MLB Scoreに戻る
MLB Players Autographed Items 〜所得サイン一覧〜
一つ前に戻る

1塁手
Tony Perez 70年代ビッグレッドマシーンの中心
Tony Perez .
Orlando Cepeda 67年にはMVP。長打が魅力だった
○Willie McCovey 521本塁打、本塁打王3回の"ビッグ・マック"
Roy Sievers 57年に本塁打、打点王の2冠
Walt Doropo 50年に新人ながら144打点で打点王
Jason Giambi 00年MVP、選球眼が非常にいい
Mark McGwire 98年70本塁打、通算583本
Eddie Murray 3000安打、500本塁打を達成した3人の1人
Rod Carew 通算3023安打、首位打者6回の安打製造機
Don Mattingly 85年MVP。チャンスに強く、守備が上手かった
David Ortiz 04年、41本塁打
Bill Terry 1930年、ナリーグで最後の4割達成
Mike Sweeny 安定した中距離打者
Andres Galarraga 96年本塁打王と打点王
Jeff Bagwell 94年に打点王とMVP。選球眼がすばらしい
Vic Wertz
Bill Skowron
Rico Brogna 守備が上手かった
Eric Karros 93年新人王、95年シルバースラッガー賞
Todd Helton 三冠王に最も近い選手、守備も上手くGG賞
Pedro Guerrero 80年代初頭、3割30本を2度達成
Carlos Delgado 03年打点王
Frank Thomas 2年連続MVPの”ビッグハート”
Keith Hernandez
Keith Hernandez 守備の名手、79年MVP
Raphael Palmeiro 地味だが着実に本塁打を積み重ね500本以上
Will Clark 88年打点王、AS6回、GG1回、攻守で安定
Ron Coomer 99年ASもあまり目立った活躍なし
Scott Hatteberg 90年代は捕手、2000年代は1塁手
Rickey Jordan
Paul Sorrento
Kevin Young
Antone Williamson
2塁手
Joe Morgan ビッグレッドマシーンの2番打者、MVP2回
Ryne Sandberg 80年代を代表する選手。守備の名手
Red Shoendienst 監督としても名選手、守備の達人
Davey Lopez 通算557盗塁、盗塁王2回、監督経験も
Bobby Deer 安定した打撃で9度オールスター
Carlos Baerga 90年代の強いクリーブランドの中心打者
Roberto Alomar 8度のゴールドグラブ、将来の殿堂入り期待
Lou Collier 97年パイレーツでデビュー、目立った活躍なし
Hal McRae 首位打者、打点王獲得の経験あり
Quilvio Veras 95年に盗塁王も、01年引退
Pokey Reese
Neifi Perez Gグラブ賞受賞経験あり
Andy Stankiewicz
Jose Vizcaino
Eric Young 96年盗塁王
Pat Listach 92年新人王も、以降パッとせず
Willie Randolph 70年代のYANKSを支えたキャプテン。
Charlie Gehringer 1937年首位打者・MVP。通算2839安打
Louis Castillo 高打率、守備も一流、盗塁王2回
Orlando Hudson 安定した守備が評価され定着。将来に期待
Bobby Richardson Gグラブ賞5回の名手
Alfonso Soriano 2年連続35本35盗塁
Gil Mcdoguald 51年新人王、YANKSで5回ワールドチャンプ
Gil Mcdoguald
3塁手
George Brett MLBを代表する中距離打者、80年は打率.390
Brooks Robinson Gグラブ16年連続の史上最高の3塁守備
Mike Schmidt 80年代最高の打者。守備でもGグラブ8回
Graig Nettles 70年代を代表する選手。YANKSのキャプテンも
Robin Ventura Gグラブ賞6回、勝負強い打撃も魅力
Frank Malzone
Darell Evans 低打率も80年代を代表するホームラン打者
Ron Cay 70〜80年代、ドジャースなどで活躍
Gary Gaetti 80年代を代表する3塁手。守備が堅実な長打者
Eric Chavez Gグラブ賞の常連
Ray Knight 86年、ミラクルメッツでWシリーズMVP
Eddie Mathews 通算512本塁打、本塁打王2回
Wade Boggs 通算3010安打、首位打者5回
Wade Boggs
Shane Andrews
Scott Leius
Kevin Orie
