癌の鍼灸始める
 癌自然退縮を知る
 玄米菜食を学ぶ
 ビワ葉療法を知る
 自然療法を学ぶ
 千百人集会手伝う
 砂療法を体験する
 『シルバーバーチの霊訓』と出会う
 スピリチュアリズム
 レイキを学ぶ
 緩和ケア病棟往診
 オイルマッサージ
 ハープによる祈り
 霊的治療の開始
私の目指すもの

1.癌への鍼灸を始める

 癌に対する鍼灸は東京・巣鴨のホリスティック京北病院というところで始まりました。この病院の患者さんは院長の著書の影響などにより、肝臓病と癌患者がほとんどでした。私は東洋科という部署で鍼灸師・マッサージ師として多くの患者さんに鍼灸治療、マッサージを行っておりました。1年数ヶ月の間に100名を超える癌患者さんの治療を経験しました。

 平均して一日二人の癌患者さんの治療を行っておりました。当初は一日の治療が終わった後、たいへん疲れることが多く私はこれを「鍼灸師は気を扱う仕事であるからこの精神的疲労に似た感じは癌の『邪気』に当たっているのではないか」と考えておりました。

 しかし今にして思えば、これは私の誤った想念が作ったものでした。当時、私には「癌は死に至る病で患者さんの苦痛は肉体的にも精神的にも大変なものだろう。そんな病である癌の治療は大変だ。」という先入観がありました。

 それは私がこれまで何度も見たり聞いたりしてきた報道やドラマなどで刷り込まれていたステレオタイプの考えでした。私は癌という言葉が持つイメージの中の「死」というものを意識したり、直面することを恐れていたと思います。

 現在では私は癌を治している人を数多く知っており患者さんには「治っている方がたくさんいますよ」と励ましています。

Copyright (C) Soutetsu Endo, All Rights Reserved.
|HOME|

|当院のご紹介| ご挨拶| 私の癌の捉え方| がん手当ての特長| 診療のご案内| 往診| 地図| 受診の際のお願い|

|治療師の紹介| プロフィール| 私の癌手当ての歩み| 癌への鍼灸始める| 癌自然退縮を知る| 玄米菜食を学ぶ| ビワ葉療法を知る自然療法を学ぶ| 千百人集会手伝う| 砂療法を体験する| シルバ-バ-チ霊訓| スピリチュアリズム| レイキを学ぶ| 緩和ケア病棟往診| オイルマッサージ| ハープによる祈り| 霊的治療の開始| 私の目指すもの|

|当院の癌治療| 癌の自然療法・手当| ビワの葉温灸| ビワ葉温灸の仕方| アミグダリン| 生姜湿布| 里芋パスター| そばパスター| |そばパスターQ&A| オイルマッサージ| 癌への影響| ビワ葉塩温石| へそ灸| 生姜灸| にんにく灸|

|癌に対する鍼灸| 肺癌への鍼灸| 乳癌への鍼灸| 胃癌への鍼灸| 大腸癌への鍼灸| 肝臓癌への鍼灸| 膵臓癌への鍼灸| 子宮癌への鍼灸| 卵巣癌への鍼灸| 前立腺癌への鍼灸| 癌へのはりきゅうの背後にあるもの| 鍼灸治療エッセイ-1|

|症状別癌の手当て| 抗がん剤の副作用| 吐き気、嘔吐| 食欲不振| 手足のしびれ| 湿疹| 疼痛治療薬副作用| 腸閉塞| 通過障害| 便秘| 手術後遺症| 手術痕の痛み| 皮膚の感覚麻痺| 骨転移の痛み| 腹水| 腹水Q&A| 胸水| むくみ・リンパ浮腫|

|癌を自分で治す方法| 魂を癒す| “いい人”をやめる超能者からの助言| “いい人”をやめる| 食養生| 波長の良いもの摂取| 腹八分| 食物を捧げる| 身体のケア| 半身浴|

|癌手当てエッセイ-1| 癌手当てエッセイ-2| 癌手当てエッセイ-3|

|癌の意味| それぞれの癌の意味| この世に生きる目的| 身体の健康とは| 病気とは| 苦しみ・困難とは| 癌の意味エッセイ-1| 癌の意味エッセイ-2| 日記(ブログ)| 更新履歴| メール| リンク|