5月19日と26日


19日、午前には良いライズと遊べたが、
フライを絞りきれず、バレをひとつだけ。(#20ks)(N)

午後もそのまま執着していたが何も無し。

ふと、餌釣の翁が脇の水溜りでざるを使い
なにか取っている。小一時間たっても、まだやっている。
なんだろ。
30センチ四方のざるは一面真っ黒になっている。
翁:「明日の土曜日に釣に来る人に頼まれて、、、釣り餌だよ」
伴:「すご!!それにしてもこの量は、、、ピンチョロ、、、」

伴:「良くいらっしゃるんですか?」
翁:「三日に一度来ている」
伴:「げげ、、電車ですか?」
翁:「ふん、今日もこれから帰るが、駅まで30分くらいかな」
(クーラー+ディバック+ウエストポーチ+竿を携える)
伴:「、、、、、、もし、よかったら、車で、送りましょうか?」
車中
伴:「さっき三日に一度と言われたけれど、残りはなになさってるんですか?」
翁:「いろいろすることはあるぞ、仕掛けを作ったり、洗濯したり、、、、」
  (そりゃ、皆、釣がらみやんか)
伴:「お一人ですか、、、」
翁:「うん」
伴:「釣三昧ですね」
翁:「うん、楽しいねえ、ヤマメはいいねえ、綺麗だしさあ、ファイトも良いし、味も、」

そおかあ、人生の終盤も、どうやらいい感じで過ごせそうだぞ。
健康と、少々のお金と、そしてなによりも釣り(のような趣味)を続けていれば、
こんなんに生き生きと暮らせそうだ。SAVE THE MONEY

駅まで送ってくれたお礼にと秘密のポイントを教授してくれた。
翁:「また、どこかで、、」
伴:「お気をつけて」


26日
ここんところ、ハードな日々が続いております。まあ、良い事ですね。
そんなわけで、チョイ遅れ気味の到着。
JJをビノキュラーで確認すると、おおお??ライズだ。

ヘコヘコとポイントにたどり着くと、うむ、ライズです。
ここは、シビアーなはずであろうから、ティペットを少しサイズを落としてみよか。

え〜と、ライズの手前50センチに先ず落として、っと、、マクっ!!
おわ!!ブチィ!(;;)なんで一発で出るのよ〜、なんでティペット落としたの〜
感がわるいね〜もう。
気を取り直してやや下流へ移動。
おお、ここでもやっとる!!
フライはさっきのでいいよな。
今日は立ちこみしないで、投げてみようっと。

川幅の向う1/3を上下左右にクルージング
している。

バンク際ギリギリに上ってきたところ、
ちょいとロングなキャストが入り、、、、モク!
キリキリファイトをプールで楽しみ(ビビリ)ながらランデイング。
これでキレ厄払い出来たな。。綺麗が一番。なかなか気分良し。


やや上流へ、釣れ気なライズ発見。石化けアプローチでタイミングをはかり
ああ!上流に上がっていった、、ママヨ!とアップクロスでモクッ!

激しいファイトの末、ボロ!う〜っみゅ〜!!
かかりどころなんだろうなあ、#20だからいけそうなんやけどなあ。
修行修行!!なんでばれるかなあ!これってほんと天国と地獄やね。

しょうがないのでウドンです。3週間ぶりですね。

ポイントをNにうつし、そこでもバレをひとつ。
こっちは#22.おおきな魚だと厳しいねえ。
この瞬間まで時間を費やしたのであった。

本日もイブ無し。
代々木のマイサンの元へ。

Fishing reportに戻る
 メニュウに戻る