Doug Strange
Scott Rolen 99年新人王、守備の名手
Al Rosen 50年代に活躍。実働7年間もMVP等タイトル多数
Stan Hack 1940年41年に最多安打。盗塁王2回、79年没
Drew Henson NFLとの2足のワラジも、04年からはNFL専門
Terry Pendleton 91年MVP、守備が上手かった
Matt Williams 打点王、本塁打王受賞、守備も4度GG賞
Damian Rolls Dレイズの3塁手
Edgar Martinez 首位打者2回、打点王1回
Edgardo Alfonso メッツでは4番も。オールスター1回出場
Chipper Jones 99年MVP、95年は野茂と新人王を争う
遊撃手
Cal Ripken Jr. 2632試合連続出場の鉄人
Ozzie Smith 華麗な守備で”オズの魔法使い”といわれた
○Ozzie Smith  
Alvin Dark 48年新人王。50年代の強いYANKSの1番打者
Luis Apparicio
Luis Apparicio オズが出るまで、”史上最高のショート”だった
Orlando Cabrera 走行守共に安定、04年Wチャンプ
Harvey Kuenn
Jack Wilson 守備の名手。04年は打撃が開花し201安打
Joe DeMaestri
Julio Lugo もう少し小技を覚えれば・・・
Mark Grudzilanek LAに高額で移籍したあとはパッとせず
Tim Bogar
Rafael Bouringal 7年、通算4HR、打率.251、12SB
Billy Judges 1930年代のスター。オールスター3度。97年没
Jeff Huson
Jose Valentin
Tony Womack
Walt Weiss
Kou Boudreau 1942年24歳で監督兼任に。1948年MVP
Rey Ordonez アクロバティックな守備で、3年連続Gグラブ賞
Carlos Guillen DETに移籍後、打率、長打共に成長
Derek Jeter YANKSのキャプテン、現役で最高の2番打者
AlexRodriguez 2年連続本塁打王。756本塁打期待
AlexRodriguez .
Phil Rizzuto 40〜50年代YANKS黄金期のショート、50年MVP
Phil Rizzuto
Dave Concepsion 華のある守備でビグレッドマシーンを支えた
Bucky Dent 78年のWシリーズでMVP
Alex Cora ドジャースなどでプレー。安定した守備
Pee Wee Reese オールスター出場10度、盗塁王1回、99年没
Don Zimmer 引退後はYANKなどで名コーチ
Barry Larkin 95年MVP、安定した打撃、守備
Miguel Tejada 02年MVP、勝負強い打撃が魅力
Nomar Garciaparra 2年連続首位打者、走攻守そろった中距離打者
Ernie Banks 通算512本塁打、50年代の人気選手
外野手/DH
Hank Aaron 通算755本塁打、3771安打、ルースを超えた男
Stan Musial 3630安打475本塁打、首位打者7回の”ザ・マン”
Stan Musial .
○Willie Mays 3283安打660本塁打、守備の名手”ザ・キャッチ”
Ted Williams ルースと並んで最高の打者。三冠王2回
Mickey Mantle MLBを代表するスラッガー、三冠王も
○Frank Robinson 史上唯一両リーグMVP、66年三冠王、586本塁打
○Carl Yastrzemski 67年、最後の三冠王、3419安打
Roy White 巨人にも在籍、選球眼がよかった
○Pete Rose 4256安打も野球賭博で現在永久追放中
Pete Rose .
Ken Griffey Jr. 90年代最高のスラッガー、将来殿堂期待
Al Kaline 3007安打、守備もゴールドグラブ10回
○Al Kaline
Willie Stargell 2度本塁打王、通算482本の"お父ちゃん”
Lance Barkman 02年打点王、今後に期待
Rickey Henderson 通算盗塁は1400を超え、安打も3000を超えた
○Rickey Henderson
Barry Bonds MVP5回、走攻守備えたオールラウンダー
Barry Bonds
Bobby Bonds バリーの父、30-30を4回達成、04年没
Shawn Green 40本塁打3回、守備も安定している
Reggie Jackson 通算563本塁打のミスターオクトーバー
Duke Snider 407本塁打、ブルックリンドジャースの名センター
○Duke Snider  
Harmon Killebrew 本塁打王6回、573本塁打
Harmon Killebrew .
