Dokonoko

最新版 2016/12/15
○ 概要
開いているプログラムウィンドウを作ったファイル (通常なら実行(.exe) ファイル) の有るフォルダーを開きます。

○ 動作環境
日本語 Windows 98 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 ランタイムは特に必要有りません。

○ インストール/アンインストール方法
何処かに適当に置いて下さい。Dokonoko.EXE 単独で他は何も有りません。
アンインストールと言う程でもなく要らなかったら削除して下さい。

○ 使用方法
ただ立ち上げて下さい。立ち上げると何も出ませんが 調べたいウィンドウの上にマウスカーソルを 置いて Shift キーを押すか 調べたいウィンドウを左クリックして下さい。指定した ウィンドウを作成した ファイルが見つかれば ファイルの有るフォルダーを開きます。
EXE ファイルが特定出来なかった時には警告音を出します。
約 12 秒間 Shift キーが押されなかった時には 何もしないで 此のプログラムは終了します。 即 終了したい時には ESC キーを押して下さい。

○ コマンドライン
/F 立ち上がったら その時の アクティブウィンドウ ( フォアグラウンドウィンドウ ) を対照にします。
/N 立ち上がった時の マウスカーソル直下のウィンドウを対照にします。

○ 制限事項
探すのは 大元の ファイル だけです。他の関係で 作成されたウィンドウは外す事も有るかと思います。 又 プロセス毎の ID で判断していますので一つのプロセスで色々なプログラムを呼び出している様な ウィンドウ については大元のそのプロセスを作った ファイルしか認識出来ません。
Vista から始まった UAC の関係で管理者権限で動いているウィンドウについては 自分も管理者権限で 動かないと 調べられません。

○ 使用に関して
此の プログラムは バグ 動作不良などが無い事を期待されて作られてはいますが 違う環境での 正常動作 又 誤動作から来る損害など についての 保証はいたしかねます。 ただしご意見は歓迎いたします。

○ 履歴
2008/12/28 Ver 1.000
まあこんな所で何らかに使用出来るしょうと言う事で公開しました。
2009/05/14 Ver 1.100
Windows 98 用のメモリマネージャー用の読み込み時間短縮オプションをやめてアプリケーションの サイズ ( ディスク サイズ )を縮小しました。
2010/10/12 Ver 1.200
ウィンドウの指定方法に左クリックも加えました。又 即終了できる ESC キー にも対応しました。
2011/04/17 Ver 1.300
内部的な関数コールを効率の良い物に換え 取得確認をする所の間違いを修正しサイズも小さくしました。 フォルダーオープンの所もシステムと親和性が高い物にして有ります。
2014/05/10 Ver 1.400
キーの離されるのを待つ所と押される所のコードを共通化して効率を良くして キーの押される事の反応を早くし サイズダウンもしています。
2014/10/15 Ver 1.500
立ち上がったらその時点で即 対照ウィンドウを決定して開く用途に対応出来る様に コマンドライン /F /N を新設しました。
2016/05/12 Ver 1.600
関連ファイルの有るフォルダーを開く時に余分な API Call はやめて サイズを減少させました。
2016/12/15 Ver 1.700
可能性の無いモジュールの列挙はやめて無駄なループを無くしました。
関連ファイルの有るフォルダーを開く時に 確実に関連ファイルを選択して開けられる様に必ず新しい ウィンドウを 開く様にしました。

最新版 2016/12/15 Ver 1.700 Size 4 kb Dokonoko のダウンロード
−戻る−