風香美人   トップページへ   香水の基礎百科事典トップへ 
 ・香水の用語辞典   ・香りの歴史   ・香水の分類   ・香水の効果   ・香水をつけるところ   ・香水の意外な使い方 
 ・香水の使い方あれこれ   ・絶対につけてはいけないところ   ・香水選びの注意点   ・香水の保存方法   ・香水言葉   ・ブランド解説 

★レディース香水のお店★ ★メンズ香水のお店★ ★男女兼用(ユニセックス)香水のお店★ ★フェロモン香水のお店★

春もの香水特集
★春もの香水 レディース★ ★春もの香水 メンズ★ ★春もの香水 男女兼用★ ★春もの香水 フェロモン系★




香水の使い方あれこれアイデア集


香水の使い方のあれこれアイデア集です!

ここでは、香水の使い方の基本的なものの特集です。
香水の使い方の応用編 ”香水の意外な使い方”もお読みください。
さらに、香水で失敗しないための予防策から、香水を使用するときの注意点やマナー等が盛りだくさん!
参考にして、香りある生活をさらに楽しみましょう!




香水の効果を
引き出すために

香水は、直接素肌に付けるのが一番効果的です。
香水を付けるうえでのポイントは、近づくと淡くほのかに香る
ようにすることです。香りは揮発するアルコールとともに
発散されるため、比較的体温の高いところにつけると程好く香ります。


香りを付けるところ

耳のうしろ    比較的体温が高く、ほのかに香ります。

腕の内側    腕を動かすたび、香りが広がります。

手首       静脈のうえに付けるのがポイント。非常によく香ります。

足の内側    香りは下から上へと流れるので、腿、膝、足首などは体全体から香って
            きます。

ウエスト     香りが露骨に出ないので、マナーを重視した会食等ではオススメです。

髪の毛     毛先に少し付けると動くたびに香ります。ただし会食の場ではタブーです。

体全体     香水を空中に軽く吹きかけ、その下をくぐると全身から淡く香ってきます。



香水の保存方法

香水はデリケートなもので寿命があります。
開栓したものは、出来れば一年以内に使い切ってしまうのが
理想です。しかし、ボトルが大きなものになるとなかなかそうは
いかないものです。
ひとつのボトルを2年以上持たせたい方も多いはず。そのような方は、
保存方法をちょっと工夫するだけで、香水の寿命をずっと延ばすことが
可能なのです。

まず、栓をしっかり締めて、出来るだけ箱に入れたまま保管しましょう。
これは、直射日光を当てさせないためです。
そして、できるだけ涼しいところに置き、アルコール分の蒸発を
防ぎましょう。
また、特別な香水で長持ちさせたいものならば、
しっかりラップをしたりビニールで密封して
冷蔵庫に入れて保管しましょう。この方法だと数年持ちます。

また、スプレータイプでないボトルの香水は、出来るだけ指の汚れを
中身に移さないためにも、
アトマイザー(スプレー式の小さなボトル)に移して使いましょう。

香水も時間が経ったり、分量が少なくなったりすると、色が濃くなったり
変色してくることが
あります。このような場合、エチルアルコールを一滴づつ香水にたらしては
撹拌していくと元に戻ります。


香水を楽しむ

香水は、ただ身に付けるだけでなく、色々な楽しみ方があります。
現在、世の中にある香水の種類は数千という数を下りません。
その膨大な香水の中には、様々な演出を目的として創られた香水も
多く存在します。

例えば、これでもか というほどのバラの香りで高貴な女性を演出したり、
甘〜い香りでキュートな女の子を演出したり、ちょっとシブ目の香りで
ダンディーな男性を演出したり、ひんやりとした香りでクールでカッコイイ
男性を演出したり・・・。 たくさんあります!
そんな様々な目的に合わせて香水を使い分けてみることも楽しみのひとつです。

でも・・・、毎日同じ香りばかりでは、自分も、周りの人からも飽きられてしまいますよ。(笑)
季節に合わせて、そしてあなたの生活に合わせて、それぞれあなたを最高に演出
してみてください。

香りは古来から人間の生活の一部として脈々と生き続けてきているものです。
着るものを毎日替えるように、香水も様々に使ってみてその日のあなたを演出
してみると、また楽しみがひとつ増えますよ。(笑)