Lou Brock 938盗塁、74年には117盗塁の盗塁王
Ralph Kiner 7年連続本塁打王
Ralph Kiner .
松井秀喜 ご存知日本のスラッガー
イチロー 01年に首位打者、MVP、新人王、盗塁王
Magglio Ordonez 4年連続3割30本100打点
Edd Roush 1919年、21年に首位打者。62年殿堂入り
Manny Ramirez 99年打点王、02年首位打者、04年本塁打王
Larry Walker 97年本塁打王、MVP。90年代を代表する打者
Dusty Rhodes コーチとして2000年代YANKSを率いる
Harold Baines 80年代から90年代に2886安打、384本塁打
Kenny Lofton 盗塁王4回
Enos Slaughter 46年打点王、85年に殿堂入り
○Tonny Gwynn 首位打者8回の安打製造機
Maury Wills ドジャースで62年104盗塁でMVP、盗塁王6回
Maury Wills  
Jose Canseco 史上初の40本塁打40盗塁、通算462本塁打
Dale Murphy 80年代のスター、2年連続MVP
Frank Howard 60年代、本塁打王2回、通算382本
Johnny Mize 40年代のスター。打点王3回、本塁打王4回
Juan Gonzalez MVP2回、チャンスに強いパワーヒッター
Dave Parker 首位打者2回、打点王1回の70年代のスター
George Shuba 50年頃ドジャースに在籍、目立った活躍なし
Sammy Sosa 98年65本塁打、00、02年本塁打王受賞
KiKi Cuyler 1920年代に4度盗塁王。50年没
Babe Herman 1930年打率.393も首位打者になれず。87年没
Riggs Stephenson 1927年.344、1929年.362.1985年没
Tuck Stainback 1930年代に13年間MLBに在籍。92年没
Carl Furillo 攻守に優れた外野手、首位打者1回、89年没
Sandy Amoros 50年代、ドジャースで活躍、92年没
Cal Abrams 50年頃、ドジャースに在籍、97年没
Darryl Strawbery 本塁打王1回、度重なる麻薬常用で追放中
Charlie Maxwell
Roy Sievers 57年に本塁打王、打点王
Paul Blair ゴールドグラブ8回受賞の名手
Louis Gonzalez 2001年に57本塁打
Matt Stairs 中日でもプレー、MLB復帰後に38本塁打
Gary Sheffild 90年首位打者、独特のスイングで400本間近
Tim Rines Sr
Tim Rines Sr 通算盗塁数は808、80年代を代表する盗塁王
Tim Rines Jr 今は親の七光りだが、将来に期待
Brett Butler 通算558盗塁。ガンからMLB復帰の経験も
Cesar Cedeno 通算550盗塁、Gグラブ賞は3度受賞
Otis Nixon 通算620盗塁、90年代最多盗塁もタイトルなし
Willie Wilson 盗塁王は1回も、通算では668盗塁
Vince Coleman 6度の盗塁王、通算752盗塁
Vince Coleman
○Kirby Puckett 小さい体で首位打者1回、打点1回、Gグラブも
Albie Person 58年新人王
Bill Virdon 55年新人王。守備が魅力だった
Andy Van Slyke Gグラブ勝5回、90年代初めのPITの3番打者
Sam Jethroe 50年新人王、50,51年盗塁王も4年で引退
Wally Moon 54年新人王、安定した中距離打者
Bo Jackson 89年、MLBとNFLでオールスター出場
Mickey Riverse 75年盗塁王。
Bobby Thompson 51年、世紀のリーグ優勝決定戦の立役者
Joe Dimaggio ”ヤンキークリッパー”、マリリン・モンローの元夫
Mookie Willson 86年のミラクルメッツ立役者
George Kell 地味だが通算2054安打、首位打者1回
Pat Borders 92年のブルージェイズ優勝時のシリーズMVP
Mark Kotsay サンディエゴの主砲、安定した打率
Dave Justice プレーオフの常連、元妻は女優ハル・ベリー
Dave Winfield 3000安打、400本塁打を達成
Garett Anderson 打率は280を切ったことの無い安定した中距離砲
Albert Pujols 01年新人王、将来三冠王期待
Albert Belle 打点王3回も、暴言、高年俸で問題児
Marty Cordova 95年新人王、復活期待
Vladimir Guerrero 走攻守そろった選手。将来40-40、殿堂入り期待
Andre Dawson 300本塁打300盗塁達成の4人の1人、87年MVP
