ホーム ATL/WTL
ポップアップメニュー
ドキュメント種別 ATL/WTL に関する文書
最終更新日 2004/10/02
PR
 WTLではメニューをCMenuTというテンプレートクラスでカプセル化しています。 テンプレート引数はbool値で、trueの場合はデストラクタでDestroyMenu()を呼び出し、 falseの場合は呼び出しません。atluser.hヘッダではtypedefによって次のように宣言されています。

// atluser.h内
typedef CMenuT<false>  CMenuHandle;
typedef CMenuT<true>   CMenu;
			

 WTLのCMenuクラスはMFCの同名のクラスと同等の機能を備えています。 ここでは、CMenuクラスを使って、前回のメニューバーを追加した 「Hello, ATL/WTL」プログラムにポップアップメニューを追加します。 この例では、クライアント領域で右クリックしたときに、下の図のようなポップアップメニューが 表示されるようにします。


// stdafx.h内
#include <atlbase.h>
#include <atlapp.h>
extern CAppModule _Module;
#include <atlwin.h>

#include <atlcrack.h>
#include <atlmisc.h>
			

// MainWindow.h内
class CMyWindow : public CWindowImpl<CMyWindow>,
    public CMessageFilter, public CIdleHandler
{
public:
    // ウィンドウクラス名、メニューバーを登録
    static CWndClassInfo& GetWndClassInfo()
    {
        static CWndClassInfo wc =
        {
            {sizeof(WNDCLASSEX), CS_HREDRAW | CS_VREDRAW, StartWindowProc,
            0, 0, NULL, NULL, NULL, (HBRUSH)(COLOR_WINDOW + 1),
            MAKEINTRESOURCE(IDR_MENU_MAIN),          // メニューバー
            "Hello", NULL},
            NULL, NULL, IDC_ARROW, TRUE, 0, _T("")
        };
        return wc;
    }

private:
    // メッセージフィルタ処理
    virtual BOOL PreTranslateMessage(MSG* pMsg){
        return FALSE;
    }

    // アイドル処理
    virtual BOOL OnIdle(){
        return FALSE;
    }

    // メッセージマップ
    BEGIN_MSG_MAP_EX(CMyWindow)
        MSG_WM_PAINT(OnPaint)
        MSG_WM_CONTEXTMENU(OnContextMenu)
        MSG_WM_CREATE(OnCreate)
        MSG_WM_DESTROY(OnDestroy)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_HELLO, OnMenuHello)
        COMMAND_ID_HANDLER_EX(ID_MENUITEM_EXIT, OnMenuExit)
    END_MSG_MAP()

    void OnPaint(HDC /*hDC*/){
        CPaintDC dc(m_hWnd);
        CRect rect;
        GetClientRect(rect);
        dc.DrawText(_T("Hello, ATL/WTL"), -1,
            rect, DT_SINGLELINE | DT_CENTER | DT_VCENTER);
    }

    void OnContextMenu(HWND hWnd, CPoint pt){
        // [Shift]+[F10]キーが押された場合は座標をクライアント領域の左上に設定
        if(pt.x == -1 && pt.y == -1){
            pt.SetPoint(0, 0);
            ClientToScreen(&pt);
        }

        // 座標がクライアント領域内の場合のみポップアップメニューを表示
        CRect rc;
        GetClientRect(&rc);
        ClientToScreen(&rc);
        if(rc.PtInRect(pt)){
            CMenu menuPopup;
            menuPopup.LoadMenu(IDR_MENU_POPUP);
            menuPopup.GetSubMenu(0).TrackPopupMenu(
                TPM_LEFTALIGN | TPM_TOPALIGN | TPM_LEFTBUTTON, pt.x, pt.y, m_hWnd);
        }else{
            SetMsgHandled(false);
        }
    }

    LRESULT OnCreate(LPCREATESTRUCT lpcs){
        // メッセージループにメッセージフィルタとアイドルハンドラを追加
        CMessageLoop* pLoop = _Module.GetMessageLoop();
        pLoop->AddMessageFilter(this);
        pLoop->AddIdleHandler(this);
        return 0;
    }

    void OnDestroy(){
        PostQuitMessage(0);
    }

    void OnMenuHello(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        MessageBox(_T("Hello, ATL/WTL"));
    }

    void OnMenuExit(UINT uNotifyCode, int nID, HWND hWndCtl){
        PostMessage(WM_CLOSE);
    }
};
			

// hello.cpp内
#include "stdafx.h"

#include "resource.h"

#include "MainWindow.h"

CAppModule _Module;

int WINAPI _tWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, LPTSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
    _Module.Init(NULL, hInstance);

    CMessageLoop theLoop;
    _Module.AddMessageLoop(&theLoop);

    // 独自ウィンドウを作成
    CMyWindow wnd;
    wnd.Create(NULL, CWindow::rcDefault,
        _T("Hello, ATL/WTL"), WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE);

    int nRet = theLoop.Run();

    _Module.RemoveMessageLoop();

    _Module.Term();

    return nRet;
}
			

 まず、ポップアップメニューのためのメニューリソースをプロジェクトに追加します。メニューリソースのIDは IDR_MENU_POPUPとし、トップレベルに[index0]を、その下に[Hello]メニューアイテムと [終了]メニューアイテムを追加します。[Hello]メニューアイテムにはID_MENUITEM_HELLO、 [終了]メニューアイテムにはID_MENUITEM_EXITというIDを設定します。 なお、ID_MENUITEM_EXITというIDはすでに前回作成したものです。



 CMenuクラスはatluser.hヘッダに定義されていますが、 このヘッダはatlapp.hヘッダをインクルードした時点で自動的にインクルードされています。

 CMyWindowクラスには、まずWM_CONTEXTMENUメッセージハンドラを追加し、 そこでポップアップメニューリソースをロードしてTrackPopupMenu()によって ポップアップメニューを表示させています。

 次に、ポップアップメニューアイテムが選択されたときのコマンドメッセージハンドラを追加します。 メッセージマップにIDがID_MENUITEM_HELLOのコマンドメッセージ用のエントリを追加して、 OnMenuHello()というメッセージハンドラを呼び出すようにします。 なお、リソースIDがID_MENUITEM_EXITのコマンドメッセージハンドラは、 すでに前回作成しています。

 ところで、上の例ではメニューリソースをロードしてメニューを作成しましたが、 メニューは動的に作成することもできます。 以下に示すのは、上の例と同じポップアップメニューを動的に作成する例です。

void OnContextMenu(HWND hWnd, CPoint pt){
    // [Shift]+[F10]キーが押された場合は座標をクライアント領域の左上に設定
    if(pt.x == -1 && pt.y == -1){
        pt.SetPoint(0, 0);
        ClientToScreen(&pt);
    }

    // 座標がクライアント領域内の場合のみポップアップメニューを表示
    CRect rc;
    GetClientRect(&rc);
    ClientToScreen(&rc);
    if(rc.PtInRect(pt)){
        CMenu menuPopup;
        menuPopup.CreatePopupMenu();
        menuPopup.AppendMenu(MF_STRING, ID_MENUITEM_HELLO, _T("Hello(&H)"));
        menuPopup.AppendMenu(MF_SEPARATOR);
        menuPopup.AppendMenu(MF_STRING, ID_MENUITEM_EXIT, _T("終了(&X)"));
        menuPopup.TrackPopupMenu(
            TPM_LEFTALIGN | TPM_TOPALIGN | TPM_LEFTBUTTON, pt.x, pt.y, m_hWnd);
    }else{
        SetMsgHandled(false);
    }
}