5.自然療法を学ぶ

 癌への鍼灸に自然療法を加えたいと前から考えており、あなたと健康社で「生姜湿布、こんにゃく湿布、豆腐パスタ、里芋パスタ、ビワの葉温灸」等を見学しました。(右MEMO1)
 その後、自分でも体験したかったので神奈川県横浜市の養生庵で生姜湿布、こんにゃく湿布を体験させていただきました。この治療院を開業された門多悦子先生はご自身も胃がんを患われた方ですが、手術をせず徹底した自然療法と玄米菜食などの食事療法で治された方です。(右MEMO2)

 またガンの患者学研究所で製作中の、市川加代子先生による手当法のビデオ製作をお手伝いした際にも手当てのコツや彼岸根(ヒガンバナの根)パスターなどのやり方を大変詳しく教えていただきました。
 市川加代子先生は京都で自然療法や手当ての講習会を開催したり、自然食品の店を運営されている知る人ぞ知る自然療法の先生です。2003年4月に東京で開かれたガンの患者学研究所主催の千百人集会では手当ての講習会も担当され、 多くの癌患者さんにその技術をお伝えしていました。

 これら自然療法による手当てを学ぶ時いつも思うのは、身近な自然、特に植物達の有り難さです。以前、青森秋田県境の白神山地や日本各地のブナ林の保護活動に関わったり、日本自然保護協会の自然観察指導員として 観察会活動などをしていた経験があるのですが、植物はまさにヒトや動物、昆虫といったすべての動物達の食物であり、薬、そして精神的な拠り所だと思うのです。

 私達はこれから、今までよりもっと一生懸命、その保護や拡大に努めないといけないと思うのです。それがひいては私達の命を守り、癌などの病から回復する手段になっていくのではないでしょうか。

Copyright (C) Soutetsu Endo, All Rights Reserved.
癌の手当て 聡哲鍼灸院
|HOME|

|当院のご紹介| ご挨拶| 私の癌の捉え方| がん手当ての特長| 診療のご案内| 往診| 地図| 受診の際のお願い|

|治療師の紹介| プロフィール| 私の癌手当ての歩み| 癌への鍼灸始める| 癌自然退縮を知る| 玄米菜食を学ぶ| ビワ葉療法を知る自然療法を学ぶ| 千百人集会手伝う| 砂療法を体験する| シルバ-バ-チ霊訓| スピリチュアリズム| レイキを学ぶ| 緩和ケア病棟往診| オイルマッサージ| ハープによる祈り| 霊的治療の開始| 私の目指すもの|

|当院の癌治療| 癌の自然療法・手当| ビワの葉温灸| ビワ葉温灸の仕方| アミグダリン| 生姜湿布| 里芋パスター| そばパスター| |そばパスターQ&A| オイルマッサージ| 癌への影響| ビワ葉塩温石| へそ灸| 生姜灸| にんにく灸|

|癌に対する鍼灸| 肺癌への鍼灸| 乳癌への鍼灸| 胃癌への鍼灸| 大腸癌への鍼灸| 肝臓癌への鍼灸| 膵臓癌への鍼灸| 子宮癌への鍼灸| 卵巣癌への鍼灸| 前立腺癌への鍼灸| 癌へのはりきゅうの背後にあるもの| 鍼灸治療エッセイ-1|

|症状別癌の手当て| 抗がん剤の副作用| 吐き気、嘔吐| 食欲不振| 手足のしびれ| 湿疹| 疼痛治療薬副作用| 腸閉塞| 通過障害| 便秘| 手術後遺症| 手術痕の痛み| 皮膚の感覚麻痺| 骨転移の痛み| 腹水| 腹水Q&A| 胸水| むくみ・リンパ浮腫|

|癌を自分で治す方法| 魂を癒す| “いい人”をやめる超能者からの助言| “いい人”をやめる| 食養生| 波長の良いもの摂取| 腹八分| 食物を捧げる| 身体のケア| 半身浴|

|癌手当てエッセイ-1| 癌手当てエッセイ-2| 癌手当てエッセイ-3|

|癌の意味| それぞれの癌の意味| この世に生きる目的| 身体の健康とは| 病気とは| 苦しみ・困難とは| 癌の意味エッセイ-1| 癌の意味エッセイ-2| 日記(ブログ)| 更新履歴| メール| リンク|
 癌への鍼灸始める
 癌自然退縮を知る
 玄米菜食を学ぶ
 ビワ葉療法を知る
 自然療法を学ぶ
 千百人集会手伝う
 砂療法を体験する
 『シルバーバーチの霊訓』と出会う
 スピリチュアリズム
 レイキを学ぶ
 緩和ケア病棟往診
 オイルマッサージ
 ハープによる祈り
 霊的治療の開始
私の目指すもの
MEMO1
あなたと健康社の
“自然療法基礎勉強会”
〒157-0066
東京都世田谷区
成城2-35-13
成城ダイヤハイツ2F
TEL 03-3417-5051
・養生法基本的勉強会
毎月曜13:00-16:00
・手当て法勉強会
第一・三水曜13:00-16:00
MEMO2
門多悦子先生の
養生庵
〒220-0041
神奈川県横浜市
港南区日限山
1-31-18
ショッピングストア西木
3号区画
TEL 045-844-5370
・平日:9:00〜18:00
・休診日:日曜、祝日