Derek Bell ヒューストンなどで活躍
Bernie Williams YANKSの4番、首位打者の経験あり
Carlos Bertlan 99年新人王、30-30期待
David Eckstein 積極的なプレーで人気、盗塁王期待
Pat Berrell 豪快なスイングで02年37本、本塁打王期待
Michael Tucker ジャーニーマンだが、安定した結果を残す
Richard Hidargo 00年には43本塁打、復活期待
Billy Williams アーニー・バンクスと共に弱小カブスを引っ張る
Lance Berkman 2002年に打点王
Shannon Stewart 毎年3割出塁率.370をキープする1番打者
Ken Singleton 60〜70年代のBALの4番、四球が多かった
Butch Husky 全盛期はMETSで4番も。2000年引退
Mike Cameron 守備範囲が広いセンター。イチローと同チーム
Henry Rodriguez 長打が魅力だが三振が多く荒かった
Bobby Abreu 出塁率が高く、走攻手そろった選手
Fred Lynn 75年新人王とMVP同時受賞
田口 壮 まだ実績は少ないものの、着実に経験している
Kirk Gibson 88年MVP、Wシリーズでの劇的本塁打は有名
Jeff Abott
Moises Alou タイトルはないが、好打者
Moises Alou
Trey Beamon 3年、0HR、15RBI、.253、3SBが彼の全て
Jacob Cruz
John Cangelosi 13年間で1038試合出場、86年に50盗塁
Chad Curtis 92、93年に43盗塁以上
Todd Dunwoddy
Lou Frazier
Rusty Greer
Tom Goodwin
Juan Pierre 盗塁王2回、安定した打率も残す
Derrick Gibson
Brian Hunter
Ray Lankford
Al Martin
Adam Dunn 2004年46本塁打も195三振でMLB記録
Mark Newfield
Troy O'leary
Phil Plantier
Curtis Pride
Mark Sweeney
Kevin Sefcik
Bubba Trammell
Jesus Tavarez
Dave Kingman 通算442本塁打も、低打率で球団を渡り歩く
Miguel Cabrera 将来の大打者候補。03年ワールドチャンプ
Paul Molitor 通算3319安打、504盗塁
○Paul Molitor
Robin Yount MVP2回、マイナーの経験の無い優良児
Orestes Destrade 西武で活躍も、MLBに戻った後はイマイチ
Chad Allen パワーはあるのだが・・・将来に期待
ニグロリーガー、コミッショナー
Judy Johnson
Buck O'Neil
Ted Radcliffe
Verdell Mathis
Lee Moody
Mel Duncan
Bobby Robinson
Josh Johnson
Joe Henry
Jim Japp
Al Spearman
Joe B Scott
Marvin Price
Nap Gully
Gen Smith
Cowan Hyde
Will Harridge 1931〜59年ア・リーグコミッショナー
Albert"Happy" Chandler 1945〜51年MLBコミッショナー
投手
Bob Gibson 68年には防御率1.12でMVP、サイヤング勝2回
Bobby Jones 5度の2ケタ勝利
Bret Saberhagen サイヤング勝2回
Danny Graves 4年連続30セーブ、ルックスで世界の50人に選出も
Curt Shilling 奪三振王3回。01年、最も活躍したアスリートに選出
Bob Lemon 7回20勝以上、うち3回最多勝。2000年没
Hal Newhouser 1940年代、2度MVP。1998年没
Don Larsen 56年ワールドシリーズで完全試合
Glendon Rush 2002年最多敗も2ケタ勝利、将来に期待
Greg Maddux 15年連続15勝、4年連続Cヤングの90年代最高の投手
Tom Glavine 2度のサイヤング、マダックスとともにATLを支えた
Jim Kaat 通算284勝、守備の名手Gグラブ18回
Bud Tunning 1933年カブスで13勝も、通算で22勝。1992年没
Lynn Nelson 1939年、1940年連続2桁勝利。1955年没
Bill Lee 30年代4度18勝以上。38年最多勝・防率1位。77年没
Guy Bush 1920年代〜30年代に7年連続15勝以上。85年没
Jim Palmer 8度の20勝、サイヤング3回で70年代のBALの大黒柱
○Jim Palmer .
