ホーム ATL/WTL
アイコン
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2005/02/27
PR
 WTL7.5.5002ではアイコンをCIconTという クラステンプレートでカプセル化しています。 テンプレート引数はbool値で、trueの場合はデストラクタでDestroyIcon()を呼び出し、 falseの場合は呼び出しません。atluser.hヘッダではtypedefによって次のように宣言されています。

// atluser.h内
typedef CIconT<false>  CIconHandle;
typedef CIconT<true>   CIcon;
			

以下に示すのは、CIconクラスを使用してクライアント領域の左上にアイコンを描画する例です。


// stdafx.h内
#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
			

// MainWindow.h内
class CMyWindow : public CWindowImpl<CMyWindow>,
    public CMessageFilter, public CIdleHandler
{
public:
    // ウィンドウクラス名を登録
    DECLARE_WND_CLASS(_T("Hello"));

private:
    // メッセージフィルタ処理
    virtual BOOL PreTranslateMessage(MSG* pMsg){
        return FALSE;
    }

    // アイドル処理
    virtual BOOL OnIdle(){
        return FALSE;
    }

    // メッセージマップ
    BEGIN_MSG_MAP_EX(CMyWindow)
        MSG_WM_PAINT(OnPaint)
        MSG_WM_CREATE(OnCreate)
        MSG_WM_DESTROY(OnDestroy)
    END_MSG_MAP()

    void OnPaint(HDC /*hDC*/){
        CPaintDC dc(m_hWnd);
        
        // クライアント座標(0, 0)にアイコン描画
        CIcon icon;
        icon.LoadIcon(IDR_MAINFRAME);
        icon.DrawIcon(dc, 0, 0);
    }

    LRESULT OnCreate(LPCREATESTRUCT lpcs){
        // メッセージループにメッセージフィルタとアイドルハンドラを追加
        CMessageLoop* pLoop = _Module.GetMessageLoop();
        pLoop->AddMessageFilter(this);
        pLoop->AddIdleHandler(this);
        return 0;
    }

    void OnDestroy(){
        PostQuitMessage(0);
    }
};
			

// hello.cpp内
#include "stdafx.h"
#include "resource.h"

#include "MainWindow.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
    _Module.Init(NULL, hInstance);

    CMessageLoop theLoop;
    _Module.AddMessageLoop(&theLoop);

    // 独自ウィンドウを作成
    CMyWindow wnd;
    wnd.Create(NULL, CWindow::rcDefault,
        _T("Hello, ATL/WTL"), WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE);

    int nRet = theLoop.Run();

    _Module.RemoveMessageLoop();

    _Module.Term();

    return nRet;
}
			

 まず、CIconクラスを使用するためにatluser.hヘッダをインクルードする必要がありますが、 このヘッダはatlapp.hヘッダをインクルードした時点で自動的にインクルードされています。

 次に、クライアント領域に表示するためのアイコンリソースをプロジェクトに追加し、 リソースIDをIDR_MAINFRAMEとします。



 次に、CWindowImplクラスの派生クラスCMyWindowを作成し、 WM_PAINTメッセージハンドラを追加します。 ここではCPaintDCクラスのインスタンスを作成し、 さらにCIconクラスのインスタンスを作成してLoadIcon()でリソースIDを指定してアイコンリソースを読み込み、 DrawIcon()でアイコンをクライアント領域の左上の座標(0, 0)に描画します。