ホーム ATL/WTL
シンプルリバー
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2004/10/02
PR
 ここでは、前回のツールバーを追加した「Hello, ATL/WTL」プログラムにリバーを追加し、 そのリバーのバンドにツールバーを格納します。 CFrameWindowImplクラスには簡単なリバーを作成するためのメンバ関数が用意されています。


// stdafx.h内
#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
#include <atlmisc.h>
#include <atlframe.h> // CFrameWindowImplクラスを使用するため
			

// MainWindow.h内
// メインウィンドウの基底クラスをCFrameWindowImplに変更
class CMyWindow : public CFrameWindowImpl<CMyWindow>,
    public CMessageFilter, public CIdleHandler
{
public:
    // ウィンドウクラス名、共通リソースID、スタイル、背景色を登録
    DECLARE_FRAME_WND_CLASS_EX(_T("Hello"), IDR_MAINFRAME,
        CS_HREDRAW | CS_VREDRAW | CS_DBLCLKS, COLOR_WINDOW)

private:
    // メッセージフィルタ処理
    virtual BOOL PreTranslateMessage(MSG* pMsg){
        // 基底クラスのPreTranslateMessageを呼び出す
        return CFrameWindowImpl<CMyWindow>::PreTranslateMessage(pMsg);
    }

    // アイドル処理
    virtual BOOL OnIdle(){
        return FALSE;
    }

    // メッセージマップ
    BEGIN_MSG_MAP_EX(CMyWindow)
        MSG_WM_PAINT(OnPaint)
        MSG_WM_CONTEXTMENU(OnContextMenu)
        MSG_WM_CREATE(OnCreate)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_HELLO, OnMenuHello)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_EXIT, OnMenuExit)
        CHAIN_MSG_MAP(CFrameWindowImpl<CMyWindow>)  // CFrameWindowImplクラスへチェーン
    END_MSG_MAP()

    void OnPaint(HDC /*hDC*/){
        CPaintDC dc(m_hWnd);
        CRect rect;
        GetClientRect(rect);
        dc.DrawText(_T("Hello, ATL/WTL"), -1,
            rect, DT_SINGLELINE | DT_CENTER | DT_VCENTER);
    }

    void OnContextMenu(HWND hWnd, CPoint pt){
        // [Shift]+[F10]キーが押された場合は座標をクライアント領域の左上に設定
        if(pt.x == -1 && pt.y == -1){
            pt.SetPoint(0, 0);
            ClientToScreen(&pt);
        }

        // 座標がクライアント領域内の場合のみポップアップメニューを表示
        CRect rc;
        GetClientRect(&rc);
        ClientToScreen(&rc);
        if(rc.PtInRect(pt)){
            CMenu menuPopup;
            menuPopup.LoadMenu(IDR_MENU_POPUP);
            menuPopup.GetSubMenu(0).TrackPopupMenu(
                TPM_LEFTALIGN | TPM_TOPALIGN | TPM_LEFTBUTTON, pt.x, pt.y, m_hWnd);
        }else{
            SetMsgHandled(false);
        }
    }

    LRESULT OnCreate(LPCREATESTRUCT lpcs){
        // リバーを作成
        CreateSimpleReBar();

        // ツールバーを作成してバンドに追加
        HWND hWndToolBar = CreateSimpleToolBarCtrl(m_hWnd,
            IDR_MAINFRAME, FALSE, ATL_SIMPLE_TOOLBAR_PANE_STYLE);
        AddSimpleReBarBand(hWndToolBar);

        // メッセージループにメッセージフィルタとアイドルハンドラを追加
        CMessageLoop* pLoop = _Module.GetMessageLoop();
        pLoop->AddMessageFilter(this);
        pLoop->AddIdleHandler(this);
        return 0;
    }

    void OnMenuHello(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        MessageBox(_T("Hello, ATL/WTL"));
    }

    void OnMenuExit(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        PostMessage(WM_CLOSE);
    }
};
			

// hello.cpp内
#include "stdafx.h"

#include "resource.h"

#include "MainWindow.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
    // コモンコントロール及びリバー初期化
    AtlInitCommonControls(ICC_WIN95_CLASSES | ICC_COOL_CLASSES);

    _Module.Init(NULL, hInstance);

    CMessageLoop theLoop;
    _Module.AddMessageLoop(&theLoop);

