翻訳のために(一般編)

・全般

関山健治 / 山田敏弘『日本語から考える! 英語の表現』(白水社、2011年、1900円+税)
日本語と英語の専門家が、それぞれの言語のしくみや発想を解説。日本語で何を伝えようとしているのか、そのことを英語でどう伝えたらいいのかが、「『は』と『が』」「とりたて助詞」「『た』の働き」などの項目別に丁寧に説明されています。












マーク・ピーターセン『ピーターセンの英文ライティング特別講義40』(旺文社、2018年、1200円+税)
時制、助動詞、仮定法など基本的な英文法に基づき、日本人の書きがちな英文を添削。「"I don't make reservations."は『予約していません』でよいか」など。綿貫陽 / マーク・ピーターセン『表現のための実践ロイヤル英文法』(旺文社、2006年、1800円+税)と関連の深い個所が明記されています。












マーク・ピーターセン『英語のこころ』(集英社インターナショナル、2018年、700円+税)
「語彙の問題」を中心としたエッセイの数々。varietyとdiversityの違いは? 『こころ』や『細雪』はどう英訳されている? 英語に擬態語・擬音語はあるのか?












マーク・ピーターセン『なぜ、その英語では通じないのか?』(集英社インターナショナル、2016年、1200円+税)
「日本語の観点からは特に違和感を覚えないが、意図が伝わらない英語表現」(「まえがき」、P5)の解決法が示されています。「『頑張る』をどう表すか?」「『ある』をどう表すか?」「副詞と前置詞の組み合わせ」など。












マーク・ピーターセン『日本人の英語はなぜ間違うのか?』(集英社インターナショナル、2014年、1000円+税)
マーク・ピーターセン『日本人の英語はなぜ間違うのか?』(集英社文庫、2018年、540円+税)
「日本の大学生が書いてしまいがちな英文と、日本の中学校で使われている英語の教科書に共通して見られる典型的な特徴と問題点を取り上げ、その修正方法について考えて」(集英社インターナショナル版、P4。集英社文庫版、P9)います。












マーク・ピーターセン『実践 日本人の英語』(岩波書店、2013年、760円+税)
「AのB」「私の〜」「〜している」など、「日本語を母語とする人間が日本語で考えた内容を英文で書き表そうとするときに、問題の起こりやすい表現」(「はじめに」、v)を解説。間違った英文を添削する形で話を進めています。












マーク・ピーターセン『日本人の英語』(岩波新書、1988年、700円+税)
日本人の英語における問題点を糸口として、ネイティブの論理や感覚を項目ごとにわかりやすく解説。「不定冠詞」「単数と複数」「onとin」など。

続編に以下の本があります。

マーク・ピーターセン『続 日本人の英語』(岩波新書、1990年、700円+税)
マーク・ピーターセン『心にとどく英語』(岩波新書、1999年、660円+税)

『日本人の英語』『続 日本人の英語』『実践 日本人の英語』をまとめた、以下の本もあります。

マーク・ピーターセン『日本人の英語 美装ケース入り3冊セット』(岩波新書、2014年、2200円+税)







マーク・ピーターセン『日本人が誤解する英語』(光文社 知恵の森文庫、2010年、724円+税)
前置詞、時制、冠詞など、日本人がつまずきやすい項目をやさしく解説。日本人と英語の架け橋。












マーク・ピーターセン『マーク・ピーターセンの英語のツボ』(光文社 知恵の森文庫、2011年、667円+税)
古今の英文を引用し、そのツボを解説。「Everyday English」のコーナーでは、“hear”、“If+仮定法過去”、“definitely”など、お馴染みの表現を掘り下げています。












グループ・ジャマシイ〔編著〕『日本語文型辞典 英語版』(くろしお出版、2015年、2800円+税)
グループ・ジャマシイ〔編著〕『教師と学習者のための 日本語文型辞典』(くろしお出版、1998年、3300円+税)の英語版。英語ネイティブが日本語を第二言語として学ぶための本ですが、翻訳者が英訳する際にも役立ちます。「せっかく」「そうだ」「なる」など、意味を説明するのが難しい(英語にしにくい)言葉の入った文が英語にされています。












