ホーム ATL/WTL
WTL8.1.9127 から WTL8.1.11324 への変更点
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2011/12/04
PR
ファイルの追加または削除
  • VC++10.0(VisualStudio2010)用のAppWizardを追加。
  • atlribbon.hを追加。
  • サンプルにMTPad7を追加。

クラスの追加または削除
  • CRibbonUpdateUIを追加。
  • CRibbonFrameWindowImplを追加。
  • CRibbonMDIFrameWindowImplを追加。
  • CRibbonPersistを追加。
  • CRegKeyExを追加。
  • CAutoUpdateUIを追加。

CListViewCtrl
  • SelectItem()で複数選択スタイルの場合はSetItemState()を呼び出すように変更。

CCommandBarCtrl
  • CCommandBarCtrlImpl::_AddVistaBitmapsFromImageList()でGetDC()の代わりにCClientDCを使うように変更。
  • CCommandBarCtrlImpl::_ReplaceVistaBitmapFromImageList()でGetDC()の代わりにCClientDCを使うように変更。

CHyperLink
  • HLINK_AUTOCREATELINKFONTとHLINK_SINGLELINEを定義。
  • CHyperLinkImplのメンバ変数m_hFontをm_hFontLinkに変更。
  • CHyperLinkImplのメンバ変数m_bInternalNormalFontを追加。
  • CHyperLinkImplのコンストラクタでm_bInternalNormalFontを初期化。
  • CHyperLinkImplのデストラクタでDeleteObject()を削除。
  • CHyperLinkImpl::SetLinkFont()でCalcLabelRect()を呼び出すように変更。
  • CHyperLinkImpl::GetIdealHeight()で単一行かどうかを考慮。
  • CHyperLinkImpl::GetIdealSize()で単一行かどうかを考慮。
  • CHyperLinkImpl::SubclassWindow()でm_hFontNormalがNULLの場合はWM_GETFONTメッセージを送信するように変更。
  • CHyperLinkImpl::CreateLinkFontFromNormal()を追加。
  • CHyperLinkImpl::OnDestroy()でフォントハンドルの後処理を追加。
  • CHyperLinkImpl::OnSetFont()で新しいフォントを作成するように変更。
  • CHyperLinkImpl::Init()でAtlCreateControlFont()を呼び出すように変更。
  • CHyperLinkImpl::Init()でCRegKeyの代わりにCRegKeyExを使うように変更。
  • CHyperLinkImpl::CalcLabelRect()で単一行かどうかを考慮。
  • CHyperLinkImpl::DoPaint()で単一行かどうかを考慮。
  • CHyperLinkImpl::IsAutoCreateLinkFont()を追加。
  • CHyperLinkImpl::IsSingleLine()を追加。

CPaneContainer
  • CPaneContainerImplのメンバ変数m_hFontとm_bInternalFontを追加。
  • CPaneContainerImplのコンストラクタでm_hFontとm_bInternalFontを初期化。
  • CPaneContainerImpl::OnCreate()でフォントを作成するように変更。
  • CPaneContainerImpl::OnDestroy()を追加。
  • CPaneContainerImpl::OnGetFont()を追加。
  • CPaneContainerImpl::OnSetFont()を追加。
  • CPaneContainerImpl::CalcSize()でGetStockObject()を呼び出すように変更。
  • CPaneContainerImpl::GetTitleFont()でm_hFontを返すように変更。
  • CPaneContainerImpl::DrawPaneTitle()で垂直タイトルを描画するように変更。

CTabView
  • CTabViewImplのメンバ変数m_bNoTabDragとm_bInternalFontを追加。
  • CTabViewImplのコンストラクタでm_bNoTabDragとm_bInternalFontを初期化。
  • CTabViewImpl::OnDestroy()でフォントハンドルの後処理を追加。
  • CTabViewImpl::OnGetFont()を追加。
  • CTabViewImpl::OnSetFont()を追加。
  • CTabViewImpl::OnTabLButtonDown()でm_bNoTabDragがfalseの場合にドラッグするように変更。
  • CTabViewImpl::CreateTabControl()でAtlCreateControlFont()を呼び出すように変更。

