第50回(2003年)
祝! 七夕第50回
祝! 七夕第50回
今年も東京名物・夏の風物詩である阿佐ヶ谷の七夕が8月5日(火)から10日(木)までの6日間阿佐ヶ谷南口のパールセンター及びすずらん通りと駅北口周辺一帯で行はれました。
第50回の節目でもあり相変わらずの賑わいで浴衣姿の女性も多く受賞作品は何れも凝ったものがあり此れも時代の流れでしょうか?
ビデオカメラ・デジタルカメラを持った人が立ち止まっている姿をアチラ・コチラで見受けられました。
お茶の水博士・たまちゃん・サッカー・アンパンマン等子供さん達には馴染みの物が多いので、大人がチビチャンに説明を受けている場面も随所に見られました。
新装なった阿佐ヶ谷駅・・・・第50回七夕まつり
杉並区の中心としての体裁と誇りを整えつつあるJR東日本阿佐ヶ谷駅。
今年の5月から8月にかけて順次工事の囲いが外され全容が現れた。
5月に囲いが最初に外された時の一番の印象は、ゴールド街(駅東側)を抜けて駅に向かう時、今まではガード下の信号つき横断歩道を渡って突き当たり左か右に別れてそれぞれ南口か北口から駅構内に行ったのが、今回の改装で左右に別れずほぼストレートに駅構内に行けるようになったことです。
この通り抜けの部分をテナント用に使用すればJRの収入がもう少し増えたであろうと思いますが、駅利用者の目線で考えた今回のJRの工事に拍手。
駅構内にそれぞれ開店した7〜8軒のお店、最高の地の利に甘んじることなく開店時の新鮮なサービスを続けてもらいたいものです。
またパールセンターを含めたJR阿佐ヶ谷駅周辺での喫煙ポイ捨て禁止となるとのことですが、きれいな環境をつくるために先ず足元から・・・
はいいことですね。

さて今年のパールセンター七夕まつり(8/5(火)-8/10(日))は昨年より一日多い6日間でしたが、激しい雨に人出も落ちたようです。
飾りについては特に目を引くものがなかったのが残念です。
子供連れが多いのでかわいいキャラクターものも必要ですが、なにかメッセージを発する新聞のコラム的な飾りものがあってもいいのではといつも思うのですが。
NHKの番組の第一回目「ご近所の底力」の空き巣狙いのテーマで一番最初に出た(我家の直ぐ近くの人々)方々が黄色いユニフォームで巡回されているのは大変だなとは思いつつ、有難く感謝しています。
町並みは変われど昔の長屋的相互協力の大切さを改めて思う今日この頃であります。


阿佐谷七夕祭