癌治療の聡哲鍼灸院 東京都目黒区自由が丘
1-3-28
メゾンドフリュール102
TEL 03-5701-0771
 ご挨拶
 私の癌の捉え方
 がん手当ての特長
 診療のご案内
 往診
 地図
 受診の際のお願い

受診の際のお願い

ご予約について

電話またはメールにてご予約ください。 メールは見る時間が限られますので電話のほうがよいです。
電話番号は03−5701−0771です。

予約のキャンセル

 当院はベッド1台で治療しておりますので、一度にお一人の患者さんしか診ることができません。また完全予約制で飛込みの治療はお受けしておりませんので、当日の急なキャンセルになりますとその時間のベッドが空いてしまいます。

 恐れ入りますが、ご予約のキャンセルは治療予定日前日までに電話にてご連絡ください。もちろん当日の急な体調不良によるキャンセルはこの限りではありません。
 また予約された時間に遅れる場合には、心配しますのでご一報頂けると幸いです。

初診時について

 現在、治療時間は約1時間弱になっています。初診時には問診を詳しくさせて頂きますので治療と併せて全体で1時間半近くかかる場合がございます。十分時間的な余裕をもって予約をお取りください。

衣服について

 治療は基本的に下着を着衣のまま行います。患者着に着替えていただくことはございません。
 (ただし「生姜湿布」などの下着が濡れるおそれがある場合には予めお願いしますので、その際には替えの下着をご持参ください。)

 下着は長袖であれば肘や膝まであげることができる、緩めのものが好ましいです。これは肘、膝部のツボを使うことが多いためです。
 Tシャツ、丸首シャツは首元が隠れてしまいますので、首元が出るU首のシャツ等が望ましいです。
 女性の方ではスポーツウェアのハーフパンツやスパッツを持参されても結構です。ただし卵巣癌や子宮癌、あるいは大腸癌などでそけい部に手当てをする場合もありますので、その際にはそれらをお脱ぎ頂くこともありますので予めご了承下さい。 時計、ブレスレット、ネックレスなどの装飾品は治療時には外していただくことになりますので、紛失を防ぐためにもできればお付けにならずにお越しください。

Copyright (C) Soutetsu Endo, All Rights Reserved.
癌の手当て 聡哲鍼灸院
|HOME|

|当院のご紹介| ご挨拶| 私の癌の捉え方| がん手当ての特長| 診療のご案内| 往診| 地図| 受診の際のお願い|

|治療師の紹介| プロフィール| 私の癌手当ての歩み| 癌への鍼灸始める| 癌自然退縮を知る| 玄米菜食を学ぶ| ビワ葉療法を知る自然療法を学ぶ| 千百人集会手伝う| 砂療法を体験する| シルバ-バ-チ霊訓| スピリチュアリズム| レイキを学ぶ| 緩和ケア病棟往診| オイルマッサージ| ハープによる祈り| 霊的治療の開始| 私の目指すもの|

|当院の癌治療| 癌の自然療法・手当| ビワの葉温灸| ビワ葉温灸の仕方| アミグダリン| 生姜湿布| 里芋パスター| そばパスター| |そばパスターQ&A| オイルマッサージ| 癌への影響| ビワ葉塩温石| へそ灸| 生姜灸| にんにく灸|

|癌に対する鍼灸| 肺癌への鍼灸| 乳癌への鍼灸| 胃癌への鍼灸| 大腸癌への鍼灸| 肝臓癌への鍼灸| 膵臓癌への鍼灸| 子宮癌への鍼灸| 卵巣癌への鍼灸| 前立腺癌への鍼灸| 癌へのはりきゅうの背後にあるもの| 鍼灸治療エッセイ-1|

|症状別癌の手当て| 抗がん剤の副作用| 吐き気、嘔吐| 食欲不振| 手足のしびれ| 湿疹| 疼痛治療薬副作用| 腸閉塞| 通過障害| 便秘| 手術後遺症| 手術痕の痛み| 皮膚の感覚麻痺| 骨転移の痛み| 腹水| 腹水Q&A| 胸水| むくみ・リンパ浮腫|

|癌を自分で治す方法| 魂を癒す| “いい人”をやめる超能者からの助言| “いい人”をやめる| 食養生| 波長の良いもの摂取| 腹八分| 食物を捧げる| 身体のケア| 半身浴|

|癌手当てエッセイ-1| 癌手当てエッセイ-2| 癌手当てエッセイ-3|

|癌の意味| それぞれの癌の意味| この世に生きる目的| 身体の健康とは| 病気とは| 苦しみ・困難とは| 癌の意味エッセイ-1| 癌の意味エッセイ-2| 日記(ブログ)| 更新履歴| メール| リンク|