「中国戦犯」証言の信頼度
ま え が き

― 共通する異様な残虐性 ―
⇒ 検 証 目 次 へ

 ある人は手記集『三 光』 や 『天皇の軍隊』(朝日文庫)などを読んで想像を絶する日本軍将兵の悪逆さを知り、ある人は抑留者自身が犯したという悪寒を覚える残虐行為を講演会などで知ったことでしょう。また学校で教えられ、あるいは抑留者の証言を報じた新聞、テレビなどでその残虐さを知ったことでしょう。その結果、昭和前期の日本軍および日本の歴史は異常なものであり、嫌悪すべきものと深く心に留めたに違いありません。
 こうした役割を果たした抑留者の「証言」を大別すれば次の3つになるでしょう。
@ 抑留中、中国に書き残した「手記」
A 取り調べの結果、書き残した「供述書」
B 帰国後に語り、書いた「帰国後証言」

 彼らの「証言」がその「真実性」ゆえに、私たちの歴史観に影響力を持ち得たのでしょうか。あるいは、異様な「残虐性」ゆえに、センセイショナルな話に飛びつくメディアに取りあげられ、教育現場や家庭に入りこんだ結果だったのでしょうか。
 実におかしなことに、彼らの証言を丸呑みにするばかりで、「検 証」は、ごく一部を除いてまったくといってよいほど行われませんでした。

 (1) 金 源・戦犯管理所所長の言
 彼らが帰国するまでの約6年のうち、大部分を過ごした撫順戦犯管理所(=撫順監獄)の金 源 所長は、自らの体験を活字にし、あるいはインタビューを通じていろいろと発言しています。そのうち、2つをお目にかけます。
 金 源所長は日本人戦犯が収容された当初の1950=昭和25年6月から、日本語通訳として撫順監獄に勤務し、管理教育科科長、副所長などを経て、所長にまでなった人物です。ですから6年間をこの管理所にあって抑留者の指導・監督にあたったわけで、日本人戦犯にとっては忘れられない人物なのです。
 まず、金所長の総括とも言えそうな、日本兵の残虐ぶりを次のように記しています。
〈 あるひどい者は、吸血鬼のように、中国人を撲殺した後、その肝と脳味噌を食べたのである。
このような人間性の一かけらもないような野獣のごとき実例は、枚挙にいとまがない。〉

 まずこの発言、信じられますか。中国人を殴り殺して、その肝臓と脳みそを食べたという日本兵がいたことを。しかも、枚挙にいとまがないと形容するほど、多数の実例があったことを。
 実にばかばかしい話と私は思うのですが、抑留者の手記集や、帰国後の証言で成立している『天皇の軍隊』(本多勝一ほか、朝日文庫)を読んで、日本兵の所業を信じるならば、この金所長の発言は「事実の裏づけがある」ということになるでしょう。現に、こうした話を信じる日本人が少なくないのですから嫌になります。こちらをご一読のうえ、参考になさってください ⇒ 凄まじい日本兵の残虐
 また、別のところ(インタービュー)で、金 源所長は抑留者の「思想改造」の過程を説明する下りで、次のように発言しています。
〈 罪行は確かな事実のみを記すこと。拡大しても縮小してもいけない、と指導し、
あくまでも本人の自白を尊重して、こちらからこの事件についてどうだ、こうだということは決して聞きませんでした。〉

 金所長にかぎらず、戦犯管理所の職員は異口同音にこのように言います。となりますと、脳みそをや肝臓を食べるといった人間性の一かけらもない行為は、日本兵自らが進んで自白したものだ、ということになります。これが事実なら、そこに何かカラクリ、つまり強制や誘導があったと考えるのが常識ではないでしょうか。

