里芋パスター

 里芋パスターは昔から“いも薬”として打ち身、捻挫などのはり薬として汚血の吸出しに使われてきました。 里芋パスターは生姜湿布によって患部に集められた汚血、毒素、毒性物質、老腐敗物質などを、皮膚を通して吸出し、代謝し、浄血します。

 里芋パスターにより癌が皮膚から出てくることは信じ難いと思われる方が多いと思いますが事実です。当院でも大腸がんで骨盤転移の 方が1日3回〜4回の生姜湿布+里芋パスターの手当てを1ヶ月したところ、臍下4センチほどのところから始めは皮膚が黒かったのが 大きなおできとなり遂には皮膚を破って黒い塊がでてきました。このように確かに里芋パスターは体内の汚物を吸い出す力があります。

 癌の手当て時には里芋パスターをする前に生姜湿布を充分に行います。 貼り替えるときもそのつど生姜湿布を行います。 これは里芋パスターでより癌を吸い出しやすくするためです。
 “生姜湿布+里芋パスターは1セットの手当て”です。

 生姜湿布と里芋パスターを併用する場合には生姜湿布をする前にあらかじめ里芋パスターを用意しておきます。 そうでないと里芋パスターが用意できていないために生姜湿布でせっかく温めた体が 冷えてしまい患者さんに良くないからです。この辺の手順は経験を積んで習得していってください。

 里芋パスターの有効時間は4時間です。腹水、胸水が溜まっている方、痛みが激しい方などは1日数回を目安に様子を見ながら 加減しましょう。里芋パスターと併用する生姜湿布は結構体力を消耗させますので気をつけながら手当をしてください。

 里芋パスターでかぶれる人は、貼る前に患部にごま油を塗るとかぶれにくくなります。しかし癌の吸出し力は当然衰えます。 癌とかぶれとどちらを優先するかを決めて対処してください。

里芋パスターの仕方

 用意するもの

里芋  患部の広さに合わせ1個から5〜6個。自然療法全般に言えることですが材料はできるだけ有機農法などで 作られた良質のものを使いましょう。植物達の生命力溢れる善エネルギーを頂くのですから。
 できれば大きめの芋を選びましょう。小粒な芋を選ぶと皮むきが大変です。

生姜・・・里芋の10%、

小麦粉(当院では地粉などを使っています。中力粉。これが無ければ強力粉と薄力粉を半分ずつ混ぜて使います)・・・里芋と同量〜2倍 (里芋の水分量により変わります)、

おろし金、ボウル、フランネル(木綿の布)、菜箸 など

 実際の手順

  里芋・生姜をおろす

里芋は皮を厚めに剥く 里芋をおろす1 里芋をおろす2

 里芋を洗います。今は「ムッキー」というイボイボの付いたゴム手袋がありまして、これがとっても便利です。これでほとんど皮むき作業はできてしまいます。多少皮が残ってもよいです。

  小麦粉を加える

小麦粉を加える

 里芋・生姜をおろしたものにボウルに入れ、小麦粉を加えて菜箸で混ぜます。里芋パスターは体からの水分などを吸い取って 柔らかくなるので固めに作ります。箸でこねるのが大変なくらいが良いでしょう。(写真は量が少ない。実際はもっと大量です)

  布に広げる

布に広げる

 フランネルの布に上でできたパスターを乗せ、菜箸などで厚さ7〜10mmくらいに広げます。この時、布の縁から3cmくらい離して 塗り広げます。あまり縁に近くまで広げると時間と共に押し広がりますのではみ出て始末に困ることになります。布の縁から3cmくらいまで塗り広げてください。

  患部を露出する

患部を出す ごま油を塗った場合

 生姜湿布で温まり体の表面に血が集まって発赤した状態(左写真)のところへ上でできた里芋パスターを貼ります。かぶれがいやな人は この時右写真のようにごま油を塗ってください。ただし里芋の吸引力は落ちるでしょう。

 

  患部に里芋パスターを貼る

患部に里芋パスターを貼る 里芋パスターのまわりをテープで止める

 発赤した患部にそっと里芋パスターを乗せます(左写真)
 5センチ幅くらいのテープが手に入ればそのテープで生地の周りを 止めることで横からパスタが漏れることを防ぐことができます(右写真)。  乳癌の方で通いの患者さんに毎回里芋パスタをしていますが、この テープで止めることでまったくパスタが漏れ出すことなく帰宅されています。自宅で里芋パスタをする際にもこのテープによる 横漏れを止めることで日常動作ができるようになると思います。

