第6日目: 2006年 11月2日(木) Part1

今回のツアーで一番早起きの朝がやってきました。。。
なんと5時集合で、麺屋さんの仕込み見学です。表はまだ真っ暗。。。

本日お世話になるのは、南部の名物麺・フーティウ屋さんです。
フーティウとは、米から作られる乾麺でフォーより細い麺。 

スープは南部なので甘め。 豚骨やするめなどでダシを取ります。 

5時半頃到着すると、うっすら明るくなってきました。
この路地に店はあります。



〜仕込中〜


すでに仕込みは始まってるではないですか!
スープは、豚骨、豚足の他、豚の腸なども入ってます。
するめや大根、にんにく油も加えます。




白い麺がフーティウ。 黄色は中華麺のミー。
フーティウは完全なる乾麺ではなく、半乾き状態です。



これは、ベトナム版ビーフシチュー・ボーコー
フーティウ屋さんでは、ボーコーも出す店が多いのです。

シチューというより、かなり水を入れてシャバシャバにするのでスープのよう。
フーティウにかけるか、フランスパンにつけて食べます。




そろそろ開店で〜す。
手早くネギや豚肉を切って準備。
近くの教会のミサが終わると、混み出すようです。
早朝は、こちらで食べるお客さんより、自分で器を持参して
麺を持ち帰る人が多かった。。。


 

〜試食タイム〜


これは、フーティウとミーが半々入った「フーティウミー」
どちらも少しずつ食べられるのでお得。
ミーは弾力が強くて、スープの中につけておかないと始めは固いですが、
だんだんおいしくなってきます。
作りたてのスープは、とってもおいしい!
他の店よりも、優しい味でさっぱり、甘さもそれほど強く感じません。




気になるシチュー・ボーコーも1杯頼んで皆でお味見。
やはり、シチューというよりスープだわ。。。
牛肉が柔らかく煮えていて、さっぱり。 フランスパンとよく合います。




風呂イスのように低いイスで、ローカル気分を味わいます。


ベトナムの麺屋さんは、通常早朝から売り切れるまで営業。
この店も、麺は午前中だけ。
午後は、揚げバナナを作って売るそうです。
ホントに、ベトナム女性は働き者。

お忙しい中、お邪魔させていただき、ありがとうございました!



〜番外編〜

スープを作っている待ち時間、周辺を散策。
蒸し春巻きの屋台を発見し、皆でお味見。
皮は蒸したて!
その場で具をはさんで巻いてくれます。
持ち帰り用
上には、バジルや揚げ小たまねぎ、
ハムやもやしなどがのってます。

北部のタレより甘め。
私は南部のタレが好き。


麺屋さん見学後でも、まだ朝の7時くらい。
早起きは三文の得ですね〜(^^)
このままホテルに戻る方もいたけれど、何名かで早朝の市場散策へ行きました。
いろいろスイーツを見つけては、買い食い!

これは、卵をたくさん使ったプリンのような焼き菓子・バンガン
在住時代、大好きでした。
市場では、プリンのように氷をかけてくれました。





その後も、スーパーでお買い物、そして街へ繰り出しお買い物と、
午前中は思いっきりパワフルに活動。


ランチの様子はPart2へ↓