Jose Rijo 90年代のレッズを支えた投手、01年5年ぶりに登板
Juan Maricial 20勝6回、通算243勝、ハイキック投法のドミニカン
Len Barker 2度奪三振王、ノーヒッターも
○Nolan Ryan 5714奪三振、最多奪三振は11回、ノーヒッター7回
Orel Hershiser 88年サイヤング、連続無失点記録所持者
○Robin Roberts 50年代ウィズ・キッズの大黒柱、通算286勝
○Robin Roberts .
Bill Buckner 86年のWSでは歴史に残るエラーも
Scott Wiliamson 99年新人王
Scott Shoenweis 02年ワールドチャンプ
○Steve Carlton ライアンに次ぐ奪三振王、サイヤング4回、通算329勝
○Steve Carlton .
Ted Lilly 現在オークランドの柱の一人、変化球投手
Tony Batista 01年、劇的なWシリーズの第7戦に登板
Warren Spahn 20勝13回、通算363勝
Whitey Ford 50年代のYANKSのエース、サイヤング1回、236勝
Bob Feller 火の玉と恐れられた速球で264勝
○Bob Feller .
Dennis Martinez ニカラグア出身で愛称は"President"。245勝
Eric Milton パーフェクトゲーム達成
Gregg Olson 通算217セーブ、主に中継ぎで活躍
Ben Sheets ドラフトで全米1位指名。今後に期待
Phil Niekro ナックルボールで46歳まで現役、318勝
Dave Stewart 80〜90年、4年連続20勝
Harb Score 55年16勝で新人王、翌年20勝も、以降はさっぱり
Kyle Lohse ミネソタのエース。02年に14勝
Joe Black 52年15勝で新人王も、以降の5年間で15勝
David Wells 00年最多勝、通算200勝を超える
Pedro Martinez サイヤング勝3回、"マウンドの王様"
Billy Loes
Bob Grim
Bobby Shantz MVP受賞経験あり
Don Mossi
Early Wynn 通算300勝、サイヤングも受賞
Warry Burnette
Alex Kellner
Doweight Gooden 85年3冠王でサイヤング賞。
Ron Guidry 78年25勝でサイヤング賞。背番号は永久欠番
Goose Gossage 70年代を代表するクローザー
Tug McGraw 70〜80年代のNYM,Phiのクローザー
Charlie Hough 80年代、ナックルボールで216勝
Kim Byoug Hyun 01年のWシリーズ、悲劇の本塁打を浴びる
Bob Turley 通算101勝だが、58年サイヤング賞
Frank Viola 88年24勝でサイヤング賞
Chris Retisma 先発から中継ぎに変更後、安定した結果を残す
Jim Colborn 73年に20勝、後にオリックスのコーチ
Mark Mulder 01年最多勝、4年連続15勝以上
John Wetteland 通算330セーブ、セーブ王1回
Ralph Terry 62年23勝、同年WシリーズMVP
Stan Coveleski 1889年生まれ。1923、25年最優秀防御率
Carl Erskine 53年20勝、通算122勝
Johnny Podres 57年防御率1位、55年WシリーズMVP,
Carl Hubbell MVP2回、33年のオールスターで5人連続奪三振
Willie Hernandez 84年にサイヤング賞
Mark Fidrych 防御率1位1回、"Bird"の愛称で親しまれた
David Cone 96年サイヤング賞、99年には完全試合
Mark Redman 03年、ワールドチャンプのマーリンズの先発
野茂英雄 MLB日本人選手のパイオニア
石井一久 怪我が多く、まだ実力を発揮できず
Randy Johnson サイヤング賞5度受賞、208cmの奪三振王
Larry Sherry 59年WシリーズMVP、主にリリーフとして活躍
Andy Pettite デビュー以降安定して13勝以上、最多勝も
○Roger Clemens 通算310勝、サイヤング5回
Sandy Koufax 3度のサイヤング賞、MVPも受賞、史上最高の左腕
Don Drysdale コーファックスとともに黄金期を築く、サイヤング1回
Tom Seaver
Tom Seaver 通算314勝、サイヤング賞3度受賞
Don Sutton 通算300勝達成
Ray King セントルイスの中継ぎエース
Andy Ashby サンディエゴなどで活躍、オールスター2回
Doug Beocail 9年で338試合登板、28勝36敗の中継ぎ
Roger Bailey 3年で18勝のスターター
Andy Benes 93年にAS,94年に奪三振王
Alan Benes
Dave Burba AS出場はないが、CLEなどで通算110勝
Pedro Borbon 8年目の中継ぎ
Willie Blair 96年DETで16勝も、その後はさっぱり
Mark Brandenburg 3年で5勝8敗
