ClasTitl

最新版 03/15 2016
【概要】
Scriptac K_Launch StartQut の スクリプトに PosWindow の Window 指定の クラス名,タイトル を 代入するのに手間が無いように指定したウィンドウの クラス名,タイトル を取得してクリップボードに 入れるプログラムです。

【動作環境】
日本語 Windows 98 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 ランタイムは特に必要有りません。

【インストール/アンインストール方法】
レジストリーは使用しませんので ClasTitl.EXE と ClasTitl.TXT それに作成したショートカット等を削除して下さい。

【使用方法】
立ち上げて Shift キー 又は マウスの左ボタンが 押された時の マウスカーソルの直下のウィンドウの クラス名,タイトル を取得してクリップボードに代入します。クリップボードに入ったら一応確認の ビープ音を鳴らします。
Shift キーが 10 秒以内に押されない時には何もしないで終わります。 すぐに終了したい時には ESC キーを押して下さい。
クラス名,タイトル が取得出来たら Scriptac K_Launch 等の スクリプト等に貼り付けて下さい。

【制限事項】
クラス名,タイトル が取得出来るのは見えているウィンドウだけです。見えない物を取得したい時には 此のホームページにある GetWinCnst 等を使用して下さい。

【使用に関して】
此の プログラムは バグ 動作不良などが無い事を期待されて作られてはいますが 違う環境での 正常動作 又 誤動作から来る損害など についての 保証はいたしかねます。 ただし ご意見 提案 動作不具合報告等は歓迎いたします。

【履歴】
2006/09/20 Ver 1.000
Scriptac K_Launch の スクリプト 編集の クラス名,タイトル 取得の 補助プログラムとして初公開しました。
2007/05/15 Ver 1.100
オーナーウィンドウが有る時には改行して此の クラス名,タイトル も加える様にしました。
2009/04/13 Ver 1.200
Windows 98 用のモリマネージャー読み込み時間短縮オプションをやめてアプリケーションの サイズ ( ディスク サイズ )を縮小しました。
2011/02/11 Ver 1.300
ウィンドウの指定方法を Shift キーの 押された時の マウスカーソルの直下の ウィンドウにして Shift キー が押されない時には 10 秒で終了する様にしました。
2011/06/10 Ver 1.400
ウィンドウの指定方法をShift キーの他にもマウスの左クリックも認める様にしました。
2014/04/20 Ver 1.500
取得した クラス,タイトルは 必要な時にはクリップボードをクリアーしてから 代入する事にしました。 ( 必要で無い時には他のクリップボードアイテムは残ります。) 立ち上げ時の Shift キー Left Button アップ待ちの 不整合を修正しました。
2014/05/10 Ver 1.600
ウィンドウの列挙を自前の物から ウィンドウの本来持つ推薦方式に変えて 効率アップとサイズダウンをしました。 ウィンドウを認識するカーソルの範囲が1ドットずれていたのを修正しました。 後 自己満足的なコードの大幅整理改良をしました。
2015/01/13 Ver 1.700
/T Tab 区切りと 動作の違う コマンドライン /F /W を加えました。
2016/03/15 Ver 1.800
子ウィンドウも取得する コマンドライン /C を加え此を Control キーで 親←→子 切り替え出来る様にしました。

最新版 2016/03/15 Ver 1.800 Size 4 kb ClasTitl のダウンロード
−戻る−