検査のページ


ここでは現在の眼鏡、コンタクトレンズが適正かどうかのチェックができます。

検査1では乱視のチェックを行ないます。

通常の距離より少し近くから徐々に距離を離して放射状の線を見てください。

どの位置でも放射状の線が全て同じ太さ、濃さ、間隔で見えれば乱視はありませんが、近距離で横線がはっきり見え、遠距離で縦線がはっきり見えれば直乱視です。逆なら倒乱視です。斜線なら斜乱視です。倒乱視と斜乱視は眼精疲労の原因になりますので眼鏡、コンタクトレンズを修正しましょう。


次にレンズが強過ぎるか弱いかのチェックを行ないます。裸眼の方は近視か遠視かのチェックが出来ます。

色収差を利用した検査です。少し離れて赤背景の中のリングと緑背景のリングの見え方を比較してください。赤がはっきりすればレンズが弱いか近視です。逆に緑がはっきりすれば過矯正か遠視で毛様筋に負担が掛かりますので正しいレンズを作る必要があります。赤と緑が同じ見え方なら適正です。

RED-GRN.GIF - 6,082BYTES


トップ