Shawn Boskie 9年で217試合登板のリリーフ
Doug Bochtler 6年で220試合登板のリリーフ
Rickey Bones 94年オールスター出場、11年で通算63勝82敗
Erik Bebbett 実働わずか2年、25試合登板、2勝0敗1S
John Briscore 6年で100試合登板、通算5勝5敗2S
Bartolo Colon 02年に20勝でAS出場、日米野球も
Dennis Cook 中継ぎで15年665試合登板
Jason Christiansen 8年間で360試合登板
Tony Castilio 10年間で403試合登板
Francisco Cordova
John Cummings
Larry Casian
Jim Converse
Chris Carpenter
Larry Casian
Mark Clark
Terry Clark
Tim Crabtree
Omar Daal
Roy Oswalt 04年最多勝、アスロトズのエース
Roy Halladay 03年最多勝とサイヤング賞
Mark Eichhorn
Ken Edenfirld
Jeff Fassero
Marvin Freeman
Bayce Florie
Gil Heredia
Brian Harvey
Jimmy Hynes
Chris Hook
Chris Hammond
Al Hrabosky 75年にセーブ王、通算545試合登板
Mike James
Jimmy Key 防率1位1回、最多勝1回、現役時チームは負け越し無
Scott Karl
Brian Keyser
Graeme Lloyd
Esteban Loaiza 03年に21勝、奪三振王
Jeff Montgomery 通算304セーブ、セーブ王1回
Steve Montgomery
Mike Munoz
Dave Mulicki
Rod Myers
Terry Mathews
Rafael Medina
Mike Mohler
Edwin Hurtado
Chad Ogea
Bob Patterson
Kirk Rueter
Shane Reynolds
Dennis Reyes
Ken Ryan
Pat Rapp
Mike Stanton
Aaron Small
Russ Springer
Steve Sparks
Brett Tomko
Justin Thompson
Jeff Tabaka
Larry Thomas
Tom Vrbani
William VanLandingham
Todd Van Poppel
Bob Wickman
Terrell Wade
Kevin Wickander
Dave Weathers
Jack McDowell 93年にサイヤング賞
Frank Tanana 240勝以上するも、知名度は今ひとつ
Frank Tanana
Scot Sheilds 02年アナハイムの優勝メンバー
Tim Hudson 2000年最多勝
Randy Jones 76年サイヤング賞も、受賞後ぱっとせず
Jake Westbrook 04年ブレーク、オールスター出場も
Javier Vazquez 奪三振数が多い。YANKSに移籍後沈黙
Joe Nathan 04年44セーブ
Jim Bouton 63年にヤンキースで21勝も、その後はいまいち
Bill Lee 75年悲劇のBOSのエース。通算119勝
Sparky Lyle 70年代を代表するクローザー、サイヤング賞も
Sparky Lyle
Sparky Lyle  
Kiko Calero セントルイスの中継ぎ。将来に期待
Sam McDowell 60年代に5度奪三振王
Travor Hoffman 98年に51セーブなど、リーグを代表するクローザー
Dennis Eckersley 92年サイヤングとMVP同時受賞、通算セーブ第3位
Lee Smith 通算最多478セーブの記録所持者
Rollie Fingers 初期のクローザーの代表
Rollie Fingers
Tommy John 肘の手術から復活。トミー・ジョン手術として有名
Mike Torrez 15勝以上7回、77年Wシリーズで2勝
Mickey Lolich 71年に最多勝、奪三振王もV,BlueにCヤング賞譲る
Louis Tiant 通算229勝、防御率1位を2度
Don Newcombe 初代サイヤング賞
John Franco 通算400セーブ以上のストッパー
○Ferguson Jenkins 74年にサイヤング賞、通算284勝
○Ferguson Jenkins
Jim Bunning 両リーグでノーヒッター、引退後は名政治家。224勝
Jim Bunning
Scott Linebrink 04年来日。
Melido Perez 80年代末〜90年代にYANKSなどで78勝
Johnny Sain 50年代、スパーンとともにブレーブスを支えた
Catfish Hunter OAK、NYYで5年連続20勝
Mike Cuellar 69年にサイヤング賞
Dontrelle Willis 03年新人王
Jake Peavy 04年防御率1位。マダックス2世との呼び名も
Jack Morris 80年代、使い減りしないタフさで254勝
