日米野球 1990年 メジャーリーグ選抜チーム
トップに戻る
*下線はタイトル、名前の下線はMVPないしサイヤング賞
日米野球史上、メジャー選抜チームとしては初めて負け越したシリーズだった。
メジャーチームは、4年連続20勝 しながら一度もサイヤング賞を獲得できなかったデーブ・ステュワート、前年まで阪神にいてデトロイト に移籍後本塁打と打点の2冠を獲得するセシル・フィルダー、無冠の帝王チャック・フィンリー、この年 57セーブのメジャー記録を達成したボビー・シグペン、後に6度の奪三振王として名をはせるランディ・ ジョンソン、エキサイティングなプレーでアメリカでも人気のあったクリス・セイボーやレニー・ ダイクストラ、守備の人・オジー・ギーエン、この年にMVPを獲得し、チームを地区優勝に導いたボビー・ボンズらが来日。また、ペドロ ・マルティネスの兄であり、後に野茂英雄のチームメイトとなるラモン・マルティネス、サンディーと ロベルトのアロマー兄弟やグリフィー親子らも来日した。
しかし日本チームは桑田や野茂など若手が頭角を表してきていて、メジャーの打者を苦しめる。 メジャーチームは、各リーグを代表する投手陣で臨んだものの、始めの4試合は連続して日本選抜の前に 屈することとなる。 しかし第5戦はメジャーの打棒が爆発し2桁得点をし、第8戦はフィンリーとジョンソンでノーヒッターを してのけるなど、メジャーの意地を見せつけた。
監督は、前年に弱小チームのカブスを地区優勝に導き最優秀監督賞を獲得したドン・ジマー。 このシリーズに来日したシグペンはダイエーに、フランコは千葉ロッテに、レイノルズは大洋に、前回に次いで来日の バーフィールドは巨人に、グレン・デービスは阪神に入団することとなる。

出場選手一覧 監督: Don Zimmer (CHC) 77勝 85敗 ナリーグ東地区4位 投手: Dave Stewart (Oak) 22勝 11敗 0セーブ、防2.56 Ramon Martinez (LA) 20勝 6敗 0セーブ、防2.92 Chuck Finley (Cal) 18勝 9敗 0セーブ、防2.40 Dave Stieb (Tor) 18勝 6敗 0セーブ、防2.93 Randy Johnson (Sea) 14勝 11敗 0セーブ、防3.85 Oil Can Boid (Mon) 10勝 6敗 0セーブ、防2.93 Rob Dibble (Cin) 8勝 3敗 11セーブ、防1.74 Jeff Montgomery (KC) 6勝 5敗 24セーブ、防2.39 Bobby Thigpen (CWS) 4勝 6敗 57セーブ、防1.83 捕手: Mike Scioscia (LA) 率.264 12本 66点 4盗 Sandy Alomar Jr (Cle) 率.290 9本 66点 4盗 Greg Olson (Atl) 率.262 7本 36点 1盗 内野手: Cecil Fielder (Det) 率.277 51132点 0盗 Kelly Gruber (Tor) 率.274 31本 118点 14盗 Chris Sabo (Cin) 率.270 25本 71点 25盗 Glenn Davis (Hou) 率.251 22本 64点 8盗 Shawn Dunston (CHC) 率.262 17本 66点 25盗 Julio Franco (Tex) 率.296 11本 69点 31盗 Roberto Alomar (SD) 率.287 6本 60点 24盗 Ozzie Guillen (CWS) 率.279 1本 58点 13盗 外野手: Barry Bonds (Pit) 率.301 33本 114点 52盗 Jesse Berfield (NYY) 率.246 25本 78点 4盗 Ken Gfiffey Jr (Sea) 率.300 22本 80点 16盗 Ken Griffey Sr (Sea) 率.300 4本 26点 2盗 Lenny Dykstra (Phi) 率.325 9本 60点 33盗 R.J Reynolds (Pit) 率.288 0本 19点 12盗 全日本主要出場選手 監督: 藤田(巨人)、中村(阪神)、森(西武)、田淵(ダイエー)、近藤(日ハム)、金田(ロッテ) 投手: 木田(巨人)、桑田(巨人)、斎藤(巨人)、槙原(巨人)、遠藤(大洋)、大門(大洋)、今中(中日)、与田(中日) 川口(広島)、川崎(ヤクルト)、仲田(阪神) 星野(オリックス)、山沖(オリックス)、野茂(近鉄)、石井(西武)、渡辺久(西武)、村田(ダイエー) 西崎(日ハム)、伊良部(ロッテ) 捕手: 古田(ヤクルト)、伊東(西武)、村田(日ハム) 内野手: 駒田(巨人)、岡田(阪神)、池山(ヤクルト) 清原(西武)、辻(西武)、石井(近鉄)、田中幸(日ハム) 外野手: 原(巨人)、広沢(ヤクルト)、石嶺(オリックス)、秋山(西武)、佐々木(ダイエー)

試合結果
メジャーリーグ選抜:3勝4敗1分
日程球場対戦チーム結果勝利投手セーブ敗戦投手本塁打
第1戦11/2東京ドーム日本選抜NPB 4-1 MLB桑田木田ボイド
第2戦11/3東京ドーム日本選抜NPB 4-3 MLB宮本与田フィンリーデービス1号
第3戦11/5西武日本選抜NPB 2-1 MLB野茂与田ディブル
第4戦11/6平和台日本選抜NPB 11-6 MLB山沖スティーブバーフィールド1号
石井1号
第5戦11/7甲子園日本選抜MLB 10-5 NPBディブル今中落合1号
広沢1号
フィルダー1号
バーフィールド2号
グリフィーJr1号
ボンズ1号
第6戦11/9千葉マリン日本選抜NPB 6-6 MLB
第7戦11/10東京ドーム日本選抜MLB 3-2 NPBステュワートディブル大門ダイクストラ1号
第8戦11/11東京ドーム日本選抜MLB 5-0 NPBフィンリージョンソン野茂オルソン1号


Copyright (C) MLB Score All Rights Reserved.