About "Richard Strauss Gesellschaft"

シュトラウス協会について

あなたを『ばらの騎士』の世界にお誘いします!!

日本リヒャルト・シュトラウス協会入会のしおり

近代ドイツの生んだ作曲家R・シュトラウスの作品には近年ますます深い関心が寄せられるようになってきまし た。多彩 で独自の音楽世界を創造したこの作曲家のより一層の理解、普及のため、西ドイツとオーストリアでは既にR・シュトラウ ス協会が設立され、それぞれ活発な活動を行なっております。わが国でも1984年5月に日本リヒャルト・シュトラウス協 会が設立され、作曲家R・シュトラウスとその作品に関心と愛情を寄せる人たちが多数入会し、意欲的な活動を行なっております。
ただ今、下記の要領で会員を募集しておりますので、この機会にあなたもぜひご入会下さい。
入会の資格は問いません。入会申し込みも随時受け付けております。ご入会ご希望の方は、入会のご案内を郵送いたしますので、事務局宛にお電話いただくか、ご住所・お名前・お電話番号を記載の上、メールをお送りください。(事務局の電話番号、メールアドレスはこちらです)

■活動内容

  • 1)例 会:
    • 年4~6回程度 リヒャルト・シュトラウスの作品の演奏会、講演会、シンポジウム、映画会など (例会の記録をご参照下さい)
  • 2)会 報:
    • 年2部発行 例会報告、リヒャルト・シュトラウスのレコード、書籍などの紹介、会 員投稿、演奏会案内など
  • 3)年 誌:
    • 隔年1部発行 リヒャルト・シュトラウスに関する国際的な研究、情報、作品の上演記録、ディスコグラフィーなどの内容
  • 4)資料の収集および会員への貸出サーヴィス
    • 楽譜、文献、ディスクなど
  • 5)会員相互の親睦
    • 会員のためのパーティの開催、情報交換など、年末の親睦会は好評です
  • 6)その他

■会員の特典

  • 1)各例会への無料招待(一部例会優待)
  •  (一般会員・Under30・学生会員は本人、特別会員は2名、賛助会員は5名まで)
  • 2)会報の無料配布、年誌の無料配布
  • 3)資料の無料貸出利用
  • 4)ミュンヘン音楽祭の切符の予約代行
  • 5)協会が主催、または後援する催しへの優待
  •  (なお賛助会員、特別会員の方々のご芳名を会報、年誌などに掲載します)

■会 費

    • (会期:4月1日から翌年3月31日まで)
    • 学生会員  年間               3,000円 *
    • Under30 年間             4,000円 **
    • 一般会員  年間               8,000円
    • 特別会員  年間             20,000円
    • 賛助会員  年間   一口 100,000円
      • *学生会員につきましては、国内外の公的教育機関に学生として所属する30歳以下の方が対象です。入会時に学生証の写しをご提出ください。
      • **Under30につきましては、30歳以下の方が対象です。入会時に年齢を確認できるものの写しをご提出下さい。

■会費振込先

    • 三菱UFJ銀行 東京営業部 普通口座 374738
      三井住友銀行 赤坂支店 普通口座 1483654

■入会の方法

  • 入会ご希望の方は、事務局(下記)にお電話いただくか、ご住所・お名前・お電話番号を記載の上、下記メールアドレスにメールをお送りください。折り返し入会申込書等を郵送いたします。

  • お送りした入会申込書に必要事項をご記入の上、事務局宛にご返送ください。併せて、会費をお振込いただければ、会員証をお送りいたします。

  • 尚、年の途中にご入会の場合でも1年分の会費をお納めいただきますのでご了承ください。

 

※事務局

■日本リヒャルト・シュトラウス協会役員

2018年4月1日現在

名誉会長 ✝ ヴォルフガング・サヴァリッシュ ドイツ・リヒャルト・シュトラウス協会会長
初代会長 ✝ 佐治 敬三 元サントリー株式会社代表取締役社長
初代理事長 ✝ 大賀 典雄 元ソニー株式会社代表取締役社長
初代専務理事 ✝ 原田 茂生 元東京芸術大学教授
会 長 堤 剛 チェリスト
理 事 長 法眼 健作 元国連事務次長
名誉顧問 Dr. ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン ドイツ連邦共和国大使
✝ ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ  
名誉会員 ギネス・ジョーンズ  
トマス・ハンプソン  
ヘルベルト・リッパート  
✝ フランシス・トラーヴィス  
✝ アルダ・ノニ  
✝ ルチア・ポップ  
✝ 若杉 弘  
✝ ヘルマン・プライ  
顧 問 ペーター・アンダース 東京ドイツ文化センター所長
ドロテア・マーンケ ドイツ学術交流会東京事務所長
専務理事 小林 章浩 サントリーホールディングス株式会社 CSR推進部長
田辺 秀樹 一橋大学 名誉教授
常務理事 石井 宏 音楽評論家
喜多尾 道冬 中央大学 名誉教授
小森 輝彦 声楽家、東京音楽大学 教授
津野 宏 横浜国立大学 准教授
広瀬 大介 (事務局長) 青山学院大学教授
眞鍋 圭子 音楽ジャーナリスト
理 事 飯守 泰次郎 指揮者
江戸 京子 ピアニスト
尾高 忠明 指揮者
軽部 重信 公益財団法人 ソニー音楽財団 専務理事
佐々木 典子 声楽家、東京芸術大学 教授
土田 英三郎 東京芸術大学教授
ゲプハルト・ヒールシャー 元 南ドイツ新聞特派員
船山 隆 東京芸術大学 名誉教授
前田 昭雄 上野学園大学 元学長
監 事 佐々木 亮 公益財団法人サントリー芸術財団 音楽事業部長
渡部 幸世 ミュージック アンド アーツプランニン グ 代表取締役



名誉会長 故 ヴォルフガング・サヴァリッシュ
1984年発会式にて。左より田辺秀樹 前事務局長、故 原田茂生専務理事、故 大賀典雄前理事長(ソニー)。
2000年11月総会後のパーティーにて。右から三人目は喜多尾道冬常務理事。
2001年11月総会の議事進行を行う田辺 前事務局長