Barry Zito 02年23勝でサイヤング賞
Hoyt Wilhelm 1070試合登板の元最多登板試合記録保持者
Orlando Hernandez "El Duke"と呼ばれた。ビッグゲームに強かった
Lefty Grove 通算300勝、史上最高のレフティとの評判、75年没
Mark Langston 奪三振王3回
Ralph Branca 51年、"Shot Herad Around The World"の被本塁打
Mike Witt 80年代のエンゼルスのエース。完全試合も達成
Tom Brouning 90年レッズのエース、88年に完全試合
捕手
○Johnny Bench ビッグレッドマシーンを支え、史上最高の捕手の声も
Yoggi Berra MVP3回、名捕手、名監督だが迷言多い
○Yoggi Berra
Carlton Fisk 通算376本塁打、75年Wシリーズで劇的サヨナラ本塁打
Ivan Rodriguez 99年MVP,10年連続Gグラブ、将来殿堂入り期待
Gary Carter 打点王1回、ゴールドグラブ3回の名手
Sandy Alomar Sr サンディーJrとロベルトの父親、オールスター出場も
AJ Pierginski 02年にはオールスター出場
Johnny Estrada 04年ATLでブレーク
Gabby Hartnett 1935年MVP。1933年から6年連続オールスター出場
Bill Dickey 1930〜40年代、11回オールスタ出場
Elston Howard 63年MVP。
Gus Triandos
Ernie Lombaldi 1938年MVP、77年没
Gene Tenace 1塁手兼任で20本以上5回、四球が多かった
Mike Piazza 元野茂の女房役。MLB史上最も打った捕手
Rick Dempsey 80〜90年代、24年間も現役だった
Darrell Porter 70〜80年代バッティングの優秀な捕手
Johnny Estrada 04年オールスター出場
Steve Yeager 81年、ドジャースのメンバーとしてWシリーズMVP
Joe Girardi Dコーンの完全試合をサポート、Wシリーズ3度制覇
Rick Dempsey 24年で1766試合出場、83年WシリーズMVP
Toby Hall デビルレイズの捕手、長打力あり
Roy Campanella MVP3度も、悲劇の怪我で引退、93年没
Einar Diaz 90年代半ばからCleで活躍
Brad Ausmas アストロズの捕手。強肩も打撃がイマイチ
Charlie O'brien マダックス、クレメンスの女房役
Jorge Brito
Bobby Estalella
Jorge Fabregas
A,J,Hinch
Todd Hundrey
Jason Kendall 走攻守そろった捕手
Chad Kreuter
Tom Lampkin
Sandy Mertinez
Tom Pagnozzi
Danny Sheaffer
Don Slaught
Kerry Stinnett
Tim Spehr
Dan Wilson
Chris Widger
Matt Walbeck
MLB監督
Art Howe オークランド等で指揮、通算992勝
Joe Torre 90年代末〜のYANKSを作った。選手としても一流
Leo Durocher 1939〜73年に通算2008勝、91年没
Lou Piniella 90年代のレッズ、マリナーズを作った
Tonny La Russa 史上5人目の司法書士の資格を持つ監督
Tom Kerry 最優秀監督2回の好々爺
Dave Johnson 86年ミラクルメッツの監督、選手としてGグラブ賞3度
Bruce Bochy 96年最優秀監督、04年、日米野球で指揮
Jack McKeon 03年マーリンズを優勝させた
Bobby Valentine 千葉ロッテで指揮したことも。通算1117勝
Casey Stengel 1950〜60年代の9年間に8度YANKSをリーグ優勝
Sparky Anderson ビッグレッドマシーンの監督、通算2194勝
Earl Weaver 70年代オリオールズの監督、通算1480勝
MLB以外の主な外国選手
Tomy Agoos MLSで6度オールスターのディフェンダー
Vinny Testerverde NFLのQB。通算では多くの部門でトップ10
Tiger Woods ゴルフ界のスーパースター
David Beckham マンU、レアルマドリッドでプレー、フリーキックの名手
Dan Marino NFLの多くの記録でNo1も、優勝経験なし
Joe Montana 優勝を含めNKLで多くのタイトル所持
David Toms 01年全米プロで優勝したゴルファー
Payton Manning NFLの現役名QB、03〜04年MVP
Nick Price ゴルフ界の英雄、3度メジャー制覇
Joe Namath NFLのスーパースター
Chris Weinke 大学アメフトでカウフマン賞受賞
Skip Hicks 期待されつつも、成績は今ひとつ
Bryan Troitter NHLの殿堂選手
Rio Ferdinand マンUのDF。史上最高額でマンUと契約
Mike Keenan NHLの名監督.