    // 独自ウィンドウを作成
    CMyWindow wnd;
    wnd.CreateEx();
    wnd.ShowWindow(nCmdShow);
    wnd.UpdateWindow();

    int nRet = theLoop.Run();

    _Module.RemoveMessageLoop();

    _Module.Term();

    return nRet;
}
			

 まず、CMyWindowクラスのOnCreate()内で、 CreateSimpleReBar()を呼び出してリバーを作成します。

なお、CreateSimpleReBar()には2つの引数を渡すことができます。 第1引数にはリバーのスタイルを指定します。デフォルト引数はATL_SIMPLE_REBAR_STYLEです。 リバーのスタイルはatlframe.hヘッダで次のように定義されています。なお、表示上の都合で改行位置などを変更しています。

// atlframe.h内
// standard rebar styles
#if (_WIN32_IE >= 0x0400)
#define ATL_SIMPLE_REBAR_STYLE \
    (WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_BORDER | WS_CLIPCHILDREN | WS_CLIPSIBLINGS | \
    RBS_VARHEIGHT | RBS_BANDBORDERS | RBS_AUTOSIZE)
#else
#define ATL_SIMPLE_REBAR_STYLE \
    (WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_BORDER | WS_CLIPCHILDREN | WS_CLIPSIBLINGS | \
    RBS_VARHEIGHT | RBS_BANDBORDERS)
#endif //!(_WIN32_IE >= 0x0400)

// rebar without borders
#if (_WIN32_IE >= 0x0400)
#define ATL_SIMPLE_REBAR_NOBORDER_STYLE \
    (WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_CLIPCHILDREN | WS_CLIPSIBLINGS | \
    RBS_VARHEIGHT | RBS_BANDBORDERS | RBS_AUTOSIZE | CCS_NODIVIDER)
#else
#define ATL_SIMPLE_REBAR_NOBORDER_STYLE \
    (WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_CLIPCHILDREN | WS_CLIPSIBLINGS | \
    RBS_VARHEIGHT | RBS_BANDBORDERS | CCS_NODIVIDER)
#endif //!(_WIN32_IE >= 0x0400)
			

第2引数には識別子を指定します。デフォルト引数はATL_IDW_TOOLBARです。

CreateSimpleReBar()は、内部でCreateSimpleReBarCtrl()というメンバ関数を呼び出しており、 その呼び出しによって得られたリバーのハンドルを、 CFrameWindowImplクラスの基底クラスであるCFrameWindowImplBase クラスのm_hWndToolBarというHWND型のメンバ変数に代入しています。

 次に、CreateSimpleToolBarCtrl()を呼び出してツールバーを作成します。 CreateSimpleToolBarCtrl()の第1引数はメインウィンドウのハンドル、 第2引数はリソースID、第3引数はツールバーの先頭にセパレータを設定するかどうかのフラグ、 第4引数にはツールバーのスタイルを指定します。第5引数には識別子を指定できますが、 今回は省略しています。 リバーへバンドするツールバーの場合は、スタイルとしてATL_SIMPLE_TOOLBAR_PANE_STYLE を指定します。このスタイルはatlframe.hヘッダで次のように定義されています。

// atlframe.h内
// toolbar in a rebar pane
#define ATL_SIMPLE_TOOLBAR_PANE_STYLE \
    (WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_CLIPCHILDREN | WS_CLIPSIBLINGS | \
    CCS_NODIVIDER | CCS_NORESIZE | CCS_NOPARENTALIGN | TBSTYLE_TOOLTIPS | TBSTYLE_FLAT)
			

 次に、作成したツールバーをAddSimpleReBarBand()によってリバーのバンドに追加します。 今回は第1引数としてツールバーのハンドルしか指定していませんが、 第2引数にはタイトル、第3引数には新しい行に置くかどうかのフラグ、 第4引数には幅、第5引数には幅より小さくできるようにするかどうかのフラグを設定できます。

 _tWinMain()では、リバーを初期化するためにICC_COOL_CLASSESフラグを指定した AtlInitCommonControls()を呼び出します。 AtlInitCommonControls()はWin32APIのInitCommonControlsEx()関数をラップします。 今回は、よく使用されると思われるICC_WIN95_CLASSESフラグも追加しておきました。