〒125-0062
東京都葛飾区青戸
1−20−4
蒲コ和堂 りょうわどう
Web管理者:土屋和則
電 話 03−3693−7881


日曜、祝祭日、第1土曜定休
営業時間:9時〜18時












このページでご紹介している商品は、当社の特徴ともいえるオリジナル商品、または製造から年月を経過しているなど希少価値がある特殊な商品です。
 
 普段のお稽古用具など主だった商品のご紹介は、カタログの配布で対応しております。もしご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にカタログをご請求ください。

カタログ請求 (郵送)
プリントアウトしたカタログ
紙見本・申し込みハガキ付き

Webカタログ
PDF・カタログのみ
















坑内で採石しているところ


    製硯途中の原石   、
 端溪硯の色は総じて紫色を基調としており、その中に焦葉白、魚脳凍、火捺、翡翠条などと呼ばれる綺麗な石紋があります。

魚脳凍   火捺    翡翠条   石 眼
ご注意下さい!
 このように代表的な硯として珍重されてきた端溪硯ですが、その中でも最上質とされる老坑、坑仔巌、麻子坑の3坑に関しては、資源保護の名目で10年近く前に採石が中止されてしまいました。これにより市場に流通する量も極端に少なくなり、価格は40倍に跳ね上がりました。現在では”沙浦”という地域から採れる硯石が代用にあてられ、老坑、坑仔巌、麻子坑として出回り始めています。
 
このように現在端溪硯の流通は玉石混交(良いものとそうでない物が入り混じっている様)といった状況です。端溪硯のお買い求めに際しては知識をもった信頼できるお店でのご購入をお薦めいたします。
















硯を彫るノミ


耐水ペーパーと砥石
 当社では中国から入荷した硯を一面ごと手入れしています。
その手順はおおよそ以下の通りです。

@チェック
硯一面一面をよくながめ、縁が曲がっていないか、墨堂に凹凸はないか、墨地が狭すぎないかなどチェックします。

A改刻
硯によくない点が見つかったら、写真のノミを使って修正します。ノミの先は6〜7種類あり、彫る場所によって使い分けます。

Bノミ跡取り
彫り終わったら角切りにした荒砥をかけてノミの痕を取ります。

C荒砥の傷とり
次に耐水ペーパー(紙やすり)を目の粗いものから順にかけ、砥石でついた傷を取ります。

D目立て
墨堂に目立て用の砥石をかけて、墨堂の鋒鋩を立てます。

E仕上げ(化粧)
当社では仕上げに漆を塗っています。漆も石材に合わせて数種類を使い分け、漆を塗った硯は室の中で数日かけて乾かし、これで硯の完成です。


硯を彫ってみれば、石材そのものの質や火捺の硬さなども一目瞭然。その硯の価格決定にも役立ちます。
またお求めいただいた硯に傷をつけてしまった時の修理など
アフターケアも万全です。















硯の手入れ
 硯によって差があるのですが、ある一定期間使い続けると硯の鋒鋩に墨のニカワ分が詰まったり、鋒鋩の凸の部分が取れたりして墨のおりが悪くなってきます。この状態になると磨ってもなかなか濃くならないばかりか、墨が磨れるというより溶けるような状態になり、墨色にも悪影響を及ぼします。この状態の硯は乾いた状態で墨堂を光に当てるとテカテカと光るのでわかると思います。こうなってしまったら硯用の砥石をかけなければなりません。
砥石のかけ方
 書道用品専門店であれば硯用の砥石(5〜6cm角)を取り扱っています。この砥石を硯にかけるのですが、かけ方は墨を磨る要領とほぼ同じです。
少量の水を墨堂にたらし、墨を磨る要領で砥石をかけます。しばらくすると砥石が磨れてドロドロになるので一旦水で流し、再度砥石をかけます。3回くらいこれを繰り返せばよいでしょう。






当社取り扱い硯の特徴
@以下の硯は全て産出地に足を運び、原石を見た上で買い付けたものです。
A全て1980年代から90年代初めに採石されたもので、近年みられるような沙浦石を代用にした偽物はございません
B何れも実用を重視し長方形に作硯されています。自然形に比べると周りを落とすことになるので非常に贅沢な作りです。
C入荷後には当社にて改刻、研磨を施し、墨堂の凹凸や硯縁の曲りなどを直してあります。
D自社で改刻・研磨の技術を持っていますので、傷をつけてしまった時の修理や墨おりが悪くなった時の目立てなどアフターケアも万全です。

以下の商品は原則店頭に並んでいますが、オークションへの出品や貸し出しなどでご覧いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。






