8月10日旅行5日目
本当にもう、、、。今日も風が吹いている。
突風ではないけど、そよ風でもない。
煮え切らない一番やな風。
どうしようか、、、。
とりあえず、近くなんでラストチャンスに行ってみようか。
川岸のトレイルを歩いているが、川中に二人。
竿を振っている。でもライズはないぞ。

それより、風だ。風がココは吹きっさらしになっている。
(もとより、ヘンリーズフォークはどこだって吹きっさらしなんだけんど)
しょうがないね、また、ミリオネアか、、。
移動。

遠くで散発ライズ。
駐車場から上下3キロほど隈なくあるいてライズを探すがない。
3人とも途方にくれる。
どうししょう。
もう、どこもこんな感じだぜ。
イエローストーン行こうか、
でもポイントが判らんもんね。
マジソンはデカニンフのボッチャンだし。
しょうがない、シルバークリークに行くか!
3年前の状況からすると
かなりきびしいと思われるが、
ここでグズグズしてるよりましか。
荒野のハイウエイドライブも、
俯観でみるシルバークリークの
景色もそこはそれだけで
訪れる価値は十分あるし、行こう!!!
というわけで、R20をサンバレーに向けて
フォードをぶっ放すことにあいなったわけで、、。
アイダフォフォールからサンバレーまで多摩らんさんは
一人で運転してしまった。癒されたようだ、よかった。

ハイカントリーモーテルでチェックイン。
とってかえしてシルバークリークへと移動。
7:00にはヴィジターセンターにてサイン。
ハミングバードも健在である。ブーン!!!!
さて問題の川の状況です。
水位はやはり少なめ。しかし、魚影は濃そう。
ウイードもずい分回復しているようだ。
明日詳細に調べてみよう。

Sターンに立つ。
シルバークリークの名ポイント。
ラビングクリーク合流ポイントと並び賞されっる好ポイント。

1997年のイブ、3連続ばれをくらった因縁のポイント(――)
先行者がいつも居てなかなか対戦できなかったが
今年は入れた。7年越しのリベンジだ。

モクン、ポクン、グニャンっとライズはすでに始まっている。
暗くなって、真っ暗になっても、モクンはモクン。

こんなに暗くて#18のPMDは厳しいぜ。
フライをいろいろ変えて、ようやくかけた!
強いファイトだ、ううう、やった!17インチはありそうなファイト。
ウインストンをひんまげ、4度もリールを引きずりだした。
暗い中見れば、尺ちょいだ(;;)。
暗いのに真っ赤な体側っが良くわかる。
こんなのがよくやってくれるぜ。でも少し満足、リベンジ半分。(−^;
蚊が凄い。そういえば、ココのイブは防虫剤が必携だったのだ。
もー凄いんだわ。
ジットしてると100匹くらいに一度にさされてしまうであろう。

ハイカントリーのスイートは電子レンジもあって完璧!
ピザを作って、カップめんを食べて、バーボンのんで、
少し癒されたかな、、、。

翌朝はクラッカーとキャンベルのスープ。
これも電子レンジのお陰だ。
2日目へ 3日目へ 4日目へ 5日目へ 6日目へ 最終日へ

fishing reportに戻る。