9月11日


この日は、午前中に某プールで3匹のヤマメのライズをかまう。
ライズだけみていたら釣れ気はないが、魚が見えているので、
緊張は持続できて遊べた。
バレたけれど楽しめたのです。交信できた。

k氏が到着した模様。
k氏、Kiku氏、ito氏と昼食。
さあて、どうしますか、、、。
これからは、ゆっくりとk氏のヒットの瞬間を楽しもうと、観戦モード。

なかなかでません。
いよいよ核心部に突入。
あ〜そこのポイント、いるぞ、いるぞ〜〜。
出た!!ばれた。
次、流れ込み、でるぞでるぞ〜あ!切れた。
ゆっくりシステムの再建です、生体反応を体感した氏は、
にわかに集中力がみなぎってきております。
で、流れは最高なんですが、私はなかなか釣ったことのないところ。

おお!出た出た!
強いみたいだぞ。浮かない、おりゃ来た、ゴボベコ!!

観戦者二人はだべりながらすわっていた岩から飛びあがり、
近寄りたいが、じゃましてはいけないし、と、行ったりきたり。
k氏:「ニジマズ、ンジマス!!」
そうかあ、そうかあ、ウン?
でもなあ、ここでニジマスってのは聞いたことないしな、
それにファイトが違う!!いや絶対違う!!

「kさん!それはあり得ないですよ〜、慎重に!!」

ふわあ!

ドエ〜ッツ!!ばれた〜!!
本日のメインエベントでありました。
シーズン終盤の、しかし、これはプロローグ!?

Fishing reportに戻る
 メニュウに戻る