また、ちょっと上級者向けの楽しみ方として、"香りを重ねる"
というものがあります。

これは、下地にコロン等の軽い香りを、さらに時間を置いて、
上から濃度の高い香水を付けるもので、うまく出来るとコロンを包み込んだ
香水が、何とも言えない良い香りを醸し出します。
ただ、これは香水同士の相性や、自分の肌に付けた香水が時間とともに
どのように変化していくか、などを熟知した上級者にのみ出来るワザです。
例えば、昼は昼用のシトラス、フローラル、そして夜は昼に付けた香水に
そのまま重ねて、夜用のシプレー、オリエンタル、または昼付けたものとは
違うシトラス、フローラルをつける、などです。
香水に慣れてきたら"香りを重ねる"方法で、デイタイム、ナイトタイム、と
香りを使い分けて妖しいあなたを演出してみるのも面白いですね。

但し、香りを同時に重ねて付けることは禁物です。
香りが充分に引き出されなくなってしまいます。



敏感肌の方は

直接香水をつけることはお勧めできませんが、工夫次第では
充分に香りを楽しめます。
衣服に付ける方法がひとつですが、これは香りが落ちにくくなるという
難点があります。
やり方としては、アイロン台に、香水を吹き付けた布、香らせたい衣服
の順に重ね、衣服から2cmほど離してアイロンをかざします。
衣服がほのかに香るようになります。
使用する香水の濃度は、できるだけオー・デ・コロンまでの濃度が良いでしょう。
香水の分類参照)

 他にも、名刺大の厚紙等に香水を吹きかけ、それをティッシュ等で包み
ポケット等に入れておくという方法もあります。
この場合も香りの落ちにくさや、間違って一緒に洗濯してしまう
おそれがあるので充分に注意しましょう。



付け具合に
注意

人間の嗅覚は、よい香りであれ不快な匂いであれ、
しばらく嗅ぎ続けているとその匂いを
感じなくなってきます。これが香水で一番ありがちな失敗"付けすぎ"
の原因のひとつです。
毎日同じ香水を付ける方は、時々周りの親しい人にチェックして
もらいましょう。

 また、このことはあなたの身近にいる人に対しても言えることです。

はじめは、あなたの香りに惹かれて折角、好印象を持ってくれたとしても、
慣れられてしまっったり、飽きられてしまっては意味がありません。
 時々、香りを変えてみてイメージチェンジをするなどして新鮮さを
失わずにいると、あなたの周りからの印象も、ずっと新鮮であり続ける
ことが可能です。

時々、別に買わないまでも、出かけついでに香水店に立ち寄ってみたり、
香水ネットショップを覘いてみたりして、自分がイメチェンする香水を
探してみたりすることも必要ですよ(笑)。
やってみると、香水には様々な種類の香りがあり、様々な形のボトルがあり、
様々な種類の色があり、それぞれ深い意味があり、、、結構楽しいものですよ!!!
 もちろん、ひとりの人間としての努力も怠ってはいけませんよ(笑)。



意外な使い方

香水は主に体に付けることを目的とされていますが、それだけでは
もったいない。
いろいろと使ってみましょう。 幾つか例をあげてみます。

玄関やリビング。普段は慣れていて気にならない家の匂いも、
 訪れた人にとっては不快な匂いに感じてしまうこともあります。
 いい香りが漂っていたら、家の住人にとっても心地よいものです。
 厚手の紙やコットン等に香水を吹き付けて玄関やリビングの入り口に
 置いておくだけで違ってきます。
 ただし、玄関等に直接吹きかけるのは避けましょう。

ドライフラワーなどに、その花の香りの香水をひと吹きすると
 違ってきます。

・また、お風呂にお気に入りの香水を2,3滴落とすだけで、
 バスルーム全体によい香りが広がり、ちょっとリッチな入浴が
 楽しめます。(但し、家族の了解は得ておきましょう)

・洗濯で、最後のすすぎの時にお好みの香水を2,3滴落とすと、
 洗濯物からほのかに良い香りが漂うようになります。
 これは、下着や、特にシーツや枕カバー等を洗濯する時にすると
 良いです。
 特に夏は、レモンやライム系のコロンを使うとかなり心地よい効果が
 期待できます。
 他の洗濯物をする時は控えた方が良いかもしれません。
 またこれも、家族の了解は得ておきましょう。

