4.ビワの葉療法を知る

 ビワの葉療法もあなたと健康社で初めて知りました。ビワの葉療法には 温灸やエキス、種などいろいろあります。あなたと健康社の玄米菜食の料理教室で同じテーブルの方に3人の乳癌の方がいました。その方たちに手術後の傷跡にビワの葉を貼り付けておくだけで痛みが早く引いたことや、傷がきれいに仕上がったことなど、ビワの葉療法の効果のことを教えていただきました。

また自分がフライパンで左人差し指を火傷したとき、すぐビワの葉エキスの入った小瓶を貸してくださった方がいて、このエキスを繰り返し痛くなった指にスプレーしていたところ、料理教室の終わる頃には傷みも引き、翌日まったく痕もなく普通の指に戻っていたのにも驚きました。これが私にとって初めてのビワの葉療法体験でした。

 ある日、一日の教室が終わった時、講師の方が「今日はビワの種があります。欲しい方はどうぞ」と配っていたので幾つか頂き、どのようにして一日いくつくらい頂けばいいか聞いたところ、「貴方は癌なのですか?もし癌でないのならビワの種は食べてはいけません。強すぎてかえって体に良くないです。」と言われました。

 その後、自分の治療院を開設後、ビワの葉温灸を採用していますが、効果が高いことに改めて驚ろいています。ある県の農業試験場に勤務している友人に聞いたところ、ビワの葉や種に含まれるアミグダリン(ビタミンB17)は青酸配糖体となっており、ヒトの体内に吸収されると選択的に癌細胞に効果を及ぼしているらしいとのことでした。

ビワはまさにグリベッグ、ハーセプチンといった最新の分子標的薬剤と同等の、自然の分子標的薬の樹だったのです。古代、お釈迦様がビワの樹のことを「薬王樹」と言われたこともうなづけるというものです。ビワの葉療法は癌治療に欠かせません。

Copyright (C) Soutetsu Endo, All Rights Reserved.
癌のお手当て 聡哲鍼灸院
|HOME|

|当院のご紹介| ご挨拶| 私の癌の捉え方| がん手当ての特長| 診療のご案内| 往診| 地図| 受診の際のお願い|

|治療師の紹介| プロフィール| 私の癌手当ての歩み| 癌への鍼灸始める| 癌自然退縮を知る| 玄米菜食を学ぶ| ビワ葉療法を知る自然療法を学ぶ| 千百人集会手伝う| 砂療法を体験する| シルバ-バ-チ霊訓| スピリチュアリズム| レイキを学ぶ| 緩和ケア病棟往診| オイルマッサージ| ハープによる祈り| 霊的治療の開始| 私の目指すもの|

|当院の癌治療| 癌の自然療法・手当| ビワの葉温灸| ビワ葉温灸の仕方| アミグダリン| 生姜湿布| 里芋パスター| そばパスター| |そばパスターQ&A| オイルマッサージ| 癌への影響| ビワ葉塩温石| へそ灸| 生姜灸| にんにく灸|

|癌に対する鍼灸| 肺癌への鍼灸| 乳癌への鍼灸| 胃癌への鍼灸| 大腸癌への鍼灸| 肝臓癌への鍼灸| 膵臓癌への鍼灸| 子宮癌への鍼灸| 卵巣癌への鍼灸| 前立腺癌への鍼灸| 癌へのはりきゅうの背後にあるもの| 鍼灸治療エッセイ-1|

|症状別癌の手当て| 抗がん剤の副作用| 吐き気、嘔吐| 食欲不振| 手足のしびれ| 湿疹| 疼痛治療薬副作用| 腸閉塞| 通過障害| 便秘| 手術後遺症| 手術痕の痛み| 皮膚の感覚麻痺| 骨転移の痛み| 腹水| 腹水Q&A| 胸水| むくみ・リンパ浮腫|

|癌を自分で治す方法| 魂を癒す| “いい人”をやめる超能者からの助言| “いい人”をやめる| 食養生| 波長の良いもの摂取| 腹八分| 食物を捧げる| 身体のケア| 半身浴|

|癌手当てエッセイ-1| 癌手当てエッセイ-2| 癌手当てエッセイ-3|

|癌の意味| それぞれの癌の意味| この世に生きる目的| 身体の健康とは| 病気とは| 苦しみ・困難とは| 癌の意味エッセイ-1| 癌の意味エッセイ-2| 日記(ブログ)| 更新履歴| メール| リンク|
 癌の鍼灸始める
 癌自然退縮を知る
 玄米菜食を学ぶ
 ビワ葉療法を知る
 自然療法を学ぶ
 千百人集会手伝う
 砂療法を体験する
 『シルバーバーチの霊訓』と出会う
 スピリチュアリズム
 レイキを学ぶ
 緩和ケア病棟往診
 オイルマッサージ
 ハープによる祈り
 霊的治療の開始
私の目指すもの