 (2) 富永 正三中帰連会長の言
 彼らの「手記」「供述書」「帰国後証言」について、「すべてが事実」であると富永・中帰連会長は公言します。
 一方の私は、手記や供述書のいくつかを検証、それらが事実無根、虚偽であることを主張しました。
 これらに対して富永会長が反論を寄せ、私が会った元日本兵は「口裏を合わせ」てウソの証言をしているのであり、「戦争体験のない田辺氏にはそれが分からない」とし、私の検証報告を全面否定してきたのでした。
 富永会長の主張と私の主張のどちらが正しいのか、その結論をくだすには、検証例をお見せし、その上で読者に判断していただくのが、公正な方法でしょう。
 実は、「手記」が書かれるまでの経過、いわばその「内実」を説明したものがあり、これを読めば、富永会長の主張は根底から覆ります。しかも証言者は同じ「中国戦犯」で将校(大尉)ですし、中帰連で活動する一人でしたから。『生きている戦犯 金井貞直の「認罪」』(帰山則之、芙蓉書房出版、2009)をご覧になって下さい。誤解がないように説明するには少し長くなりそうですので、他の機会にと思っています。

 (3) それにしても
 なにも学者先生でなくとも、並みの大人なら、これらの証言に少しは疑問を持ってよさそうに思うのです。ですが、実態はフリーパス。朝日、NHK、共同通信 など、日本軍といえば悪し様に報道するのを旨とする報道機関の情報源となり、ことごとく事実とし、かつ好意的に報じられたのです。
 抑留者によって「語られた事実」は必ずしも「事実に非ず」、あるいはまったくの虚偽と証明するには、ときには細かな資料、や証言の提示が必要ですし、説明についても手順をふむ必要があります。ここでは、要点を記すにとどめました。

 (4) 45人の「供述書」公開
 2014年7月3日、中国中央公文書館は裁判の上、有罪となった「戦犯45人」の供述書を、公式サイトで1日1人の割合での公開を開始しました。北京で記者会見した副館長・李 明華は、公開の理由を次のように説明しています。

日本の右翼勢力が種々の悪行などを否定していることに反撃し、
侵略中の反人道的な暴行を暴きだす。

 そして公開トップの「栄 誉」に輝いたのは陸軍中将・鈴木 啓久(すずき ひらく。終戦時、第117師団長)でした。
 いわゆる中国戦犯の総数は1,062人(除く、収容中の死亡者42人)を数え、大部分が約6年間の収容所(監獄)生活の後、起訴猶予となりました。罪状が重いとの理由でしょう、軍事法廷に45人が起訴され、いずれも有罪。それぞれ8年〜20年の禁固刑を受けました。
 このなかに、鈴木中将を含む4人の師団長(いずれも階級は陸軍中将)、旅団長が数人、それに満州国総務庁長官の武部 六蔵 、同次長の古海 忠之らが含まれていました。
 ただ、この45人の供述書は今回はじめて公になったわけではありません。
 1998年4月5日付け朝日新聞は、この45人の「供述書」を報道写真家(新井 利男)が入手したとし、

〈 行為の「全体像」浮かぶ 〉

 などの見出しをつけて大々的に報じたことでした。
 新井は入手した供述書を、朝日新聞と共同通信社に持ち込みましたので、ブロック紙、地方紙の多くが報じたようです。全国紙の読売、産経、毎日は報じなかったと思います。
 なぜ今頃になって公開?、と思わないでもありませんが、「供述書」がおよそ信用できないとした検証例が増えたため、黙っているわけにいかないと、中国が反応した結果なら、それはそれでまた意味のあることだと思っています。
 鈴木中将については、中将の「手記」2編が残されており、また中将の副官2人、近親者を含む20人近い元部下から話を聞いていますので、ある程度のことはわかっています。供述書のなかに、婦女を誘拐し「慰安婦」にしたという記述もあり、テれビ朝日などは「慰安婦強制連行」として報じましたが、これなどは事実無根です。概略は各項をご覧ください。

   (5) さらに32人の「供述書」公開
 今度は裁判で起訴を免除された約1000人の中から、32人の「自筆供述書」がサイト上に公開されました。2015年8月11日から1日1人、連続32日間にわたります。
 前回の45人と違って、今回は下級将校(中尉や少尉、准尉)が少し、他は下士官(伍長、軍曹、曹長ほか)ですので、各人の「罪 行」も中国兵、農民に対する具体的な残虐行為であふれています。女と見れば見境なく強姦、輪姦、そして殺害。32人の大部分が強姦という破廉恥な罪を自供しています。
 関心のある方は、人民網日本語版、新華網日本語版のサイトを検索の上、どうぞ。

⇒ 検証目次 ⇒ トップ頁へ