NetAsDrv

最新版 12/10 2016
【概要】
コマンドラインで指定されたネットワークフォルダーをドライブに割り付けます。 本来はバッチ処理やスクリプトで行われる物なのでしょうがかえって手間なので作成してみました。 主な用途は スタートアップの ドライブセット用です。

【動作環境】
日本語 Windows 98 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10 ランタイムは特に必要としません。

【インストール/アンインストール方法】
NetAsDrv.EXE を何処かに適当に置いて下さい。NetAsDrv.EXE 単独で他は何も有りません。
アンインストールと言う程でもなく要らなかったら削除して下さい。

【使用方法】【コマンドライン】
割り付けたい ネットワークフォルダー ドライブレター の順に( \\・・・・ N: ) コマンドラインに入れて 立ち上げて下さい。( \\・・・・ N: ) の繰り返しは複数個でも認め 複数セットします。
スタートアップ直後等で早すぎると思われる時には /1〜9 又は /A〜O を適宜挿入して下さい。 /1 で約10秒 /9 で 約90秒間 /A で 約10秒 /O で 約150秒間 は指定ネットワークが準備が出来るまで待機します。 ネットワークフォルダーの 準備が出来次第ドライブレターをアサインします。 したがって /4 と入れても 準備が出来ていれば 一瞬で終わる事も有ります。( 指定ネットワークが準備が出来ている時には 待たずに セットします。)
途中で此をキャンセルする事も有りそうな時には /9# と待機時間の後に # を入れて置いて下さい。ESC キーを 押す事で キャンセルが出来ます。その時点でその回の作業を警告音を鳴らして終了し ます。
別の資格情報を使用して接続する時には $ユーザー名 *パスワード を入れて下さい。これらは ネットワークフォルダー名 \\・・・・ の後に指定して下さい。( 特別の場合を除き $ユーザー名 *パスワード は必要有りません。)
コマンドラインが無いと何の動作も 意味も 有りません。

【制限事項】
スタートアップ時にはネットワークが準備出来るまで 待っているつもりですが遅い時には /1〜9 /A〜O の待機が 無いと 間に合わないかも知れません。

【注意事項】
スタートアップの ドライブセットを想定しているので ログオン時に再接続はしない設定でドライブにアサインします。 その都度 1回限りの接続です。

【使用に関して】
此の プログラムは バグ 動作不良などが無い事を期待されて作られてはいますが 違う環境での 正常動作 又 誤動作から来る損害など についての 保証はいたしかねます。 ただし ご意見 提案 動作不具合報告等は歓迎いたします。

【履歴】
2015/09/15 Ver 1.000
各コンピューターで ネットドライブをスタートアップから統一する用途で作成しました。
2016/04/05 Ver 1.100
スタートアップ直後では準備が出来ていないで早すぎる事が有るので内部的に待機出来る /1〜9 /A〜O を入れました。
別の資格情報を使用して接続する オプション $ユーザー名 *パスワード を新設し コマンドライン解析も 柔軟性を持たせました。
2016/12/10 Ver 1.200
待機コマンドライン /1〜9 又は /A〜O を入れた時でも 準備が出来ている時には すぐに ネットワークフォルダーを ドライブに割り付けて帰る様にしました。
この為 待機時間を長く取っても得に時間が 掛かる訳でも無くなったので ユニットを 1秒 から 8秒 にして最大 2.5 分 程度は待てる様にして 途中でのキャンセルも ESC キーで出来る様にしました。

 最新版 12/10 2016 Ver 1.200 Size 4 kb NetAsDrv のダウンロード
−戻る−