ホーム ATL/WTL
カスタムリソース
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2005/04/09
PR
 WTL7.5.5002では一般的なWindowsリソースをCResourceクラスでカプセル化しています。

以下に示すのは、CResourceクラスを使用してカスタムリソースから文字列を読み込み、 読み込んだ文字列をクライアント領域に描画する例です。


// stdafx.h内
#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
#include <atlmisc.h>
			

// MainWindow.h内
class CMyWindow : public CWindowImpl<CMyWindow>,
    public CMessageFilter, public CIdleHandler
{
public:
    // ウィンドウクラス名を登録
    DECLARE_WND_CLASS(_T("Hello"));

private:
    // メッセージフィルタ処理
    virtual BOOL PreTranslateMessage(MSG* pMsg){
        return FALSE;
    }

    // アイドル処理
    virtual BOOL OnIdle(){
        return FALSE;
    }

    // メッセージマップ
    BEGIN_MSG_MAP_EX(CMyWindow)
        MSG_WM_PAINT(OnPaint)
        MSG_WM_CREATE(OnCreate)
        MSG_WM_DESTROY(OnDestroy)
    END_MSG_MAP()

    void OnPaint(HDC /*hDC*/){
        CPaintDC dc(m_hWnd);

        // カスタムリソース読み込み
        CResource resource;
        resource.Load(_T("CUSTOM"), IDR_CUSTOM_HELLO);
        LPCTSTR pText = (LPCTSTR)resource.Lock();

        CRect rect;
        GetClientRect(rect);
        dc.DrawText(pText, -1,
            rect, DT_SINGLELINE | DT_CENTER | DT_VCENTER);
    }

    LRESULT OnCreate(LPCREATESTRUCT lpcs){
        // メッセージループにメッセージフィルタとアイドルハンドラを追加
        CMessageLoop* pLoop = _Module.GetMessageLoop();
        pLoop->AddMessageFilter(this);
        pLoop->AddIdleHandler(this);
        return 0;
    }

    void OnDestroy(){
        PostQuitMessage(0);
    }
};
			

// hello.cpp内
#include "stdafx.h"
#include "resource.h"

#include "MainWindow.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
    _Module.Init(NULL, hInstance);

    CMessageLoop theLoop;
    _Module.AddMessageLoop(&theLoop);

    // 独自ウィンドウを作成
    CMyWindow wnd;
    wnd.Create(NULL, CWindow::rcDefault,
        _T("Hello, ATL/WTL"), WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE);

    int nRet = theLoop.Run();

    _Module.RemoveMessageLoop();

    _Module.Term();

    return nRet;
}
			

 まず、カスタムリソースをプロジェクトに追加します。 今回の例ではリソースタイプをCUSTOM、IDをIDR_CUSTOM_HELLOとし、 プロパティで外部ファイル「custom_hello.txt」を設定しています。



これでプロジェクトフォルダにcustom_hello.txtファイルが作成されているので、 このファイルに次のように入力して保存します。

Hello, ATL/WTL [custom resource]
			

 次に、CWindowImplクラスの派生クラスCMyWindowを作成し、 WM_PAINTメッセージハンドラでCResourceクラスのインスタンスを作成し、 Load()でリソースIDを指定してカスタムリソースを読み込み、 Lock()でカスタムリソースから文字列を取得してクライアント領域に描画します。