ホーム ATL/WTL
UI更新ハンドラ - ツールバー
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2004/10/02
PR
 前回はポップアップメニューアイテムの更新ハンドラを追加しましたが、 今回はそれに加えてツールバーの更新ハンドラを追加します。


// stdafx.h内
#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
#include <atlmisc.h>
#include <atlframe.h> // CFrameWindowImplクラスを使用するため
			

// MainWindow.h内
// メインウィンドウの基底クラスをCFrameWindowImplに変更
class CMyWindow : public CFrameWindowImpl<CMyWindow>,
    public CMessageFilter, public CIdleHandler, public CUpdateUI<CMyWindow>
{
public:
    // ウィンドウクラス名、共通リソースID、スタイル、背景色を登録
    DECLARE_FRAME_WND_CLASS_EX(_T("Hello"), IDR_MAINFRAME,
        CS_HREDRAW | CS_VREDRAW | CS_DBLCLKS, COLOR_WINDOW)

    // UI更新ハンドラマップ
    BEGIN_UPDATE_UI_MAP(CMyWindow)
        UPDATE_ELEMENT(ID_MENUITEM_TOPMOST, UPDUI_MENUPOPUP | UPDUI_TOOLBAR)
    END_UPDATE_UI_MAP()

private:
    // メッセージフィルタ処理
    virtual BOOL PreTranslateMessage(MSG* pMsg){
        // 基底クラスのPreTranslateMessageを呼び出す
        return CFrameWindowImpl<CMyWindow>::PreTranslateMessage(pMsg);
    }

    // アイドル処理
    virtual BOOL OnIdle(){
        UIUpdateToolBar();
        return FALSE;
    }

    // メッセージマップ
    BEGIN_MSG_MAP_EX(CMyWindow)
        MSG_WM_PAINT(OnPaint)
        MSG_WM_CONTEXTMENU(OnContextMenu)
        MSG_WM_CREATE(OnCreate)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_TOPMOST, OnMenuTopmost)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_HELLO, OnMenuHello)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_EXIT, OnMenuExit)
        CHAIN_MSG_MAP(CUpdateUI<CMyWindow>)         // CUpdateUIクラスへチェーン
        CHAIN_MSG_MAP(CFrameWindowImpl<CMyWindow>)  // CFrameWindowImplクラスへチェーン
    END_MSG_MAP()

    void OnPaint(HDC /*hDC*/){
        CPaintDC dc(m_hWnd);
        CRect rect;
        GetClientRect(rect);
        dc.DrawText(_T("Hello, ATL/WTL"), -1,
            rect, DT_SINGLELINE | DT_CENTER | DT_VCENTER);
    }

    void OnContextMenu(HWND hWnd, CPoint pt){
        // [Shift]+[F10]キーが押された場合は座標をクライアント領域の左上に設定
        if(pt.x == -1 && pt.y == -1){
            pt.SetPoint(0, 0);
            ClientToScreen(&pt);
        }

        // 座標がクライアント領域内の場合のみポップアップメニューを表示
        CRect rc;
        GetClientRect(&rc);
        ClientToScreen(&rc);
        if(rc.PtInRect(pt)){
            CMenu menuPopup;
            menuPopup.LoadMenu(IDR_MENU_POPUP);
            menuPopup.GetSubMenu(0).TrackPopupMenu(
                TPM_LEFTALIGN | TPM_TOPALIGN | TPM_LEFTBUTTON, pt.x, pt.y, m_hWnd);
        }else{
            SetMsgHandled(false);
        }
    }

    LRESULT OnCreate(LPCREATESTRUCT lpcs){
        // リバーを作成
        CreateSimpleReBar();

        // ツールバーを作成してバンドに追加
        HWND hWndToolBar = CreateSimpleToolBarCtrl(m_hWnd,
            IDR_MAINFRAME, FALSE, ATL_SIMPLE_TOOLBAR_PANE_STYLE);
        AddSimpleReBarBand(hWndToolBar);
        UIAddToolBar(hWndToolBar);

        // ステータスバーを作成
        CreateSimpleStatusBar();

        // [常に手前に表示]メニューのチェックマーク設定
        UISetCheck(ID_MENUITEM_TOPMOST, false);

