日米野球 1913年 世界周遊野球チーム
トップに戻る

世界周遊野球チームとは、ニューヨーク・ジャイアンツとシカゴ・ホワイトソックスの混合チーム であり、日本をはじめ中国、オーストラリア、エジプト、フランス、イギリスを回った。また、この チームには”20世紀前半の最も偉大な競技者”に選ばれたジム・ソープ(Jim Thope)も所属している。
ソープのほかにも、本塁打王1回、打点王3回獲得のサム・クロフォードや、史上最多の756ニ塁打を打ち、 史上最高のセンターいう呼び名のあるトリス・スピーカー、1912年にMVPを獲得したラリー・ドイルなども 来日した。
来日選手一覧 総監督: Charles Comisky シカゴ・ホワイトソックス・チーム 監督: Nixey Callahan (CWS) 78勝74敗、リーグ5位 外野兼任 9打数2安打 投手: Jim Scott (CWS) 20勝 20敗 1セーブ、防1.91 Joe Benz (CWS) 7勝 10敗 2セーブ、防2.74 Walt Leverenz (Stl-AL) 6勝 17敗 1セーブ、防2.57 捕手: Ray Schalk (CWS) 率.244 1本 38点 14盗 ブリッス (3Aバンクーバー所属) 内野手: Dick Egan (Cin) 率.282 0本 22点 6盗 G. Shaefer (Was) 率.320 1本 7点 6盗 Buck Weaver (CWS) 率.272 4本 52点 22盗 Tom Dealey (CWS) 3打数0安打 外野手: Steve Evans (Stl-NL) 率.249 1本 31点 5盗 Sam Crawford (Det) 率.316 9本 83点 13盗 Tris Speaker (Bos) 率.363 3本 71点 46盗 ニューヨーク・ジャイアンツ・チーム 監督: John McGraw 101勝51敗、リーグ1位 投手: Hooks Wilte (NYG) 0勝 0敗 3セーブ、防1.55 Bunny Hearn (NYG) 1勝 1敗 0セーブ、防2.77 捕手: Ivy Wingo (Stl-NL) 率.256 2本 35点 18盗 内野手: Larry Doyle (NYG) 率.280 5本 73点 38盗 Fred Markle (NYG) 率.261 3本 69点 35盗 Mickey Doolan (Phi-NL) 率.218 1本 43点 17盗 Hans Robert (Phi-NL) 率.300 7本 55点 41盗 外野手: Jim Thope (NYG) 率.143 1本 2点 2盗 Lee Magee (Stl-NL) 率.265 2本 31点 23盗 Mike Donlin (NYG) 出場なし

試合結果
巨人(New York Giants)・白靴下(Chicago White Sox) 混合チーム:1試合、1勝0敗
日程球場対戦チーム結果勝利投手敗戦投手
第1試合12/6三田白靴下軍(CWS) 9-4 巨人(NYG)ベンツウィルツ
第2試合12/7午前三田慶応巨人・白靴下混合チーム 16-3 慶応スコット菅瀬
第3試合12/7午後三田白靴下軍(CWS) 12-9 巨人(NYG)レバレンツハーン


Copyright (C) MLB Score All Rights Reserved.