柳瀬和明『「日本語から考える英語表現」の技術』(講談社ブルーバックス、2005年、800円+税)
英語で表現したいけど、どうもうまくいかない、そういったもどかしさに対する処方箋が示されています。日本語を排除して英語だけで考えるのではなく、日本語表現を見直すという架け橋を導入することで、英語表現への壁を乗り越えようとしています。












金谷武洋『日本語に主語はいらない』(講談社選書メチエ、2002年、1500円+税)
金谷武洋『日本語文法の謎を解く』(ちくま新書、2003年、680円+税)
金谷武洋『英語にも主語はなかった』(講談社選書メチエ、2004年、1500円+税)

モントリオール大学で長く日本語を教えてきた著者による、日本語文法論三部作。三上章の日本語文法論を継承し発展させています。英語(およびその他の言語)との比較があることから、こちらに載せることにしました。
1冊目では、英語を主語が頭に来る「クリスマスツリー型」、日本語を補語が一番下に来る「盆栽型」と規定し、日本語に主語という概念が不必要であることを論証しています。
2冊目では、英語を「する」言語、日本語を「ある」言語とし、それぞれの発想の違いを「空間」「自/他動詞」「受身/使役」といった観点から語っています。
3冊目では、第1章にある「神の視点」(英語)と「虫の視点」(日本語)という考察が翻訳に役立つでしょう。

翻訳会社ダイナワード〔編〕「誤訳の泉」
翻訳会社ダイナワードの外国人エディターと日本人チェッカーによる、翻訳ワンポイントアドバイス。「interview」は「インタビュー」なのか。「リニューアルする」は「renewal」なのか。

山岡洋一「古典の翻訳がさっぱり分からなかった人へ」
出版翻訳者の山岡洋一氏による、日経ビジネスのサイトでの10回シリーズのコラム。『国富論』「アメリカ独立宣言」『源氏物語』『自由論』など古典の翻訳を例にとり、なぜそのように訳されたのかをはじめ、明治の翻訳が日本の近代化に果たした役割の大きさについて解説しています。全文を読むには日経ビジネスオンラインの会員登録(無料)が必要です。

ページトップへ ホームへ

・英和翻訳実践

伊藤和夫『英文解釈教室 新装版』(研究社、2017年、1600円+税)
英文読解の古典。英語の構文を分析し、英語を読む際の頭の働きを解説しています。

柴田耕太郎「『英文解釈教室』批評」(PDFファイルはこちら)で、この本の瑕疵が指摘されています。












宮脇孝雄『英和翻訳基本辞典』(研究社、2013年、2800円+税)
著者が『週刊ST』に連載していたコラムを辞書形式に再編。「すぐ思いつく訳語」と「もしかしたら……」を並べるなどして、その和訳で本当にいいのか問いかけています。

*越前敏弥さんのブログ「翻訳百景」こちらで、Logophile用インデックスが公開されています。導入方法も書かれています。

Logophileについては、以下もご参照ください。

Project Zephyr 宮脇孝雄『英和翻訳基本辞典』のEPWING(化)が公開されています。

「【書誌(語学編)】辞書」「1. CD-ROM版、DVD-ROM版辞書について−EPWINGと串刺し検索」
「【PC】役に立つソフトウェア」こちら

著者が『週刊ST』に連載していた、和訳にまつわるコラムをまとめた本に、以下のものがあります。

宮脇孝雄『翻訳の基本』(研究社、2000年、1700円+税)
宮脇孝雄『続・翻訳の基本』(研究社、2010年、1700円+税)






中村保男『新編 英和翻訳表現辞典』(研究社、2002年、5400円+税)
英単語を対応する日本語で再表現しようとした「辞書にない訳語の辞書」(「序」vi)。












越前敏弥『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー携書、2009年、1000円+税)
文芸翻訳者である著者が、長年の英語教育で集めた誤訳する英文を解説。著者へのインタビューも掲載されています。参考までに、PART A(基礎編)、PART B(難問編)、PART C(超難問編)の第1問を挙げておきます。

A-01 These are my favorite animals: bears, for their strength; lions, for their courage; and monkeys, for their cuteness.

B-01 The best-known cricket players in that country from the early 1900's were Johnston, who had been often called successor to Thomas, and Farrell.

C-01 They routinely write checks of ten twenty a hundred thousand dollars.







