GW前半


え〜、いろいろありまして、30日からということになりました。
連休釣りの初日は実家から峠をこえて飛騨の大河Tへ参ります。

峠はまだ早春、白樺をぬける気持ちの良いドライブで気分は高揚。
この川は、例年だとこの時期、雪代で話にならぬ大濁流になっているんですが
サスガに降雪量が少なかったのか、今年は予想道りほぼ平水になってました。

景色はそりゃあ、随所で素晴しいわけです。
水温はやはり低く10°Cをきるところもあります。

しかし、こうゆうところでコーヒーたてて飲んでると、なんとも良い気分です。
で、釣りを開始しますが、とりあえずドライでということで参りますが
なかなか出てくれません。そうとう歩いて叩いて、、、、、、

こんなところで、、というか、やはりこうゆうところで、、、
綺麗なヤマメがやっとこさ出てくれました。
あ〜、やれやれ!
でも、清浄極まりないフィールドでの魚は
キンキンに洗われて、もう気分はすんごくいいんです。

石なんか、クキクキにあらわれどんなに飛んで走ってもすべりっこ無い。

その後あちこち回って某良く行く近辺の橋の下で発見したライズに歓喜し
勇んで挑むとこれが釣れない、、あらゆる要素を駆使してやっとでたのが
ほよ〜ハッチェ!!??

すると対岸にフライマン登場し、
「でましたかな??おおきいかいな??先週ここで放流したもんで
いっぱいおるろ!今が一番おもしれんやさ、、」

伴:(::)

で、終了。
なかなかムジュカシュイ〜。
翌日は予報どおり、雨。
西から崩れるという前線に追いつかれまいと東に向かう。

絶好の釣り日和。小雨模様のムンムン状況なれど、
虫は出ないは、当然ノーライズ。
気分は最悪で5時に撤収。
翌日は、グーンと走って北へ、朝6:40にフィールドに立つが
これまた曇天無風なれど、ドサンパツ。

くえ!!とキャストできたのは3回のみ。

あまりのスローに行商人さんと、Jさんと支流へエスケープ。
その前に腹ごしらえに蕎麦でも、と街中を車で流していて、とある交差点。
脇に流れる水路を眺める行商人さん、、、、

行商人さん:「あ!魚だ!おお!ライズした」
はす向かいのコンビニに車を止めて、釣ろう釣ろう!!
で、出たのはビックリのグッドサイズ!!
街行くギャラリーが数名。
交差点で止まった車からは
「魚〜?、見せて見せて〜」とヤンヤヤンヤ

最高に楽しい時間でした。

イブは本流で、突風の中のモクンライズを手を焼き手を焼き、#16GPで
ゲットで終了。
なかなかポップな一日でした。
再び、行商人さん、Jさんありがとうございました。

あすから二日間は研修会。

その後のプランを考えながら、肉体を休めておきましょう〜。

Fishing reportに戻る
 メニュウに戻る