        // メッセージループにメッセージフィルタとアイドルハンドラを追加
        CMessageLoop* pLoop = _Module.GetMessageLoop();
        pLoop->AddMessageFilter(this);
        pLoop->AddIdleHandler(this);
        return 0;
    }

    void OnMenuTopmost(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        bool bTopmost = !(UIGetState(nID) & UPDUI_CHECKED);
        SetWindowPos(bTopmost ? HWND_TOPMOST : HWND_NOTOPMOST,
            0, 0, 0, 0, SWP_NOSIZE | SWP_NOMOVE | SWP_SHOWWINDOW);
        UISetCheck(nID, bTopmost);
    }

    void OnMenuHello(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        MessageBox(_T("Hello, ATL/WTL"));
    }

    void OnMenuExit(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        PostMessage(WM_CLOSE);
    }
};
			

// hello.cpp内
#include "stdafx.h"

#include "resource.h"

#include "MainWindow.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
    // コモンコントロール及びリバー初期化
    AtlInitCommonControls(ICC_WIN95_CLASSES | ICC_COOL_CLASSES);

    _Module.Init(NULL, hInstance);

    CMessageLoop theLoop;
    _Module.AddMessageLoop(&theLoop);

    // 独自ウィンドウを作成
    CMyWindow wnd;
    wnd.CreateEx();
    wnd.ShowWindow(nCmdShow);
    wnd.UpdateWindow();

    int nRet = theLoop.Run();

    _Module.RemoveMessageLoop();

    _Module.Term();

    return nRet;
}
			

 まず、ツールバーにボタンを一つ追加し、ID_MENUITEM_TOPMOSTというリソースIDを設定します。 これはすでに[常に手前に表示]メニューアイテム用に作成したIDです。



 次に、UI更新ハンドラマップに更新するツールバーボタンのリソースIDとUIのタイプを登録します。 ツールバーボタンのUIタイプはUPDUI_TOOLBARです。 なお、前回の[常に手前に表示]メニューアイテムと同じIDを使用しているので、 次のように追加します。

public:
    // UI更新ハンドラマップ
    BEGIN_UPDATE_UI_MAP(CMyWindow)
        UPDATE_ELEMENT(ID_MENUITEM_TOPMOST, UPDUI_MENUPOPUP | UPDUI_TOOLBAR)
    END_UPDATE_UI_MAP()
			

 次に、CMyWindow::OnIdle()UIUpdateToolBar()を呼び出します。 前回のポップアップメニューアイテムの場合はWM_INITMENUPOPUPメッセージが送られたタイミングで更新されましたが、 それ以外のUI(今回の例ではツールバー)の場合はアイドル時に更新用メンバ関数を呼び出して更新します。 このため、CUpdateUIクラスはツールバーも含めて次のような更新用メンバ関数を用意しています。

メンバ関数名 説明
UIUpdateMenuBar メニューバー(トップレベルのメニューアイテム)を更新
UIUpdateChildWindows 子ウィンドウを更新
UIUpdateToolBar ツールバーを更新
UIUpdateStatusBar ステータスバーを更新

 次に、CMyWindow::OnCreate()UIAddToolBar()を呼び出します。 UIAddToolBar()の引数には、更新するツールバーのハンドルを指定します。 UI更新ハンドラは、ここで指定されたハンドルで識別されるツールバーに対して更新処理を行います。 CUpdateUIクラスはツールバーも含めて次のようなハンドル追加用メンバ関数を用意しています。

メンバ関数名 説明
UIAddMenuBar メニューバー(トップレベルのメニューアイテム)のハンドルを追加
UIAddChildWindowContainer 子ウィンドウのハンドルを追加
UIAddToolBar ツールバーのハンドルを追加
UIAddStatusBar ステータスバーのハンドルを追加

 こうして、CMyWindow::OnMenuTopmost()UISetCheck()によって チェックマークの付加と消去が切り替えられるたびに、 ツールバーのボタンも押された状態と押されていない状態が切り替わります。

ここで注意しなければならないのは、UISetCheck()を呼び出した直後に ツールバーのボタンの状態が更新されるのではなく、 あくまでも、UISetCheck()を呼び出した後のアイドル時に、 UI更新ハンドラによって自動的に更新されるということです。