今日はお休みするつもりでありましたが、前日の仲間らの状況を聞くと
行かなければなりません。
朝のラジオと、天玉。日曜の定番メニュウで、ポイント到着は8時。

なるほど、ザ、ライズです。
メインのライズの盛り上がりを待つまで、流れ込み系をやります。
ペチョペチョっと乗って8寸ものが遊んでくれます。
おおお、そんな連中の中で
ちょいといいコークスクリューライズ発見!
で、で、でました。28,5センチ〜
流れの中なので結構走りまくります。
がメインエリアを荒らさぬように
そこんとこギリギリにファイトします。(^^;
さあ、ではメインのライズをねらいます。
先ず、下のテーブルの肩のやつ。もろダウン。
出ました。モク!ゴン!ガボガボ。グングン、っと下流に下りだしたところで
こけた。、またまた沈です。竿は上げたまま、、、。ブン!ばれた!
フライはついてる。クエー!のぬれねずみ。

気をとりなおして岩にできる筋のちいさなライズ。
スー!ピチョ、ブン!ばれた!キャー!

うう、三度目の正直だ!次!
護岸の頭、ダウンクロスです。本当は、ここのが一番釣りたかった。
で、格闘30分、出た。モク、グン、バチョバチョ、グングン、、、、ブン!
バレタ!!!   イヤ〜〜〜〜ン!!!;;)

ふっ!人生なんて、こんなもんよ。
ダウンなんだ。もろダウン。
ダウンだとね、テンションあまりあげられないし、8Xだし、魚でかいし、なあ。
かかりどころもあるんだろうけどなあ、しょうがないけどさあ。
二度あることは三度あるのパターンであった。これも釣りのうちよ!フン。
あ、いやいや、貴重なライズを三つもつぶしてしまった、、。
本来なら3人のニコチャンマークがあったはずなのになあ。修行が足りん。


雷とスコール、大岩の下に逃げ込み、オニギリを食います。
私の膝の上にはウ0ン0トンが、、、、不満そうにしている。

テトラの流れ込みでニンフでヒットした、でかそうだった。
アワセ切れだった。6Xだった。
あわせが滅茶苦茶になっております。ひれはれ、、。
あんまり暑いので、飲み物と雑誌を買って日陰に車をとめ、一休み。

イブです。
イブに9寸ものゲット。小さく見えます。(−−)

もうドイブ。
クロスに投げて引いてる。ほとんどあきらめの境地です。

おお!ラインが引っ張られるぞ!
根掛かりか?いや、フライは浮いてるはずだが、。
お、何かが寄って来るぞ、、グネグネ、ヌターっと!
やった、出たか?!おっと、手元まできたら、急に走り出した!
凄い勢いで私の周りを走りまくってます。
しかも、このクイックターンはただものではない。なんだ!こいつは!
わたすも魚の走るのを、おかっけキョロキョロと回転する。
す、すごいぞ!すごいぞ!;;;;;;;;
うん?うん??あれ、ティペットに何かついてるぞ、あ、枝だ!
で、でも、な、な、な、なんで、走りまくるの?
このあたりから冷静になりだします。

1メートル位の、弓の様にそりっかえった枝の中ほど(6:4)
にフライが絡んでいる。
もちあがった枝は、私のロッドが揺れるとたわみ、かつ回転しながら、
私のロッドをクリンクリンと振り回していた模様。
回転にムラがありいかにも、それ風に動いてくれたわけで、、。
それに対し私は一生懸命ファイトを続けてたっちゅうことです。

対岸にフライが届き枝に引っかかる、
ラインが流れに引かれロッドにテンションがかかった、
引っ張ったらズリズリと付いてきた。しかも流れに揺らぎながら、、。
手元にきて水面から枝が持ち上がったんで急に挙動が変わったんですな。
はははのはだ。ナロ〜(−−+)

23日に某A川で出た、
0ビマスです。
(本文とはマッタク関係ありましぇん)

癒し系画像。

Fishing reportに戻る
 メニュウに戻る