ホーム ATL/WTL
シンプルステータスバー
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2004/10/02
PR
 ここでは、前回のリバーを追加した「Hello, ATL/WTL」プログラムにステータスバーを追加します。 CFrameWindowImplクラスには簡単なステータスバーを作成するために CreateSimpleStatusBar()というメンバ関数が用意されています。


// stdafx.h内
#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
#include <atlmisc.h>
#include <atlframe.h> // CFrameWindowImplクラスを使用するため
			

// MainWindow.h内
// メインウィンドウの基底クラスをCFrameWindowImplに変更
class CMyWindow : public CFrameWindowImpl<CMyWindow>,
    public CMessageFilter, public CIdleHandler
{
public:
    // ウィンドウクラス名、共通リソースID、スタイル、背景色を登録
    DECLARE_FRAME_WND_CLASS_EX(_T("Hello"), IDR_MAINFRAME,
        CS_HREDRAW | CS_VREDRAW | CS_DBLCLKS, COLOR_WINDOW)

private:
    // メッセージフィルタ処理
    virtual BOOL PreTranslateMessage(MSG* pMsg){
        // 基底クラスのPreTranslateMessageを呼び出す
        return CFrameWindowImpl<CMyWindow>::PreTranslateMessage(pMsg);
    }

    // アイドル処理
    virtual BOOL OnIdle(){
        return FALSE;
    }

    // メッセージマップ
    BEGIN_MSG_MAP_EX(CMyWindow)
        MSG_WM_PAINT(OnPaint)
        MSG_WM_CONTEXTMENU(OnContextMenu)
        MSG_WM_CREATE(OnCreate)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_HELLO, OnMenuHello)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_EXIT, OnMenuExit)
        CHAIN_MSG_MAP(CFrameWindowImpl<CMyWindow>)  // CFrameWindowImplクラスへチェーン
    END_MSG_MAP()

    void OnPaint(HDC /*hDC*/){
        CPaintDC dc(m_hWnd);
        CRect rect;
        GetClientRect(rect);
        dc.DrawText(_T("Hello, ATL/WTL"), -1,
            rect, DT_SINGLELINE | DT_CENTER | DT_VCENTER);
    }

    void OnContextMenu(HWND hWnd, CPoint pt){
        // [Shift]+[F10]キーが押された場合は座標をクライアント領域の左上に設定
        if(pt.x == -1 && pt.y == -1){
            pt.SetPoint(0, 0);
            ClientToScreen(&pt);
        }

        // 座標がクライアント領域内の場合のみポップアップメニューを表示
        CRect rc;
        GetClientRect(&rc);
        ClientToScreen(&rc);
        if(rc.PtInRect(pt)){
            CMenu menuPopup;
            menuPopup.LoadMenu(IDR_MENU_POPUP);
            menuPopup.GetSubMenu(0).TrackPopupMenu(
                TPM_LEFTALIGN | TPM_TOPALIGN | TPM_LEFTBUTTON, pt.x, pt.y, m_hWnd);
        }else{
            SetMsgHandled(false);
        }
    }

    LRESULT OnCreate(LPCREATESTRUCT lpcs){
        // リバーを作成
        CreateSimpleReBar();

        // ツールバーを作成してバンドに追加
        HWND hWndToolBar = CreateSimpleToolBarCtrl(m_hWnd,
            IDR_MAINFRAME, FALSE, ATL_SIMPLE_TOOLBAR_PANE_STYLE);
        AddSimpleReBarBand(hWndToolBar);

        // ステータスバーを作成
        CreateSimpleStatusBar();
        
        // メッセージループにメッセージフィルタとアイドルハンドラを追加
        CMessageLoop* pLoop = _Module.GetMessageLoop();
        pLoop->AddMessageFilter(this);
        pLoop->AddIdleHandler(this);
        return 0;
    }

    void OnMenuHello(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        MessageBox(_T("Hello, ATL/WTL"));
    }

    void OnMenuExit(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        PostMessage(WM_CLOSE);
    }
};
			

// hello.cpp内
#include "stdafx.h"

#include "resource.h"

#include "MainWindow.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
    // コモンコントロール及びリバー初期化
    AtlInitCommonControls(ICC_WIN95_CLASSES | ICC_COOL_CLASSES);

    _Module.Init(NULL, hInstance);

    CMessageLoop theLoop;
    _Module.AddMessageLoop(&theLoop);

    // 独自ウィンドウを作成
    CMyWindow wnd;
    wnd.CreateEx();
    wnd.ShowWindow(nCmdShow);
    wnd.UpdateWindow();

    int nRet = theLoop.Run();

    _Module.RemoveMessageLoop();

    _Module.Term();

    return nRet;
}
			

 まず、リソースIDがATL_IDS_IDLEMESSAGEという文字列リソースを追加します。 これはアイドル時にステータスバーに表示される文字列です。ここでは「レディ」としておきます。



 次に、CMyWindowクラスのOnCreate()内で、 CreateSimpleStatusBar()を呼び出してステータスバーを作成します。

なお、CreateSimpleStatusBar()には2つバージョンがあります。 両方とも3つの引数を指定できますが、 一方は第1引数にアイドル時に表示する文字列を指定するもので、 他方は第1引数にアイドル時に表示する文字列リソースのIDを指定するものです。 後者はすべての引数を省略可能です。 今回はすべての引数を省略したので後者が使用されます。 この場合、第1引数にはデフォルト引数としてATL_IDS_IDLEMESSAGEが指定されます。 両バージョンとも第2引数はステータスバーのスタイルです。デフォルト引数は次のスタイルです。

// atlframe.h内
WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_CLIPCHILDREN | WS_CLIPSIBLINGS | SBARS_SIZEGRIP
			

両バージョンとも第3引数は識別子です。デフォルト引数はATL_IDW_STATUS_BARです。

どちらのバージョンのCreateSimpleStatusBar()も結果的に内部で::CreateStatusWindow()を呼び出しており、 その呼び出しによって得られたステータスバーのハンドルを、 CFrameWindowImplクラスの基底クラスであるCFrameWindowImplBase クラスのm_hWndStatusBarというHWND型のメンバ変数に代入します。

CFrameWindowImplクラスの基底クラスであるCFrameWindowImplBaseクラスにはWM_MENUSELECTメッセージハンドラが用意されています。 このため、メニューを選択したときのWM_MENUSELECTメッセージが チェーン先のCFrameWindowImplクラスに送られると、 自動的にm_hWndStatusBarで識別されたステータスバーへ、 メニューリソースの[プロンプト]で設定した文字列が表示されます。