6.村高山 栖岸院
宗派:浄土宗
住所:杉並区永福 1-6-12

栖岸院
栖岸院
寛永十六年麹町に開創され、大正九年現在地に移転されました。本尊は阿弥陀如来像と聖観音座像(南北朝期)で区の指定文化財となっています。元和七年幕末の老中安藤対馬守重信が葬られ、その後重信を、開基として長福寺として開山されましたが後、栖岸院に改名されました。江戸期の当寺は住職が将軍に単独で拝謁出来る独礼の寺格を持っていたといわれています。

安藤信正の墓の所在地:最近の調査によりこの記事が書かれた当時すでに信正の墓は福島県いわき市の良善寺に移されていたことが判明しました。(平成14年8月21日追記)



Previous  神田川沿いの寺社史跡  Next