U字ロック

写真ではワイヤーが取り付けられていますが、今後の製品には取り付けられていません。重量がそこそこあることからポロッ!っと落とすことがありロック方法を確認した後に切断して頂く予定でしたが、ご存知のように加工性が極端に悪い素材なのでドリルのコストもバカにならないことからワイヤー取り付けを無くすことに致しました。

U字の部分は19mmになっております。
プレート部の厚みは9mmです。(幅は約32mm)
U字部分で約1.8キロ、E−11Hだけの重量が約1.1キロになります


下の写真はロック方法になります。
ガチャンとはめて、スライドさせてロックするという方法になります。

上の写真の状態で横の長さ(全長)は約270mm
縦は約210mm、プレートの幅は約32mmとなります。

写真で使用しているロックはE−11Hになります。
もちろんE−14Hも使用可能です。
販売においてロックは別売りとなりますのでご注意下さい。
マルチロックを推奨しますが、他社の頑丈なロックとの組み合わせも可能です。
耐切断は言うに及ばす、これまでのU字ロックの破壊例から破壊方法を解析し、そういった破壊方法が通用しない構造としております。

装着テスト車両はホンダ・CBR1000RRです。
前輪は普通のロック方法が可能ですが、後輪は幅に制限があるのでホイールのスポーク部分にロックする方法のみになります。

極端にスペースの無いCBR1000RRの後部シートにかろうじて収納可能です。
この車両については収納する時に向きに制約があるのでご注意下さい。
マルチロックの収納は無理でした。(^^;

車両提供 Gさん ありがとうございました。m(_ _)m

戻る