写真と現物の色合いには若干の差異があります。あらかじめご了承ください。 

また、硯が歪んで見えるのは写真が悪いためで、現物はきちんとした長方形です。




坑仔巌端渓硯 KT-81

200I134x23mm

定価¥300000

割引価格¥210000

木箱入り








坑仔巌端渓硯 KT-82

201I137x26mm

定価¥350000

割引価格¥245000

木箱入り








坑仔巌端渓硯 KT-83

203I134x22mm

定価¥500000

割引価格¥350000

木箱入り












硯各部の名称 & 墨の磨り方
墨を磨る時には墨堂に水をたらして墨を磨り、適当な濃さになったところで
墨池に落とします。同じように墨堂に水をたらし磨って墨池に落とす・・・。
この繰り返しで墨池に必要量の墨をためます。このように磨ると墨池に
大量の水を入れてかきあげながら磨るより、良い墨色が得られると言われています。
 淡墨を作るときも同様に大量の水に少しだけ磨るのではなく、濃く磨り込んだ
墨液に少しずつ水を足し、希望の濃さまで薄めると良いそうです。









老坑端渓硯 RT-41

101I68x16mm

定価¥70000

割引価格¥49000

木箱入り








老坑端渓硯 RT-51

127I85x17mm

定価¥150000

割引価格¥105000

木箱入り








老坑端渓硯 RT-61

153I102x20mm

定価¥300000

割引価格¥210000

木箱入り








老坑端渓硯 RT-62

154I102x20mm

定価¥300000

割引価格¥210000

木箱入り












 < 端溪硯坑図 >
端溪硯とは広義には中国広東省高要市一帯で採れる硯石を用いた硯をさします。
一帯には数十の硯坑(硯を掘るための坑道)があり、それぞれ硯坑によって
石の質(鋒鋩)が違い、代表的なものには老坑、坑仔巌、麻子坑、宋坑などがあります。









老坑端渓硯 RT-71

175I120I22mm

定価¥450000

割引価格¥315000

木箱入り








老坑端渓硯 RT-72

177I121x23mm

定価¥450000

割引価格¥315000

木箱入り














硯の用と美
古の人々は硯という墨を磨る道具のなかにも美を求めました。
ほどこされた彫刻を見るときに、ひとつの石塊からこの姿にするまでどれくらいの時間が必要かを考えれば、その強いこだわりが伝わってきます。

常時150面ほどを展示

ここではそれぞれの硯についてあれこれ書くまいと思います。
店内にはご紹介しているような硯が150面ほど展示されています。写真ではなかなか表現できない美しさを、手に取ってお確かめください。

写真と現物の色合いには若干の差異があります。あらかじめご了承ください。
表示の価格は消費税を含まない本体価格です。販売時には別途8%をお預かり致します。
以下の商品は原則店頭に並んでいますが、オークションへの出品や貸し出しなどでご覧いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。






部分拡大
端溪 老坑水巌硯

(推定)清代

140I93I18mm

木箱入り

価格はお問い合わせ
ください












部分拡大
端溪 老坑水巌硯

(推定)清代

155I155I15mm

木箱入り

価格はお問い合わせ
ください












部分拡大
端溪 宋坑灰蒼色硯

石眼6顆あり

(推定)清代

170I106I36mm

台蓋付

価格はお問い合わせ
ください









澄泥 ぜん魚黄硯
(ぜんは魚扁に善)

(推定)清代

162I147I29mm

木箱入り

価格はお問い合わせ
ください












部分拡大
端溪 雲龍硯

(推定)清代

247I175I36mm

木箱入り

価格はお問い合わせ
ください











端溪 臥牛硯

(推定)元代

267I186I38mm

木箱入り

価格はお問い合わせ
ください












中国歴代の王朝
各欄で(推定)〇代とあるのはその硯がいつ頃作られたかを表すものです。ただしこれは、硯の特徴(石紋、彫刻など)から推定したもので、科学的な根拠のあるものではありません。あくまでも参考としてご覧下さい。
  宋 代 : 西暦960年〜1279年
  元 代 : 1206年〜1368年
  明 代 : 1368年〜1644年
  清 代 : 1616年〜1911年
中華民国 : 1912年〜1949年
中華人民共和国 : 1949年〜
  (ここでは中華民国以降を近現代としています)









端溪 老坑淌池硯

(推定)近現代

151I99I18mm

木箱入り

販売価格30万円








歙州 魚子紋緑硯

(推定)近現代

154I132I14mm

木箱入り

販売価格15万円








歙州 水波紋硯

(推定)近現代

204I132I23mm

木箱入り

販売価格20万円








端溪 天青硯

(推定)近現代

141I115I23mm

木箱入り

販売価格15万円








端溪 天星硯

(推定)近現代

205I126I24mm

木箱入り

販売価格30万円









全ての記事、画像、コンテンツは、蒲コ和堂に帰属します。
無断転載、加工、無断引用を禁じます。