CWinDataExchange
  • _getSel()を追加。
  • _setSel()を追加。
  • DDX_Index()を追加。

CFolderDialog
  • CFolderDialogImpl::SetOKText()でSendMessageの引数を修正。

CEditFindReplaceImpl
  • UseShadowBuffer()でm_bShadowBufferNeededがFALSEではない場合にtrueを返すように変更。

CFrameWindowImpl
  • CFrameWindowImplBase::CreateSimpleToolBarCtrl()でAtlGetDefaultGuiFont()の代わりに::GetStockObject()を呼び出すように修正。
  • CFrameWindowImplBase::UpdateBarsPosition()で::InvalidateRect()の第3引数にTRUEを指定するように変更。

CUpdateUI
  • CUpdateUIBaseの_AtlUpdateUIDataにm_nIDFirstとm_nIDLastを追加。
  • CUpdateUIBase::OnInitMenuPopup()で::CheckMenuRadioItem()を呼び出すように変更。
  • CUpdateUIBase::UISetRadioMenuItem()を追加。

CLogFont
  • SetHeight()でhDCがNULLの場合は::GetDC()/::ReleaseDC()を呼び出すように変更。
  • GetHeight()でhDCがNULLの場合は::GetDC()/::ReleaseDC()を呼び出すように変更。
  • GetDeciPointHeight()でhDCがNULLの場合は::GetDC()/::ReleaseDC()を呼び出すように変更。
  • SetHeightFromDeciPoint()でhDCがNULLの場合は::GetDC()/::ReleaseDC()を呼び出すように変更。

CDC
  • GradientFillRect()を追加。

CRecentDocumentList
  • CRecentDocumentListBase::ReadFromRegistry()でCRegKeyの代わりにCRegKeyExを使うように変更。
  • CRecentDocumentListBase::WriteToRegistry()でCRegKeyの代わりにCRegKeyExを使うように変更。

CSplitterImpl
  • SPLIT_GRADIENTBARとSPLIT_FIXEDBARSIZEを定義。
  • コンストラクタでm_cxySplitBarを4に初期化。
  • DrawSplitterBar()でrectを0で初期化するように変更。
  • DrawSplitterBar()でSPLIT_GRADIENTBARスタイルに対応。
  • DrawSplitterPane()でrectを0で初期化するように変更。
  • OnCreate()で派生クラスのGetSystemSettings()を呼び出すように変更。
  • OnMouseActivate()でrcPaneを0で初期化するように変更。
  • OnSettingChange()で派生クラスのGetSystemSettings()を呼び出すように変更。
  • UpdateSplitterLayout()でrectを0で初期化するように変更。
  • DrawGhostBar()でrectを0で初期化するように変更。
  • DrawGhostBar()で::MapWindowPoints()とOffsetRect()を呼び出すように変更。
  • GetSystemSettings()でSPLIT_FIXEDBARSIZEスタイルに対応。

CMenu
  • _ATL_VERを0x800ではなく0x0800と比較するように変更。

CAppInfoBase
  • CRegKeyの代わりにCRegKeyExを使うように変更。

CRichInkCtrl
  • Undo()を追加。
  • SetSel()を追加。
  • GetSel()/ReplaceSel()でVT_DRAWINGVIEWスタイルをチェック。

CDocListCtrl
  • Create()で::lstrcpyn()の代わりにSecureHelper::strncpy_x()を使うように変更。

CTTStatic
  • SetToolTipText()で::lstrcpy()の代わりにSecureHelper::strcpy_x()を使うように変更。
  • SetToolTipText()で::lstrcat()の代わりにSecureHelper::strcat_x()を使うように変更。

CTTButton
  • SetToolTipText()で::lstrcpy()の代わりにSecureHelper::strcpy_x()を使うように変更。
  • SetToolTipText()で::lstrcat()の代わりにSecureHelper::strcat_x()を使うように変更。

