3.西高井戸 松庵稲荷神社
住所:杉並区松庵 3-10-3



松庵稲荷神社
松庵稲荷神社
この神社は旧松庵村の鎮守で祭神は受持命(うけもちのみこと)で、祭日は9月15日です。 境内の北裏に明治維新後に廃寺となった旧円光寺の歴代住職の墓が残っています。

松庵村は万治年間(1658-60)医者の荻野松庵が新田として開いた村で、松庵新田と呼ばれて来ました。 社前の五日市街道は江戸時代には青梅街道脇道とも呼ばれ、木炭を始めとする生活物資の輸送に大きな役割を果していました。
昭和9年に隣村の鎮守西高井戸稲荷神社を合祀して「西高井戸松庵稲荷神社」と称しました。

社務所と歩道の間の空地は近年まで置かれていた高井戸警察署松庵派出所の跡です。

松庵稲荷神社正面
松庵稲荷神社正面
社名の呼び方いろいろ
入口の石柱「稲荷神社」、バス停「松庵稲荷前」、信号「松庵稲荷神社前」、電話帳「西高井戸松庵稲荷神社」



Previous  西荻寺社史跡マップ  Next