小額訴訟 小額訴訟債権執行について


お問合せの際は、「こちら」をお読み下さい



             小額訴訟・小額訴訟債権執行手続きについて

 
小額訴訟手続とは、小額の金銭の支払をめぐるトラブルを速やかに解決する事を目的として、誰にでも簡単に訴訟が出来るよう手続きを簡易にした制度です。
 普通の訴訟では訴訟費用や手間・時間を考えると「泣き寝入り」してしまいがちですこの様な事件のために作られた制度で、原則として1日で審理が終わり、その日に判決が出ます。費用は収入印紙が凡そ訴額10万円ごとに1000円及び郵便切手が凡そ4〜6千円ほど掛かります。また、強制執行手続きについても同様に小額訴訟債権執行手続きがあります。

 「泣き寝入り」する前に、是非ご相談下さい。
 





お問合せの際は、「こちら」をお読み下さい

小額訴訟の特徴と要件

60万円以下「金銭支払請求」に限定されています。
例えば、貸金や敷金返還などのお金の請求は可能ですが、家屋明渡しなどは出来ません

審理は、原則1回限りで、直ちに判決が言渡されます。
(必要な場合は、何度か期日を開く場合もあります)

証拠は「書類」に限られています。証人なども審理の日に調べられる場合に限られます。

「被告(相手方)の申出による通常訴訟への移行」
「裁判所の決定による通常訴訟への移行」
被告が通常訴訟による審理を裁判所へ求めた場合や、裁判所が小額訴訟審理を相当ではないと判断した場合、小額訴訟ではなく、通常(一般的な民事訴訟)へ移行します。

分割払いや支払猶予の判決も可能です。

小額訴判決については、「小額訴訟債権執行」という、簡易迅速を目的とした強制執行方法があります。

小額訴訟判決に対する不服申立ては、異議申し立てに限り許されます。(控訴は出来ません)

訴状に貼る印紙代」は、訴額が↓
@100万円迄の部分は、価額10万円までごとに1000円
A100万円を超える部分は、価額20万円までごとに1000円

「裁判所へ提出する切手」は、管轄裁判所により異なりますので管轄裁判所にお問合せ下さい。凡そ、4千円〜6千400円といったところです。

<注意>
 小額であっても、複雑な事件や、立証が難しい、証拠が少ない事件など審理に時間が掛かりそうな事件については、
通常訴訟(一般的な民事訴訟)へ移行される場合があります。






              小額債権執行制度
 判決を取っても任意に支払わない場合、強制執行という手続きを行い、お金を回収しますが、小額訴訟判決等を取得した場合、この執行手続きも簡易迅速を目的とした、本制度を利用することができます。


この制度が利用できるのは、小額訴訟による「判決」「和解」「認諾」「和解に代わる決定」に限定されています。

強制執行を行う目的物は、金銭債権に限定されます。
(たとえば相手方の預金・給与・売掛金・貸金・賃料など)

小額訴判決については、「小額訴訟債権執行」という、簡易迅速を目的とした強制執行方法があります。

手数料「印紙代」は、相手方(執行債務者)1名ごとに4000円、納付する「切手」 は、管轄裁判所により異なりますので管轄裁判所にお問合せ下さい。凡そ、4千円〜6千円といったところです。
<注意>
 強制執行しても相手に差し押さえる財産がなければ、執行不能調書が来るだけで、その場合、差押は無意味となります。また家財道具や99万円までの現金、給与のうち21万円まで、生活保護費などは、いずれも差押えできません。


お問合せの際は、「こちら」をお読み下さい





小額訴訟手続きの流れ



訴えを起こす人(原告) 簡易裁判所の手続き
訴状提出 訴状の受理
期日の連絡を受ける 第一回期日の指定
(およそ1ヶ月〜2ヶ月後に指定)
答弁書受理 被告より答弁書を受取る
証拠書類・証人の準備
第一回期日(審理) 第一回期日(審理)
判      決
判決を取ったが相手方が任意に支払わない・・
小額訴訟債権執行の申立 債務者・第三債務者への送達
債権(判決を受けたお金)の取立て



お問合せの際は、「こちら」をお読み下さい




045−680−0336

本文へジャンプ




 地図・アクセス  事務所紹介  司法書士とは? 個人情報保護方針    リ ン ク
トップページ
裁判に関する事
訴状・答弁書など
差押え(債権差押など)
敷金の返還請求
小額訴訟・即決和解
離婚・家事審判・調停
不動産立退き・明渡し
競売手続・物件購入
内容証明郵便など
借金(多重債務)
任意整理
過払金返還
自己破産
民事再生
特定調停
債務整理の費用
悪質商法トラブル
契約解除・取消し
相続に関する問題
相続に伴う手続き
遺言書・遺産分割
相続放棄・家事審判等
成年後見
不動産登記
会社の登記

神奈川県司法書士会会員

お問合せの際は、ご案内をお読み下さい。

メールでのお問合せ →

小額訴訟小額裁判手続き 横浜市 法律相談 司法書士 費用 小額訴訟債権執行 答弁書 準備書面 債務整理 過払い 差押え 神奈川県 中区 西区 保土ケ谷区 旭区 南区 瀬谷区 鶴見区 神奈川区 港北区 緑区 青葉区 都筑区 栄区 泉区 戸塚区 南区 金沢区 磯子区 港南区 藤沢市 大和市 海老名市 綾瀬市 茅ケ崎市 川崎市 横須賀市

お問合せ
池田司法書士事務所