・コットンなどに香水を吹きつけ、枕元に置いておくと、
 その香水の特徴に似た催眠作用
 が得られやすくなります。目的に合わせて使い分けましょう。

財布に、名刺大の厚紙に香水を吹き付けたものを
 二つ折りにした紙に挟んで入れておくと、財布を開けるたびに
 香りが漂ってきます。

手紙、はがき等に、ほんの一滴ほど香水を落とすと、
 相手に香りのメッセージも伝えていくことができます。
 最近では、メールという手段が世に現れ、以前に比べ手紙を書くという習慣は
 かなり減ったようですが、こんな時代だからこそ直筆の手紙をもらうと、じ〜んと
 心に伝わってくるものがあります。
 直筆の手紙を出したり、もらったりしたことは、いつ以来ですか?(笑)
 そんな直筆の手紙にもうひとつ香りのメッセージを込めてみては。。。
 大切な人にプレゼントする花に”花言葉”のメッセージがあるように、
 香水にも”香水言葉”なるものがあります。
 そんな香りのメッセージを伝える手紙もちょっとステキですよね。
 もらった方にとっても、決して捨てられない手紙になることでしょう。
 年賀状や暑中見舞いなどでは、相手に対して強く印象付ける
 ことができます。

是非、お試しあれ(笑)。



絶対に付けては
いけない所

私たちの身近になった香水も、マナーとして、また危険なため、
絶対に付けてはいけない所があります。

・マナーとして、病院(お見舞いを含む)、お葬式、等はやはり
 控えたほうがいいでしょう。

・茶道をされる方も、お茶会などではお香を焚く場合がありますので
 やはり控えておいた方がいいでしょう。

・また、ちょっとフォーマルな食事会などでも、香りがキツすぎると、
 白い眼で見られがちです。
 そういった食事会の場合、食事の匂いも食事のひとつとされていることが
 少なくないからです。

直射日光に当たるところに付けると、肌にシミができる恐れがあるので、
 出来るだけ避けましょう。

真珠に付けてしまうと、真珠が溶けてしまうことがあります。
 高価なものだけに充分気を付けましょう。

・天然素材から作られる高級香料は、毛皮、シルク、コットン、レーヨン、
 アセテート、
などに直に付けると香りが落ちにくくなる上、シミになる
 ことがあります。
 できるだけ裏地に付けましょう。

  万が一シミとつくってしまった場合は、出来るだけ早いうちに、
  裏にタオルを当てて、消毒用のアルコールを軽く含ませた布で
  軽くたたいていくと、かなり落ちます。
  ただ、できるだけ専門のクリーニングに頼む方がお勧めです。

車、トイレ等、狭い場所は香りがなかなか落ちにくくなります。
 特にトイレなどに芳香剤の代わりに香水を使うことは禁物です。
 香水は、芳香を放っても消臭効果はありません。
 その上、その香水の香りが「トイレの匂い」として記憶されてしまいます。

エアコンのフィルターに吹き付けると、香水によっては時間が経つと
 好ましくない香りがすることがあります。
 これはその香水の原料に動物性香料が含まれていた為で、それが
 人間の肌との接触がなかったため、良い香りにならないまま
 ストレートに出てくるためです。

・危険な場所として、山、キャンプ等自然の多い所は、香水の種類
 によっては虫を刺激します。
  特に夏場はスズメバチに襲撃された事故が、過去、新聞を騒がせたこと
 が数回あります。

・特に女性の場合、チカンが出没する所では控えた方がベターです。
 香りは、第三者にも無差別に作用します。
 男性の多くは、女性が想像している以上に良しも悪しくも
 香りに動かされ易いものです。

香りは注意して楽しみましょうね。





 ・香水の用語辞典   ・香りの歴史   ・香水の分類   ・香水の効果   ・香水をつけるところ   ・香水の意外な使い方 
 ・香水の使い方あれこれ   ・絶対につけてはいけないところ   ・香水選びの注意点   ・香水の保存方法   ・香水言葉   ・ブランド解説 
 風香美人   トップページへ   香水の基礎百科事典トップへ 



★レディース香水のお店★ ★メンズ香水のお店★ ★男女兼用(ユニセックス)香水のお店★ ★フェロモン香水のお店★

春もの香水特集
★春もの香水 レディース★ ★春もの香水 メンズ★ ★春もの香水 男女兼用★ ★春もの香水 フェロモン系★


このページの記載のすべては著作権により保護されています。許可なく転用等することを禁じます。

アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT