MkFolder

最新版 04/15 2015
【概要】
コマンドラインで指定されたフォルダーを作成します。
本来はバッチ処理やスクリプトで行われる物なのでしょうがかえって手間なので作成してみました。
主な用途は RAM Disk スタートアップの必要フォルダーセット用です。
Ver 1.300 から DiskVolumeLabel もセット出来る様にしました。

【動作環境】
日本語 Windows 98 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10 ランタイムは特に必要有りません。

【インストール/アンインストール方法】
MkFolder.EXE を何処かに適当に置いて下さい。MkFolder.EXE 単独で他は何も有りません。
アンインストールと言う程でもなく要らなかったら削除して下さい。

【使用方法】
作成したいフォルダー名を 各々フルパスでコマンドラインに入れて立ち上げて下さい。 多重の深いフォルダーでも \\ から始まるネットワーク形式でも認めます。 複数のフォルダーを指定すれば その数だけ作成します。
G:\/RAMDISK の様に ルートパスの次に / を入れれば G:\ の Volume 名を RAMDISK にします。

【制限事項】
特に有りません。

【コマンドライン】
作成したいフォルダー名を 各々フルパスで入れて下さい。無いと何の意味も有りません。

【使用に関して】
此の プログラムは バグ 動作不良などが無い事を期待されて作られてはいますが 違う環境での 正常動作 又 誤動作から来る損害など についての 保証はいたしかねます。 ただし ご意見 提案 動作不具合報告等は歓迎いたします。

【履歴】
2009/04/03 Ver 1.000
まあこんな所でスタートアップ等に使用出来るしょうと言う事で公開しました。
2009/06/12 Ver 1.100
コマンドラインに複数のフォルダーを指定する事で一度の立ち上げで 複数個の フォルダーを作成出来る様にし 又 コマンドラインの解析の柔軟性も上げました。
2011/10/30 Ver 1.200
コマンドライン指定の自由度とフォルダーを作る所の効率を若干上げました。 又 通常通りの バージョンとアイコンを入れました。
2015/04/15 Ver 1.300
主な用途は RAM Disk スタートアップ なので Disk Volume 名を設定する オプション も付けました。

 最新版 04/15 2015 Ver 1.300 Size 3 kb MkFolder のダウンロード
−戻る−