貼るカイロをのせる

もし冷え症の方や衰弱が進んでいる方には里芋パスターは冷たいため、かえって 身体に負担の場合があります。その場合には上の写真のように“貼るカイロ”を当てて少しでも冷たさを解消してください。
 (以前は貼るカイロの替わりにゆでたこんにゃくを乗せることをお薦めしていましたが、こんにゃくの自重でパスターがはみ出てくることや 布団がこんにゃく臭くなってしまうことを知りましたので今では貼るカイロをお薦めしています)
 里芋パスターは4時間貼り続けます。動く方には腹帯などを必要に応じて自作し、パスターを保持してください。

  パスター中の注意点

 里芋パスターの許容以上の毒素が出て飽和状態になると痛みなどが出る場合があります。その場合には4時間以内でも速やかに 貼り替えます。その際には再び生姜湿布を行ってから里芋パスターを行ってください。

 腹水が溜まっている時や、骨転移の痛みがある場合などの重症時には生姜湿布+里芋パスター(4時間)のセットを4回、限局の 乳癌などでは2回を目安に様子を見て手当てをしてください。

 ・腹水の里芋パスター治療は腹水の治療Q&Aに詳しく載せています。
 ・実際に腹水が取れた患者さんのご家族からの御礼メール→里芋パスタQ&A腹水の手当

Copyright (C) Soutetsu Endo, All Rights Reserved.
癌治療の聡哲鍼灸院
|HOME|

|当院のご紹介| ご挨拶| 私の癌の捉え方| がん手当ての特長| 診療のご案内| 往診| 地図| 受診の際のお願い|

|治療師の紹介| プロフィール| 私の癌手当ての歩み| 癌への鍼灸始める| 癌自然退縮を知る| 玄米菜食を学ぶ| ビワ葉療法を知る自然療法を学ぶ| 千百人集会手伝う| 砂療法を体験する| シルバ-バ-チ霊訓| スピリチュアリズム| レイキを学ぶ| 緩和ケア病棟往診| オイルマッサージ| ハープによる祈り| 霊的治療の開始| 私の目指すもの|

|当院の癌治療| 癌の自然療法・手当| ビワの葉温灸| ビワ葉温灸の仕方| アミグダリン| 生姜湿布| 里芋パスター| そばパスター| |そばパスターQ&A| オイルマッサージ| 癌への影響| ビワ葉塩温石| へそ灸| 生姜灸| にんにく灸|

|癌に対する鍼灸| 肺癌への鍼灸| 乳癌への鍼灸| 胃癌への鍼灸| 大腸癌への鍼灸| 肝臓癌への鍼灸| 膵臓癌への鍼灸| 子宮癌への鍼灸| 卵巣癌への鍼灸| 前立腺癌への鍼灸| 癌へのはりきゅうの背後にあるもの| 鍼灸治療エッセイ-1|

|症状別癌の手当て| 抗がん剤の副作用| 吐き気、嘔吐| 食欲不振| 手足のしびれ| 湿疹| 疼痛治療薬副作用| 腸閉塞| 通過障害| 便秘| 手術後遺症| 手術痕の痛み| 皮膚の感覚麻痺| 骨転移の痛み| 腹水| 腹水Q&A| 胸水| むくみ・リンパ浮腫|

|癌を自分で治す方法| 魂を癒す| “いい人”をやめる超能者からの助言| “いい人”をやめる| 食養生| 波長の良いもの摂取| 腹八分| 食物を捧げる| 身体のケア| 半身浴|

|癌手当てエッセイ-1| 癌手当てエッセイ-2| 癌手当てエッセイ-3|

|癌の意味| それぞれの癌の意味| この世に生きる目的| 身体の健康とは| 病気とは| 苦しみ・困難とは| 癌の意味エッセイ-1| 癌の意味エッセイ-2| 日記(ブログ)| 更新履歴| メール| リンク|
 癌の自然療法・手当
  ビワの葉温灸
  ビワ葉温灸の仕方
  アミグダリン
  生姜湿布
  里芋パスター
  そばパスター
  そばパスターQ&A
  オイルマッサージ
  ビワ葉塩温石
  へそ灸
 癌の鍼灸治療
 症状別の癌治療