第1日目: 2005年 11月2日(木)

ベトナム航空・VN951便にて、14時25分ホーチミン・タンソンニャット国際空港に到着。
飛行機を降りた瞬間、ムワァ〜っとした暑さと湿気が・・・
半年ぶりに帰ってきたホーチミン♪

 

ホテルにチェックイン後、両替&中心街にショッピング!
日が暮れるまで通りを歩き、疲れてきた頃に夕食へ。



初日の夕食は、ベトナムで有名な料理研究家・Nguyen Dzoan Cam van先生の
プロデュースしたお店へ行きました。

前回のツアー終了後、友人に連れて行ってもらい気に入ったお店。
こじゃれた店で、家庭料理から郷土料理、創作料理まで食べられます。


Dzoan (ヨアン) 
住所:34 Nguyen Thi Dieu st, Q3
TEL: 08-9306120

<タニシの肉詰め>
大好物の一品♪ 
大粒タニシはサザエのような食感。。
本当はしょうがの葉をはさんで蒸しますが、
サイゴンではレモングラスを使うことが
多いのです。 ヌクチャムにつけて食べます。
Dzoan特製・揚げ春巻き>
具沢山のベトナム揚げ春きを
期待していたのに、
なんと!冷凍のクリームコロッケっぽい
料理が・・・
<カニとホワイトアスパラのスープ>
しっかり味付けしてあるけれど、優しい味の
スープです。 おいし〜

空芯菜のにんにく炒め>
シャキシャキの茎がたっぷり。
やはりベトナムに来たら、空芯菜を
たっぷり食べなければ!
ソフトシェルクラブの揚げ物・
タマリンドソースがけ>
サクサクに揚がっているけど、
ちょっと衣が多いかも・・・
もっとソフトシェルそのものの味を
楽しみたかった(>_<)
エビの青いもち米揚げ>
大きなエビフライで、パン粉の代わりに
青いもち米をまぶした料理。
サクサクしていておいしいです。


<海鮮入り土鍋ごはん>
ほんのりおこげが付いた土鍋ごはんは
絶品です。 海鮮がゴロゴロ。
<プリン>
ベトナムプリンを期待していたのに、
オリジナルの牛乳プリンでした(T_T)



夕食後は、そのままホテルに戻る人、歌謡ショーに出かけた人、マッサージに行く人など、
皆さん気ままに過ごしました。
私はというと・・・足マッサージへ♪ 
しかし、行きつけのエステが満室だったため、ローカルな店へ。
ツボに入ると気持ちいいのだけど、時折太鼓をたたくように、
体中をどんどんと叩かれるのが痛かった(>_<)

途中でバケツをひっくり返したような大雨が・・・
普通は6月から雨季に入るのになぁ〜