通過障害の手当て

 通過障害は胃や腸など消化管の内腔がせばまることで飲食したものが降りていかない状態です。原因は外部から消化管が圧迫されるため(腹腔内の腫瘍などの増大による)と、消化管自体に発生した腫瘍の増大が考えられます。

 ビワの葉温灸をします。場所は左鎖骨下縁の中央(ツボで言えば気戸)です。ここにビワの葉温灸をすると通過障害を起こしている際に起こる食べてすぐの気持ち悪さが取れていくはずです。ここへの温熱刺激で飲食したものが下へ落ちていくことを実感してみてください。

 さらにそけい部(足の付け根)、へその上、横、下、恥骨近辺へビワの葉温灸を。加えて脾臓の部位(左わき腹の肋骨下縁あたり)を。ここはお腹の痛みに良いはずです。

 加えて肝臓への処置として、右手の肘から4〜5cm肩よりにあがったところで体の外側、力瘤の出る筋肉(上腕二頭筋)のへり(ツボで言えば手の五里)にビワの葉温灸をします。

 食事は玄米クリーム、梅醤番茶を良く噛んで唾液と混ぜて食べて頂きます。液体のようなものですが唾液をだすことが体を治していきますので、良く噛んでもらってください。

Copyright (C) Soutetsu Endo, All Rights Reserved.
癌のお手当て 聡哲鍼灸院
|HOME|

|当院のご紹介| ご挨拶| 私の癌の捉え方| がん手当ての特長| 診療のご案内| 往診| 地図| 受診の際のお願い|

|治療師の紹介| プロフィール| 私の癌手当ての歩み| 癌への鍼灸始める| 癌自然退縮を知る| 玄米菜食を学ぶ| ビワ葉療法を知る自然療法を学ぶ| 千百人集会手伝う| 砂療法を体験する| シルバ-バ-チ霊訓| スピリチュアリズム| レイキを学ぶ| 緩和ケア病棟往診| オイルマッサージ| ハープによる祈り| 霊的治療の開始| 私の目指すもの|

|当院の癌治療| 癌の自然療法・手当| ビワの葉温灸| ビワ葉温灸の仕方| アミグダリン| 生姜湿布| 里芋パスター| そばパスター| |そばパスターQ&A| オイルマッサージ| 癌への影響| ビワ葉塩温石| へそ灸| 生姜灸| にんにく灸|

|癌に対する鍼灸| 肺癌への鍼灸| 乳癌への鍼灸| 胃癌への鍼灸| 大腸癌への鍼灸| 肝臓癌への鍼灸| 膵臓癌への鍼灸| 子宮癌への鍼灸| 卵巣癌への鍼灸| 前立腺癌への鍼灸| 癌へのはりきゅうの背後にあるもの| 鍼灸治療エッセイ-1|

|症状別癌の手当て| 抗がん剤の副作用| 吐き気、嘔吐| 食欲不振| 手足のしびれ| 湿疹| 疼痛治療薬副作用| 腸閉塞| 通過障害| 便秘| 手術後遺症| 手術痕の痛み| 皮膚の感覚麻痺| 骨転移の痛み| 腹水| 腹水Q&A| 胸水| むくみ・リンパ浮腫|

|癌を自分で治す方法| 魂を癒す| “いい人”をやめる超能者からの助言| “いい人”をやめる| 食養生| 波長の良いもの摂取| 腹八分| 食物を捧げる| 身体のケア| 半身浴|

|癌手当てエッセイ-1| 癌手当てエッセイ-2| 癌手当てエッセイ-3|

|癌の意味| それぞれの癌の意味| この世に生きる目的| 身体の健康とは| 病気とは| 苦しみ・困難とは| 癌の意味エッセイ-1| 癌の意味エッセイ-2| 日記(ブログ)| 更新履歴| メール| リンク|
 症状別の癌手当て
  抗がん剤の副作用
    吐き気、嘔吐
    食欲不振
    手足のしびれ
    湿疹
  癌性疼痛治療薬の副作用
    腸閉塞
    通過障害
    便秘
  手術後遺症
    手術痕の痛み
    皮膚感覚麻痺
  骨転移の痛み治療
  腹水
   腹水Q&A
  胸水
  むくみ・リンパ浮腫