句あれば楽あり ?

俳句と川柳

至遊(しゆう)



 私は元々川柳や狂歌を喜んで鑑賞していた。これにも教養が要る。江戸時代の庶民がこれを喜んでいたとすれば、とても負ける。例えば川柳に

   口さきで日和をくづす美しさ

というのがある。まるで謎解きである。これは小野小町が雨乞いの歌を詠んで成功したという故事を知らないと分からない。

   ことわりや日の本ならば照りもせめさりとては又あめが下とは

がその時詠んだ短歌だと言われている。そこでたたみみかけて

   さりとては又といふ時かきくもり

と来る。勿論、同時に出来上がった川柳ではないが、今で言えばマーフイの法則のように膨れ上がっていく。別に今日は川柳の解説がしたい訳ではない。

 ある人に難題を吹きかけられた。俳句と川柳はともに五・七・五で形は同じ。時には標語にもある。どこが違うか言えますか?と。

   飛び出すな車は急に停まれない

 これは標語だと皆が言うと思う。何故?と言ってすぐ答えられる人は常々そんなことを考えている人でしかありえない。私論だが、標語はもともと作者の意図がダイレクトに、正しく伝わらなければならない。そこに余韻とか詩情とかは要らない。どうしても教訓的なもの、人に注意を促すものが主流になる。では

   赤信号みんなで渡れば怖くない

は標語か?こんな標語を作る人は居ない。では川柳?そんなことを言ったら、川柳作家に怒られてしまう。これは単なる漫才のネタである。

 俳句と川柳が多少ややこしい。学術的に書けば1冊の本になる。歴史的に言えば両者とも、根は俳諧の連歌と呼ばれるものから発している。俳諧の諧の字から分かるように、諧謔味を両者とも持っている。俳句は子規以前は発句とも呼ばれていた。発句とは俳諧の連歌の最初に来る五・七・五の部分で、季語を持つことがルールとしてあった。その後に出てくる五・七・五の部分は平句と呼ばれ、季語の制約はなかった。だから発句が俳句の先祖で、平句が川柳の先祖と言われることもある。

 いずれにしても、短歌に対して諧謔味、面白味がなければならなかった。短歌の雅の世界から俗の世界に文芸が降りて来たのである。えっ!俳句ってそんなに面白いもの?と言われそうだが、起こりはそうだということで、今でも短歌に比べれば俗を詠っていると思う。ただし短歌の世界も、俵万智さん以来変わっては来ているが、一般概念としてそうである。よく

   古池やかはずとびこむ水のをと  芭蕉

が革命的だと言われるのは、短歌の世界では蛙は声を聞くものであり、姿を詠うものでは無かった。その姿を観察し句にしたのだから、雅の世界との決別なのである。それは分かった。で川柳とは何が違うの?ということになる。

   バスを待つ顔は揃って右を向き

というのは川柳である。「車は左」の世界でだけ通用するのだが、川柳も作者の意図は正しく読者に伝わらなければならない。川柳も色んな分類がされるが、これは「うがち」の川柳である。言われてみれば、皆確かにそうだと頷ける。コロンブスの卵のようなもので、初めてそれを言った人にとっては、大発見なのである。「うがち」の川柳は難しいことは言わない。考え落ちのような川柳が冒頭に挙げたようなもので、これも分かって貰わないと意味がない。

 一方俳句は、発句から出ているとすれば季語が必要条件である。だけど最近は無季俳句なるものも認められて来ている。逆に川柳に季語が入ってしまうことも勿論ある。ある論者は、切れがあるのが俳句で無いのが川柳だと言っていた。これにも無理がある。切れの無い俳句も沢山あるからである。

 ただ俳句は作者の意図通りに鑑賞されることはまずない。いわゆる1人歩きで、読者の勝手な解釈が許され、むしろ作者の解説を聞くとがっかりすることが多い。標語や川柳と違って、どう解釈されてもいいと思って世に出さなければならない。一意的に結論が決まっていないところは俳句と川柳の大きな違いだと思う。私も時々、他の人の句の鑑賞を文にすることがあるが、本人には絶対に何も訊かない。自分の世界の中だけで鑑賞する。

 私の結論は簡単である。それは作者がこのようなことを承知の上で、俳句の積りで詠んだのか、川柳の積りでひねったのかが、作者を尊敬する意味でも両者の分かれ道だと思う。俳句でいう諧謔と、川柳の面白さには自ずと笑いの質が違ってくる。ただ両者の間にグレイゾーンがあることは否めない。川柳的俳句があったり、俳句的川柳が存在する。句会などでは、川柳的俳句にはよく出くわすし、概して俳味があり好意的に受け止めている。

 私も先日の大雪で

   大雪を越後の人にあしらわれ      至遊

というのを詠んでみたが、句会には出さなかった。どちらかと言うと川柳の方に重心が掛かっていると自分で思ったからである。以前好きな句の中で紹介した

   子にみやげなき秋の夜の肩ぐるま    能村登四郎

も、取りようによっては川柳的である。こちらはグレイゾーンの俳句側にあるとは思うが。という作者の意図で、私の作は俳句から外れ(川柳にしてはいまいち)、能村さんの作は俳句としてまかり通っていいのである。