Mike Richter カナダのNHLキーパー。2000年オリンピックで金
Jim Craig 1980年アイスホッケーで金メダル
Muhammad Ari 最高のプロボクサー
John McKenroe テニス選手。全米、ウィンブルドンに強かった
Lloyd J Pawlak カード業界の大手、Fleer社の最高責任者
Val Kilmer ”バットマン”に主演。ほかにも多数の映画出演

赤字は殿堂入り選手、青字は現役選手、はSABR選出のMLBの100人に選ばれた選手
太字は私が直接いただいた選手
背景が無地はボール、黄色はカード、青は写真、緑は他、細字はオークションやメモラビリアで購入した選手


選手から直接いただく際は、マナーよくお願いしましょう。なお、サインは英語で”オートグラフ”です。”オートグラフ・プリーズ”といえば、大体
通じると思います。
球場では、フェンス際で選手に声をかければ、運がよければいただけますが、より確実にもらうには、その選手に目立つ格好(たとえば
ユニフォームを着ていくとか)をすれば確立は高くなります。また、選手が誰かにサインをし始めた後に選手に近づいても、遅い場合が多い。
特定の選手を狙って
頂く方が確率は高いでしょう。
球場外で頂く際、くれぐれもマナーには注意しましょう。選手にとって、オフ時間です。

確実に手に入れるには、サイン会に参加するのがいいでしょう。マメに大手メモラビリアや選手のホームページ、店舗等をチェックしましょう。
ただし、”○○$(円)以上購入した方の中の、先着○○名に限りサイン会に参加できます”というパターンが多いのも事実。

私がオークション等で獲得する際、MLB.COMMLBPから認可されたメモラビリア以外からは購入しません。というのも、アメリカは
偽造が
あまりに多く、”著名メモラビリア””証明書付き”といえど信頼できません。MLBP公認のショップの証明書があれば、日本、アメリカのみならず
信憑性は絶大です。それを知ってか、”MLBP公認のメモラビリア”の偽造証明書が多数出回っているのも事実。オークション
等を利用される方は十分注意しましょう。
確実なのは公認メモラビリアから直接手に入れることですが、私の経験上、アメリカ全体の傾向なのかもしれませんが、仕事がいい加減です。
”A選手を注文したら、B選手が届いた”とか、”C選手、D選手を注文したら、証明書が2枚ともC選手だった”とか、E選手のサインボールを注文
したら、証明書には”Autographed Puck”と書いてあったりとか、注文後、商品が届いていないのに請求されたりとか・・・海外から輸入する際は、
事前に店側とよく話をした上
で購入しましょう。

私は経験ありませんが、カード犯罪に巻き込まれる可能性もありますので、カードの多用にも注意しましょう。

私が直筆サイングッズに興味を持ち出したのは、2000年頃から。同年の3月、メッツVSカブスが来日した際、ボビー・ジョーンズ選手に頂いた
のが始まりです。その後コツコツ貯め始め、いまや100以上のサインを手に入れました。
初めて頂いたのは小学校の頃、中畑清なのですが、サインボールを一つ手に入れ満足していました。その頃は増やそうとは思いませんでしたね。
Copyright (C) MLB Score All Rights Reserved.