ホーム ATL/WTL
コンボボックス
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2007/03/21
PR
 WTLでは標準コントロールのコンボボックスコントロールをCComboBoxT というクラステンプレートでカプセル化しています。 テンプレート引数にはクラスを指定しますが、 そのクラスはCComboBoxTの基底クラスとして使用されます。 atlctrls.hヘッダではtypedefによって次のように宣言されています。

// atlctrls.h
typedef CComboBoxT<ATL::CWindow>   CComboBox;
			

これは、CComboBoxクラスはCWindowクラスの派生クラスであることを意味します。

 WTLのCComboBoxクラスは、MFCの同名のクラスとほぼ同じメンバ関数を用意しています。 以下に示すのは、CComboBoxクラスを使用して、 カレントディレクトリにあるファイル一覧をコンボボックスコントロールに表示する例です。 コンボボックスコントロールでファイル名を選択すると、スタティックコントロールにファイルサイズを表示します。


プロジェクトファイル ダウンロード
// stdafx.h
#pragma once

#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
#include <atlmisc.h>
#include <atlctrls.h>  // コントロール用クラスを使用するため
			

// MainDlg.h
#pragma once

class CMainDlg : public CDialogImpl<CMainDlg>
{
public:
    enum { IDD = IDD_MAINDLG };

    CComboBox m_combo_dir;    // ファイル名表示用
    CStatic m_static_size;    // ファイルサイズ表示用

    BEGIN_MSG_MAP(CMainDlg)
        MSG_WM_INITDIALOG(OnInitDialog)
        COMMAND_HANDLER_EX(IDC_COMBO_DIR, CBN_SELCHANGE, OnComboSelChange)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(IDOK, OnOK)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(IDCANCEL, OnCancel)
    END_MSG_MAP()

    BOOL OnInitDialog(CWindow wndFocus, LPARAM lInitParam){
        // スクリーンの中央に配置
        CenterWindow();

        // 大きいアイコン設定
        HICON hIcon = AtlLoadIconImage(IDR_MAINFRAME, LR_DEFAULTCOLOR,
            ::GetSystemMetrics(SM_CXICON), ::GetSystemMetrics(SM_CYICON));
        SetIcon(hIcon, TRUE);
        
        // 小さいアイコン設定
        HICON hIconSmall = AtlLoadIconImage(IDR_MAINFRAME, LR_DEFAULTCOLOR,
            ::GetSystemMetrics(SM_CXSMICON), ::GetSystemMetrics(SM_CYSMICON));
        SetIcon(hIconSmall, FALSE);

        // コントロール設定
        m_combo_dir = GetDlgItem(IDC_COMBO_DIR);
        m_static_size = GetDlgItem(IDC_STATIC_SIZE);

        m_combo_dir.Dir(DDL_READWRITE, _T("*.*"));

        return TRUE;
    }

    void OnComboSelChange(UINT uNotifyCode, int nID, CWindow wndCtl){
        int nIndex = m_combo_dir.GetCurSel();
        if(nIndex != CB_ERR){
            CString strFile;
            m_combo_dir.GetLBText(nIndex, strFile);

            CFindFile find;
            if(find.FindFile(strFile)){
                CString strSize;
                strSize.Format(_T("ファイルサイズ: %ldバイト"), find.GetFileSize());
                m_static_size.SetWindowText(strSize);
            }
        }
    }

    void OnOK(UINT uNotifyCode, int nID, CWindow wndCtl){
        EndDialog(nID);
    }

    void OnCancel(UINT uNotifyCode, int nID, CWindow wndCtl){
        EndDialog(nID);
    }
};
			

// SampleProject.cpp
#include "stdafx.h"
#include "resource.h"
#include "MainDlg.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, 
    HINSTANCE /*hPrevInstance*/, LPTSTR /*lpstrCmdLine*/, int /*nCmdShow*/)
{
    HRESULT hRes = ::CoInitialize(NULL);
    ATLASSERT(SUCCEEDED(hRes));

    ::DefWindowProc(NULL, 0, 0, 0L);

    AtlInitCommonControls(ICC_BAR_CLASSES);

    hRes = _Module.Init(NULL, hInstance);
    ATLASSERT(SUCCEEDED(hRes));

    CMainDlg dlg;
    int nRet = (int) dlg.DoModal();

    _Module.Term();
    ::CoUninitialize();

    return nRet;
}
			

 まず、リソースを作成します。ダイアログにコンボボックスコントロールとスタティックコントロールを配置し、 それぞれの[Caption]と[ID]を次のように設定します。なお、コンボボックスコントロールの [プロパティ]では[Type]を[ドロップダウン リスト]に設定します。

コントロール名 Caption ID
コンボボックス - IDC_COMBO_DIR
スタティック ファイルサイズ : IDC_STATIC_SIZE

 次に、stdafx.hヘッダでは、CComboBoxクラスとCStaticクラスを使用するためにatlctrls.hヘッダをインクルードします。

 CMainDlgクラスでは、まず、コンボボックスコントロールとスタティックコントロール用に それぞれCComboBoxクラスとCStaticクラスのインスタンスをメンバ変数として宣言します。 これを使うためには、WM_INITDIALOGメッセージハンドラでコントロールのハンドルを代入する必要があります。

 次に、WM_INITDIALOGメッセージハンドラでDir()を呼び出して、 コンボボックスコントロールにカレントディレクトリ内のファイル名一覧を表示します。

 次に、通知コードがCBN_SELCHANGEのコンボボックスコントロール用WM_COMMANDメッセージハンドラとしてOnComboSelChange()を追加します。 このハンドラ関数ではGetLBText()を呼び出して現在選択されているアイテム(ファイル名)を取得し、 そのファイルサイズをスタティックコントロールに表示します。