にして捉えるかかプログラムの肝だと思います。
*2020/05/20 GetWinTx の ソースコード
プロセス間文字列通信はどうするのかのサンプルにはなりますが この方法が グーグル巡回ロボットでは 悪意の 有るソフト ある種のセキュリティーソフトにはビールスソフトと判定されてしまいますが 此のソースが そんな事は絶対にあり得ない事の証です。
*2020/08/05 HideLBar の ソースコード
非常に単純な コードですから HideLBar.cpp をコピーして違う C 開発環境の元でも同様のプログラムが 出来るかもしれません。
*2020/02/15 InvaLink の ソースコード
フォルダー下の Link の 検索と ショートカットの内容を抽出するコードは使えると思います。
*2020/02/29 InvadURL の ソースコード
マルチスレッドの URL 参照のコードサンプルとしては使えます。
*2020/04/05 K_Launch.exe の ソースコード   KselFile.exe の ソースコード
常駐して コマンド行を一行ずつ実行する物 と コマンド行を編集しながら確認する KselFile ですからランチャーを 作成する時には参考になるかと思います。
*2020/05/15 LCDCheck の ソースコード
画面を覆うウィンドウを作って色を変えると言うシンプルな物ですから動作を追うのも簡単かと思います。
*2020/01/15 LHAComp の ソースコード
他の方の DLL を使用する時に ダイナミックロードのサンプルにはなります。
*2020/05/30 MkFolder の ソースコード
単に フォルダー作成を繰り返すだけのコードですから非常に単純なループです。
*2020/07/10 MousPos の ソースコード
デスクトップのマウスコーソル付近を無駄なく拡大して表示する仕方と API は此で解ると思います。
*2020/06/01 NetAsDrv の ソースコード
単に 受け取ったコマンドラインを解析して API WNetAddConnection2 で フォルダーアサインを繰り返すだけの コードですから非常に単純なループですが PC の立ち上がりの時の使用を考えているのでタイミングの取り方が 多少わかりにくいかもしれません。。
*2020/02/25 NetTrafc の ソースコード
ネットワークデバイスの列挙と 絞り込み 又 そのデータの読み方は 参照価値は有ると思いいます。
*2020/06/25 OnScroll の ソースコード
スクロールメッセージをマウスカーソル直下のウィンドウにポストする所がポイントです。
*2020/05/10 PosWindow の ソースコード
ディスプレーを列挙して何番目かを指定する所は他でも参考になるでしょう。
*2020/02/10 SaveTimer の ソースコード
デスクトップの上位を透かしたウィンドウを動かすのとタイマーでの時間軸操作がハイライトです。
*2020/01/20 SbFolder の ソースコード
オンデマンドでメニューを作成して表示するサンプルとしては参考になるかもしれません。
*2020/03/30 Scriptac の ソースコード
コマンド行を一行ずつ実行するだけの物ですから動作を追っていくのは簡単に出来ると思います。
*2020/02/25 ScrnOff の ソースコード
ディスプレイ の省電力や オフをするのは API 上で 何処に何を送れば良いか解ります。
*2020/04/10 StartQut の ソースコード
立ち上げ時のコマンド行 タイマー割り込みで 時間をカウントアップ 終了時の コマンド行実行のプログラムです。
*2020/02/05 StopWatch の ソースコード
タイマー割り込みで 時間をカウントアップするプログラムのサンプルです。
*2020/04/10 SubFolder.exe の ソースコード   SubFoldJO.exe の ソースコード
常駐している物に 効率よく コマンドラインを渡して動作をさせるか のサンプルには適当だと思われます。
*2020/02/21 TaskMuEx の ソースコード
デスクトップ上のタスクを列挙して此をメニューにするコードの参考になればと思います。
*2020/06/10 TaskSwch の ソースコード
デスクトップ上のタスクを列挙して此をメニューにするのと常駐する物への信号伝達の参考になればと思います。
*2020/01/30 Top_Most の ソースコード
ターゲットウィンドウを把握する所と表示の切り替え( TopMost←→通常 ) の所は参考になるかもしれません。
*2020/03/20 USBremove の ソースコード
USB に 繋がっているドライブを列挙して それを切断するコードを追う事が出来ると思います。
*2020/02/20 WakUpNAS の ソースコード
単に コマンドラインの MAC コードにマジックパケットを送るだけの物ですから追うのも楽で 違う開発環境での 再コンパイルも容易に出来ると思います。
*2020/02/15 WhatFont の ソースコード
ターゲットウィンドウの子ウィンドウを解析して Font をえる所は参考になるかもしれません。
*2020/05/20 WMFCopy の ソースコード
WMF EMF ←→ クリップボード 変換の仕方が解ると思います。又 新たにマルチモニター対応をする 関数 Adj_Mon のひな形が使われています。


目次戻る
2020/02/25 〜  CGI