越前敏弥『越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文』(ディスカヴァー携書、2011年、1000円+税)
越前敏弥『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー携書、2009年、1000円+税)の続編とも言うべき本。翻訳の基本10か条を解説した後、短い文、小説、『ダ・ヴィンチ・コード』の翻訳を実践しています。












越前敏弥『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 リベンジ編』(ディスカヴァー携書、2014年、1000円+税)
越前敏弥『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー携書、2009年、1000円+税)と同様、文法・語法を中心に「日本人が誤訳しがちな50問」「誤訳・誤読を大きく減らすための30問」が紹介されています。「学習相談Q&A」もあり。












光藤京子『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム、2016年、1800円+税)
誤訳を15個のエラーカテゴリーに分類し、経験と勘に頼らないチェックを目指しています。翻訳テクニックや添削例もあり。












キャサリン・A・クラフト / 里中哲彦〔編訳〕『日本人の9割が間違える英語表現100』(ちくま新書、2017年、780円+税)
実は通じない英語、和製英語など、日本人が使いがちだけど間違っている英語表現をネイティブの英語に変換。見開き2ページで左上に「日本人の英語」、右上に「ネイティブの英語」が書かれている、見やすい構成になっています。"See you again."ってどう使う。「スポーツマン」「スマート」ってどういう意味。












キャサリン・A・クラフト / 里中哲彦〔編訳〕『日本人の9割が知らない英語の常識181』(ちくま新書、2018年、780円+税)
キャサリン・A・クラフト / 里中哲彦〔編訳〕『日本人の9割が間違える英語表現100』(ちくま新書、2017年、780円+税)に続く第2弾。「発想」「文法」「語法」「マナー」「カタカナ語」のテーマ別に、日本人の英語とネイティブの英語を1ページごとに紹介。「『ここはどこ?』の『ここ』をどう表現する?」「『ノー・モア・ヒロシマ!』でいいのか?」「ある症状が『出る』は?」など。












別宮貞徳『さらば学校英語 実践翻訳の技術』(ちくま学芸文庫、2006年、1000円+税)
英文和訳から翻訳へ向かうための、ベック先生の翻訳講義。基本的な心構えから、受動態や関係文などを訳すコツ、誤訳しやすい表現などが学べます。最後の翻訳演習100題はどの問題も短い文章ですので、手軽に勉強できるでしょう。












別宮貞徳『達人に挑戦 実況 翻訳教室』(ちくま学芸文庫、2007年、1300円+税)
小説、批評、自然科学に関する文章などの訳し方を、ベック先生が架空の教室で講義。












別宮貞徳『「不思議の国のアリス」を英語で読む』(ちくま学芸文庫、2004年、900円+税)
言葉遊び満載の手強い名作をベック先生が解説。












安西徹雄『英文翻訳術』(ちくま学芸文庫、1995年、880円+税)
英文和訳のテクニックが品詞別に解説されています。英文和訳の古典。












安西徹雄『英文読解術』(ちくま学芸文庫、2007年、840円+税)
シドニー・ハリス、ラッセル・ベイカー、ボブ・グリーンのコラム8本を題材に、精緻な読解と翻訳を勉強。安西徹雄『英文翻訳術』(ちくま学芸文庫、1995年、880円+税)の実践編とでも言うべき本。












薬袋善郎『英語リーディングの秘密』(研究社、1996年、1300円+税)
薬袋善郎『英語リーディングの真実』(研究社、1997年、1300円+税)
TIMEやNewsweekの文章をきちんと読むための2冊。前者では構文解析に重点を置く一方、後者では内容を読み解いています。ちなみに著者の名前は「みない・よしろう」と読みます。












薬袋善郎『思考力をみがく 英文精読講義』(研究社、2002年、1600円+税)
薬袋善郎『英語リーディングの真実』(研究社、1997年、1300円+税)の続編。「構造も単語の意味もわかっているので、何をいっているのかわかった気になる(そのくせ、本当はわかっていない)」、大学入試に出題された英文を扱っています。












薬袋善郎『英語リーディングの探究』(研究社、2010年、1600円+税)
Part 1ではJohn Ruskin、William Sommerset Maugham、John Stuart Millなどの短文を、Part 2ではNewsweekの記事を取りあげ、構文解析や内容の読み取りを実践。英文を精読するとはどういうことかが分かる本。












