性懲りもなく、また首ちょんぱです。古来、地域や時代によっては処女を殺すと祟りがあるということで、
処女を処刑する際は刑吏や器具によって処女を奪う、ということが行われていたそうです。
ちなみに、この絵には小説もついております。

戻る