第1戦 東京ドーム 11月3日(金)
第1戦
メジャー選抜1140200008
日本選抜0200030005

勝:ミルトン 敗:高橋 セーブ:佐々木
本塁打:R.アロマー(Cle)−高橋、シェフィールド(LA)−高橋、デルガド(Tor)−高橋、ボンズ(SF)−高橋、
開始時間:19:00 終了時間:21:55 試合時間:2時間55分 観衆:41000人 
2000年日米野球のトップ
日米野球のトップ
MLB Scoreトップ

投手
全米:ミルトン(Min)、デンプスター(Fla)、グレイブス(Cin)、フォーク(CWS)、佐々木(Sea)
日本:高橋(巨人)、川尻(阪神)、五十嵐(ヤクルト)、小林(ロッテ)


打者・攻撃
1回表
先頭のアロマーが初球を左翼席ホーマー、ゴンザレス、ボンズは連続三振、シェフィールドは中飛。

1回裏
仁志、小笠原、中村は三者連続三振。

2回表
デルガドは右前打、グロース三振、S・アロマーは中前打して、1死一、二塁とし、ペイトンが左前タイムリー。ビスケルは二ゴロ併殺打。

2回裏
松井、山崎が長短打、高橋二直、金本中飛、古田四球で2死満塁から金城が左前2点適時打して同点。

3回表
R・アロマーが右前打、ゴンザレスが左中間適時二塁打、ボンズ二ゴロ、シェフィールドが左翼席2ラン、続くデルガドも右翼ホーマー、グロース左飛、S・アローマ三振。

3回裏
仁志一ゴロ、小笠原遊直、中村右前打、松井三振。

4回表
ベイトン、ビスケルが連続三振、R・アロマーが遊飛。

4回裏
山崎四球、高橋左前打、代走は田口、金本右飛で1死一、三塁としたが、古田は二ゴロ併殺打。

5回表
ゴンザレスが四球、ボンズ右翼2ラン、シェフィールド二ゴロ、デルガド三振、グロース中前打、S・アローマ右飛。

5回裏
金城二ゴロ、仁志は中前打したが、小笠原中飛、中村三振。

6回表
ベイトン、ビスケルがともに遊ゴロ、ケントは二ゴロ。

6回裏
松井四球、山崎が右翼線二塁打して無死二、三塁とし、高橋は右犠飛、金本が右翼線適時三塁打、古田の三ゴロで金本還り3点目。金城投ゴロ。

7回表
ゴンザレス三振、グリーン中前打、シェフィールド三振、スウィニー四球、ネビン遊ゴロ。

7回裏
宮本右前打、小笠原は遊ゴロ併殺打、中村中飛。

8回表
モリーナ三振、ペイトン中前打、ビドロ三振、ケント遊ゴロ。

8回裏
松井、山崎連続三振、新庄は左翼線二塁打、金本投ゴロ。

9回表
ゴンザレス凡退、グリーン中前打、シェフィールド投ゴロ併殺打。

9回裏
ここで佐々木がマウンドへ。先頭の小坂は中飛、野口はフォークで三振、石井浩は右飛。


「Man of the Game」: シェフィールド(ロサンゼルス) 4回に2ラン本塁打を放ちました。。

Copyright (C) MLB Score All Rights Reserved.