中原道喜『誤訳の構造』(聖文新社、2003年、1800円+税)
中原道喜『誤訳の典型』(聖文新社、2010年、1600円+税)
中原道喜『誤訳の常識』(聖文新社、2012年、1600円+税)
誤訳を品詞や構文、ジャンルなどで分類して解説。誤訳から学び、誤訳を防ぐのに役立つこと間違いなし。『誤訳の常識』では、オノマトペについても解説されています。

柴田耕太郎「連載コラム」2010年6月号から2012年9月号で、『誤訳の構造』について解説しています。






成田光彰『つたない直訳から、こなれた翻訳へ』(ホンニナル出版、2008年、2800円+税)
Adam Smithの"Wealth of Nations"第1章を題材に、つたない直訳をこなれた翻訳に改善する技法を提示。経済学の予備知識は必要なく、翻訳者全般にとって参考になります。書店では発売されておらず、CARGOこちらからの購入となります。

内容の一部がこちらで公開されています。「目次に進む」-「付録B 参考資料」にある、「機械翻訳における天動説と地動説」「翻訳力を構成する要素」がお薦めです。






柴田耕太郎『決定版 翻訳力錬成テキストブック』(日外アソシエーツ、2017年、9800円+税)
Bertrand Russell、William Somerset Maugham、George Orwellなどによる、100編の短い文章を徹底的に「読む」本。良質の文章の場合、正しく読めば意味が自ずと一つに決まるというのが著者の主張です。どの語が主語であり、述語動詞であるのか。この副詞は、関係詞節はどこにかかるのか。ここでのofは主格か、目的格か、同格か、関連なのか。ここでのreasonの意味は理由か、理性か、道理なのか。とにかく細かい、英文読解の極みのような本。

*この本は、著者が代表取締役を務める翻訳会社、アイディで行っている「英文教室」が元になっています。

「翻訳通信」第34号(2005年3月号)において、著者自らこの本を分析し、間違いを訂正しています。「翻訳通信」のバックナンバーは翻訳通信のホームページに掲載されています。

柴田耕太郎「翻訳のための文法」
「翻訳しているとき何となく気になるのだがそのまま放っておいた、文法の分かりにくい部分を」考察。PDFファイルはこちら

柴田耕太郎「カンマと記号について」
カンマと記号(セミコロン、コロン、カッコ、ダッシュなど)の意味を体系的に整理。PDFファイルはこちら

柴田耕太郎「『英文解釈教室』批評」
伊藤和夫『英文解釈教室 改訂版』(研究社、1997年、1500円+税)の誤訳、悪訳を修正。PDFファイルはこちら

柴田耕太郎「ロアルド・ダール『キス・キス』」
「文法力をつけたいが、無味乾燥な文法書など読みたくない」読者のため、ロアルド・ダールの短編集『キス・キス』(開高健訳、早川書房)の誤訳を指摘。PDFファイルはこちら

柴田耕太郎「続・誤訳に学ぶ英文法」
ロアルド・ダールの短編を取り上げ、誤訳、悪訳を修正。

柴田耕太郎「連載コラム」
「ふだん余り気にならないが考え出すと分らない、そんな英語のちょっとした疑問点をとりあげ、皆さんと解明」。2010年6月号から2012年9月号では、中原道喜『誤訳の構造』(聖文新社、2003年、1800円+税)について解説しています。

柴田耕太郎「新旧訳読み比べ」
ロアルド・ダール作品集の旧訳を田口俊樹の新訳と比較し、それぞれの問題点を指摘しています。




柴田元幸『翻訳教室』(新書館、2006年、1800円+税)
柴田元幸『翻訳教室』(朝日文庫、2013年、1000円+税)
著者が東京大学教授として、東京大学文学部で行った翻訳演習を再現。英語の小説を題材に、著者と学生が討議を繰り広げます。ジェイ・ルービン、村上春樹がゲストで登場。












前田尚作『日本文学英訳分析セミナー』(昭和堂、2006年、2800円+税)
夏目漱石から村上春樹まで、日本の小説とその英訳を並べ、なぜこのような訳になったかを分析しています。誤訳が生じた過程も検討。












古賀正義『推理小説の誤訳』(日経ビジネス人文庫、2008年、1300円+税)
アガサ・クリスティーをはじめとする推理小説の誤訳を厳しく指摘。1983年にサイマル出版会から出版されたものの文庫版。