その他
  • readme.htm の Copyright に WTL Team を追加。
  • readme.htm で7番目の公式リリースであり、CPLの元では3番目のリリースであることを明記。
  • readme.htm でサポートプラットフォームに Visual C++ 2008 と Visual C++ 2010 を明記。
  • readme.htm で Windows CE 開発環境として Visual C++ 2008 を明記。
  • ATL/WTL Application Wizard でリボンオプションを追加。
  • ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンのOnCreate()でAtlCreateControlFont()を呼び出すように変更。
  • ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンのOnInitDialog()でAtlLoadIconImage()を呼び出すように変更。
  • ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンにリボン用コードを追加。
  • ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンの[About...]メニューから「...」を削除。
  • ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンのダイアログデフォルトフォントを「MS Shell Dlg」に変更。
  • Windows CE 用の ATL/WTL Application Wizard でWIZARD_VERSION9.0に対応。
  • Windows CE 用の ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンのOnInitDialog()でAtlLoadIconImage()を呼び出すように変更。
  • Windows CE 用の ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンの[About...]メニューから「...」を削除。
  • Windows CE 用の ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンのダイアログデフォルトフォントを「MS Shell Dlg」に変更。
  • Windows Mobile 用の ATL/WTL Application Wizard のセットアップファイルを WOW64 に対応。
  • Windows Mobile 用の ATL/WTL Application Wizard でWIZARD_VERSION9.0に対応。
  • Windows Mobile 用の ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンの[About...]メニューから「...」を削除。
  • Windows Mobile 用の ATL/WTL Application Wizard で生成したスケルトンの _SECURE_ATL を削除。
  • サンプルの[About...]メニューから「...」を削除。
  • サンプルのダイアログデフォルトフォントを「MS Shell Dlg」に変更。
  • サンプルのCRegKeyをCRegKeyExに変更。
  • サンプルのAtlGetDefaultGuiFont()を削除。
  • サンプルGuidGenでレジストリキーをグローバル変数に変更。
  • サンプルWTLExplorerからAboutダイアログリソースを削除。
  • __cplusplusが定義されていない場合のエラーメッセージを変更。
  • _ATL_VERが0x0900以上で_ATL_MIN_CRTが定義されている場合にエラーメッセージを表示するように変更。
  • _ATL_VERが0x0900以上で_SECURE_ATLが定義されていない場合に_SECURE_ATLを1に定義。
  • AtlCreateControlFont()を追加。
  • AtlCreateBoldFont()でSystemParametersInfo()を呼び出すように変更。
  • RunTimeHelper::IsThemeAvailable()を追加。
  • RunTimeHelper::IsWin7()を追加。
  • RunTimeHelper::IsRibbonUIAvailable()を追加。
  • atlcrack.hの前にatlapp.hをインクルードしていない場合はエラーメッセージを表示するように変更。
  • DDX_INDEX()を追加。
  • DDX_TAB_INDEX()を追加。
  • DDX_COMBO_INDEX()を追加。
  • DDX_LISTBOX_INDEX()を追加。
  • DDX_LISTVIEW_INDEX()を追加。
  • DIBINFO16のコンストラクタでmemcpy()の代わりにSecureHelper::memcpy_x()を呼び出すように変更。
  • AtlGetDibBitmap()でmemcpyの代わりにSecureHelper::memcpy_x()を呼び出すように変更。
  • AtlCreatePackedDib16()でmemcpyの代わりにSecureHelper::memcpy_x()を呼び出すように変更。
  • AtlSetClipboardDib16()でTRUEの代わりにFALSEと比較するように変更。
  • AtlGetClipboardDib16()でTRUEの代わりにFALSEと比較するように変更。
  • _AtlToolBarDataをatlframe.hからatluser.hに移動。
  • AtlLoadAccelerators()/AtlLoadMenu()/AtlLoadBitmap()/AtlLoadSysBitmap()/AtlLoadCursor()/AtlLoadSysCursor()/AtlLoadIcon()/AtlLoadSysIcon()/AtlLoadBitmapImage()/AtlLoadCursorImage()/AtlLoadIconImage()/AtlLoadSysBitmapImage()/AtlLoadSysCursorImage()/AtlLoadSysIconImage()/AtlLoadString()をatlmisc.hからatluser.hに移動。
  • ID_VIEW_RIBBONを定義。