ページトップへ ホームへ

・和英翻訳実践

田村智子『同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング』(三修社、2010年、1300円+税)
田村智子『同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシングドリル』(三修社、2011年、1500円+税)
一般的だけど英訳しにくい日本語表現の加工法、すなわち、日本語のリライト手順を伝授。日本語を日本語に置き換え、英語での主語や動詞部分などを見極めることで英訳が容易になります。前者は「お知恵を拝借させてください」「そこを何とか」などの100問で実践。アテンド通訳の疑似体験もあり。後者は練習問題中心となっています。












根岸裕『和英翻訳ハンドブック 新聞記事翻訳の現場から』(大修館書店、1999年、2400円+税)
日本経済新聞記事の英訳例とその直しを通して、英訳のポイントを解説。












ページトップへ ホームへ

・英文ライティング

デイヴィッド・セイン『英語ライティングルールブック 第3版』(DHC、2019年、1600円+税)
文法、語法、句読法の観点からきちんとした英語を書くための基本事項を網羅。手元にあると重宝な1冊。

関連問題集として以下のものがあります。

デイヴィッド・セイン『英語ライティングワークブック増補版』(DHC、2006年、1600円+税)









デイビッド・セイン『ネイティブが教える 英語の語法とライティング』(研究社、2011年、1800円+税)
日本人が英訳で特に間違えやすい日本語70項目について解説。「以下」「以上」「未満」や「確認する」など。












日向清人『即戦力がつく英文ライティング』(DHC、2013年、1500円+税)
英語のセンテンス、パラグラフ、テキストの書き方を伝授。単なる表現集ではなく、原理原則を説明しています。












メアリ・K・マカスキル / 片岡英樹〔訳・解説〕『NASAに学ぶ 英語論文・レポートの書き方 NASA SP-7084テクニカルライティング』(共立出版、2012年、3200円+税)
テクニカルライティングに必要なスキルを、英文法、文の構成力、句読点使用、大文字使用に分けて解説。良い例、悪い例といった形で例文が紹介されています。例文の内容は工学関連ですが、解説は一般的なものです。












片岡英樹『必携 技術英文の書き方55のルール』(創元社、2004年、2300円+税)
数字、記号、略語、レトリックなど、技術英文を書く際のルールを解説。章立てではないのでどこからでも読めます。「チョッと一言」、句読法の解説、工業英検問題、トライアルの例など、おまけも充実。












遠田和子〔著〕/ 岩渕デボラ〔英文校閲〕『究極の英語ライティング』(研究社、2018年、1850円+税)
明快で簡潔な伝わる英文を書くための道しるべを紹介。文法的には間違っていないけどネイティブには伝わらない、日本人が書きがちな英文をどう直せばいいかを例題によって勉強できます。伝わる英語の基準は、「トピック(SV)が文頭」「強い動詞」「言葉の燃費」「Given→Newの流れ」「具体的」「肯定的」。












遠田和子『Google英文ライティング』(講談社インターナショナル、2009年、1500円+税)
英語を書くのに役立つGoogleの使い方を紹介。フレーズ検索とワイルドカード検索を利用し、適切な英語表現を探す方法を伝授。英文のセルフ・チェック方法も載っています。












遠田和子 / 岩淵デボラ『英語「なるほど!」ライティング』(講談社インターナショナル、2007年、1600円+税)
英作文の入門書。日本語の思考形態から脱却し、英語の考え方で表現する方法が書かれています。無生物主語や能動態の使用、「肯定」「具体」「言い切り」「簡潔」への転換、文章を書くためのPREP手法、ビジネスレターの書き方など。英語で書きたい人の最初の一冊。












ページトップへ ホームへ

・正誤用例

ジェームズ・T・キーティング『ネイティブチェックが自分でできる 英語正誤用例事典』(The Japan Times、2000年、2400円+税)
正確で簡潔な英文を書くための本。ノンネイティブが陥りやすい思考の罠から抜け出させてくれます。「よりよい言い回し」「誤解を招く表現」「似ている語の区別」「ムダな繰り返し」「なくてもよい言葉」「間違えやすい用法」がセクションとしてある他、スタイルガイドも充実しています。












ページトップへ ホームへ

・ビジネスレター

佐藤洋一 / Glen McAlevey『実践 英文Eメールの書き方・まとめ方』(オーム社、2004年、2200円+税)
技術関係でよく使うEメール文書が集められています。詳細な解説付き。












ページトップへ ホームへ